カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  梅雨特有の蒸し暑い雨が続きます。これからの時期、食中毒などに気を付けないといけませんね。

  さて、海南JCも様々な団体と連携して『明るい豊かな街づくり』に向けて協働しております。

 今月はまず防犯関連で

   *海南市安全安心街づくり推進協議会 

   *近畿地区 海南警察官友の会 

 に出席してまいりました。

 推進協議会では海南市長を議長とし、我が街かいなんの防犯意識の啓発等に警察署長、自治会、教育委員会をはじめ関係者の皆さんが集まり、事件ゼロを目指し頑張っております。

 今回は子どもたちが携帯電話を通じて事件に巻き込まれないよう、小・中学校での携帯電話の使用状況などを聞く事ができました。わたくしが小学生の頃は当然携帯電話はなく、時代のギャップを感じてしまいましたが、携帯電話も緊急情報の一斉伝達には効果が大いにありますが、携帯電話を通じて子どもたちにはそぐわない情報も瞬時に入ってきます。諸刃の剣ですか。しかし子どもたちの明朗闊達な生活のためには、必要に応じて大人は責任を持って規制をせねばなりません。

 

 警察官友の会は、この海南・紀美野エリアを管轄として日々防犯活動に勤しまれております海南警察署の署員の方々に敬意を表し、各方面で活躍されております現場のお巡りさんに表彰状の伝達がありました。お巡りさん本当に御苦労さまであります。我々が毎日枕を高くして眠れるのは、皆さんのパトロールのおかげです。ありがとうございます!

 会場には県警本部長もお越し下さり、スピーチでは和歌山県全体の防犯活動に一層のご協力をと語られておりました。県民の安全・安心の為、県警の皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 そして和歌山県青少年育成協会の総会が先日ありまして、和歌山市ビッグ愛まで行ってまいりました。

 青少年育成協会.JPG

                     【ビッグ愛 1F大ホールにて】

 

総会資料.JPG

             【総会資料です ここにも2015和歌山国体のPRが!】

  

 総会後には講演会があり、講師として俳優の小西 博之氏をお迎えしてお話を聞きました。

 小西講師、コニタン先輩はわたくしの母校、田辺商業高等学校の先輩でございます。野球部のOBで、わたくしの現役時代にもグランドでノックをされておられる氏の姿をちょくちょく拝見いたしました。(わたくしは弓道部でした)昨年は和歌山ブロックの恒例行事JCユニバーシティー和歌山の記念講演にもお越しくださいました。

 実は講演会の前には子どもたちの和太鼓の実演があり、一生懸命叩く姿に感動されたのか、壇上ではいきなしウルルン状態でありました。「スンマセン 僕こういうのすぐ感動するんですわーー。」

 

 話は2005年に氏が大病を患われた時のエピソードを中心に、元気に?そして涙を交え話されました。とにかくコニタン先輩ポジティブであります。普通死ぬか生きるか分からなく入院を続けていたら、人間もうアカンとなりますが、このガンが治ったら俺はおんなじ病気で苦しんでいる人たちを励まそうと、入院前から思っていたそうです。俺は生きるんや!死ぬわけない!そこは体育会系であります。そう思ったらだんだん自分が死ぬわけないって思えたそうです。コニタン先輩は言われました。『人間には思いこみがある それをどう考えるかだ』と。

 コニタン先輩は、今学校の現場では子どもたちが荒れているとしきりに報道されるが、昔に比べたらたいしたことない、昔はもっと血まみれだった。でもTVで今の学校はイジメがすごいとか、何回も何回も流されたら、しまいに「うわー今の学校ってほんまヒドいんやなあ」って思ってしまう。これも思いこみだ。人間って思いこみ一つで変わるんだと。

 子どもの教育論に関して一貫して「大人が変われば子どもも変わる」という持論でした。

 親が子どもたちの前で愚痴や不平不満を言ってませんか?子どもの前で夫婦喧嘩してませんか?(わたくしはしてませんよ) 全部子どもは見てますよ!

 そして今の若者はなっておらん!!と、けなしてないですか?礼儀もなにもなってへん、楽することしか考えへんって。

 我々も十代の頃さんざん言われましたね。「お前らそんなことも分からんのかっ」って

 みんな言われたんですねえ、我々の親もね。そしてうちの婆さんもおそらく明治生まれの人に怒られたでしょう。その人も幕末生まれの人に怒られたでしょう。どんどん遡ってゆきます。

 ちなみに人類で一番古い若者批判の記録はいつでしょうか?

 実は今から4500年前に建てられたエジプトのピラミットの中の壁面に書かれた

  「まったく近頃の若いやつは 石の積み方がなっておらんっ」という落書きだそうで

  よっぽど ええかげんに石をほらくっていたんでしょうな。 

  「てめーの馬鹿さ加減には父ちゃん情けなくって涙出てくらー」 

  あばれはっちゃくのお父ちゃん(東野 英心)の心境でしょう。

 

 とにかく大の大人が子どもの前で情けないところを見せてはいけない。

 同感です。そんな姿を見せては、子どもたちに夢も希望もありません。

 こんな大人になりたいっ! 子どもたちにそう言わせる大人を目指そう、わたくしはそう思いました。人を指差して文句を言う時、中指、薬指、小指は自分を指してます。全部自分に帰ってきますよと先輩はいわれました。うんうんなるほどなあ。

 元気いっぱいのコニタン先輩、ふと海南の皆さんにも機会があれば氏の講演を聞き、いっしょに話し合い、最後は元気になって終わる。そんな集まりをいつかしたいなあと思ったわたくしでした。帰り際「JCですっ」とお声掛けしたら

 「おおーっ JCか!!いつもありがとうな! 頑張ろうな!!」と激励されました。

ありがとうございました!!コニタン先輩 いえいえ小西先輩!!

 

小西講師.JPG                      【講師プロフィール写真】 

              ・・・・・・先輩、他にお写真はなかったのでしょうか

 

 あとはJCがらみではありませんが、海上保安協会の総会にもでてまいりました。

 海の警察官であります海上保安官の皆さんを応援しております。

 四面海なる我国にとって犯罪の流入は水際で止めなくてはなりません!!

そしてドラマ海猿で一躍有名になりました海の救難救助も海上保安庁の大事な任務であります。

海上保安協会.JPG 

海保 パンフ.JPG

                         【パンフレットより】

 

  今日も私たちが知らないところで、ひたむきに頑張っている人がいます。

  そしてあの人もこの人も頑張っている。そう思うと元気がでてきますね。

  皆さん 元気出してゆきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/359

カテゴリ:

このページのトップへ