カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 新聞には日本のサッカー勝利がトップで飾られました。

 嬉しいですねえ!!サムライブルーの皆さんありがとう!!

 まだまだ手強い相手国が続きます。My携帯用国旗を持って応援しますからね!!

 このミニ国旗、バルセロナオリンピック時(1992年)に三宮の東急ハンズで購入して以来、応援グッズとして様々な名勝負を見続けました。時にはスタジアムにも持参し、常にわたくしと行動をともにした名旗であります。

 ただ、過ぎゆく年月にはかなわず、風雪交ゆる幾星霜 旗は色あせ、ほころびや穴も目立ってきました。まるで日露戦争 乃木将軍の二〇三高地の戦いのようでありますが、まだまだ大事に使います。

 旗といえば以前、現与党さんはとある集会場で国旗二枚を切り裂いて政党旗を作って壇上に飾っておりました。その模様は一部ニュースで報道されましたが、その映像を観て、わたくしは自分のご先祖様が切り刻まれたような精神的な苦痛を味わった気分でありました。あまりの冷血な行為に涙が溢れてしょうがありませんでした。おのれこの遺恨許すまいぞ。  なにが友愛だっ!!(怒)(怒)  

  

DSC02990.JPG                       【国旗 携帯用】  

          My国旗としましては、このミニと通常型、特大型とございます

          いちおう自称、未来の日の丸おじさん候補者ですので

 

  

  さて冒頭からヒートアップしてしまいました。失礼をば致しました。

  明るい話題をもう一つ。

  日本の小惑星探査機【はやぶさ】が長き宇宙の旅の末、ついに地球まで辿り着き最後は流星となってその使命を終えました。

  はやぶさは、小惑星【イトカワ】の砂をサンプルとして採取し、専用カプセルは無事大気圏を通過し、予定通りオーストラリアの南部に落下しました。

  月以外の小惑星に着陸し、なお且つその星の砂を持って帰るとは、素晴らしい快挙であります。人類の宇宙開発史に燦然と輝く出来事です。日本の科学技術の健在を改めて感じた次第です。

   やったねーー ニッポン万歳!! 

  このはやぶさの航行はのべ60億キロメートル。[地球~太陽間の約40倍]

  月日は7年も要しました。その間様々なトラブルに見舞われ、一時は地球への帰還は絶望的と言われながらも、多くの技術者のバックアップと無事地球に我が子を戻らせるんだという親心が一致団結して苦難を乗り越えてきました。はやぶさも頑張りましたよ。満身創痍のボロボロになりながらも私たちの地球に還ってきました。魂が宿ったのでしょうな。

 おかえり!! はやぶさ

 H2Bロケットの打ち上げ成功、また東大阪の宇宙開発組合の人工衛星【まいど一号】など

 欧米の宇宙開発費とは比較にならない低予算にもかかわらず、日本の技術の意地とプライドが見せた底力であります。やっぱりすごいで この日本って国は!

 

sankei20100613webphoto.jpg  それから先日の和歌山ブロック協議会主催の公開討論会の一コマを

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

まずは

コンビ?.JPG

               【公開討論会 司会の東海君(副議長)】

          若先生 ビシッと髪型短くしたねえ いいねえ 髪長い時は

          ちょっと城みちるチックやからなあ(イルカにのった少年)

          となりの方は手話の方ですが、東海君とコンビ組んでるみたい

 

袖が気になる会長.JPG

                         【谷口会長挨拶】

              会長袖が気になります・・・・・痒かったのでしょうか?

 

       聞き入る.JPG

                     【聞き入る海南メンバー】

         公開討論会のメリットはやはり候補者の生の声、何を考えて

         いるのかが待ったなしで聞けます。

         真ん中のC.O.L.O.R委員長首の角度は、写真では微妙ですが、

         ずっと起きておられましたよ。(ご本人の名誉のため)

 

    新連立政権樹立か.JPG

                  【わかやま三党連立政権樹立】

           最後 健闘を誓ってお三人さんガッチリ握手です。

           左より

               自由民主党  鶴保 庸介氏

               民主党     島 久美子氏

               日本共産党  吉田 雅哉氏

           コーディネーターは三重大学 児玉 克哉教授(人文学部)

          有意義な時間をいただきました。ありがとうございました。

 

おまけ

夕暮れの県庁.JPG

                  【夕暮れの時の和歌山県庁舎】

         昭和13年(1938年)築 クリーム色のタイルが落ち着きと風格を

         感じさせます。上部のパラペット(陸屋根)部分に装飾が施されています

         戦時中和歌山大空襲にも耐え、戦後 昭和天皇は御巡幸で、昭和22年

         に和歌山県に行幸された時は、まだ市内は復興しておらず、知事室に

         お泊りになられたそうです。  タテモノに歴史ありです。

 

 

ツアー.JPG                【スピッツのツアー トレーラー】

        アバローム隣の駐車場に停車中をパチリ。

        スピッツ「空も飛べるはず」「ロビンソン」「チェリー」いいですねえ

        スピッツの歌詩にはどこかアイロニーと達観が入り交じって、また

        エグさと希望も加味されているマサムネワールド

        しかしツアー名はジャンボリーとは

        中津川フォークジャンボリーか?[70年代伝説の野外コンサート

         吉田拓郎、高田 渡、岡林 信康、ザ・ディランⅡ、六文銭、

         はっぴいえんど、上條恒彦、遠藤 賢司、かまやつひろし

        三上 寛(トレンディードラマの人ではありませんよ)]

         

         

         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/358

カテゴリ:

このページのトップへ