カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 さて我が海南JCメンバーでもあります藤山将材君のブログを観ておりましたら、ついに我が和歌山県の人口が100万人を下ってしまったと伝えておりました。

 平成17年にはまだ103万人あったそうです・・・・。インターネットでいろいろ観てみると、我が和歌山県のほかに四国の香川県も同じくでありました。

 あの讃岐うどんの聖地でも人口の減少は避けられないのですね。本当に美味しいですよ ここのうどんは 製麺所でそのままうどん湯がいて食べられますからね でもなんで香川県のうどん屋さんには味の素が置いてあるんでしょうな

 同じ境遇を戦う香川県さんに戦友愛を感じた理事長でありました。

 また讃岐うどん食べに行きますよ!

  美味しかったうどん屋(というより製麺所?) 

    中村     飯山町           ディープな雰囲気でした

    小縣家    満濃町              土器川という川の近くでした

    蒲生     坂出市 加茂町      のどかな田園の中でうどん啜ってました

     村上 春樹 著 「辺境・近境」 讃岐・超ディープうどん紀行を読んでそのまま電車に乗って旅に出ました。もう10年以上前でしょうか。一時讃岐うどんブームが有りましたが、お店のスタイルが変わってなければ良いのですが。

 うどんという食べ物は何かしら人間の殺伐さを削ぐパワーがあると思うのですが、言い過ぎ?(でもイライラしながらうどん啜っている人って見かけないっすよね)

 

 人口は多いほうが活気があって良いです。でも考えてみると、世界の人口約68億人もいてる中で、日本の人口は約1億2千万人、その中で関西人(近畿限定)は約2千100万人、そして紀州人である和歌山県民はこの8月1日で99万9834人です。

 逆にこの数字を見て、わたくしは和歌山県への愛情がさらに深まりました。

 この地球上にたったの99万9834人ですよ。

 このブログをご覧になっている和歌山県民の皆さん、僕たちは選ばれし民なんですよ! 貴重なんですよ! 京都や大阪を歩いていても、そんなに和歌山県民にぶつからないでしょ? ましてや東京なんかどうですか、わたくしは未だかつて首都でワカヤマ人にばったり出会ったことないですよ。

  ワカヤマ人とお話がしたい大阪府民の皆さん、阪和線紀州路快速は4号車から8号車に乗っている人はワカヤマ人だらけですので興味のある方はどうど。間違えて前の号車に乗っちゃうと日根野から関空まで行っちゃいますよん。

 

 

 さて『我が心のジョージア』 (Georgia on my mind) という歌はご存知の方も多いでしょう。ジャズソングのスタンダードナンバーとしてルイ・アームストロング、ビリー・ホリデー、エラ・フィッツジェラルドが歌いましたが、やはり有名なのはレイ・チャールズでしょうか。1960年のヒット曲で、のちにこの曲はアメリカ ジョージア州の州歌にもなりました。日本でGeorgiaというと缶コーヒーのイメージかな。

 この曲の雰囲気がワカヤマにもぴったりと思うのです。ジョージア州も和歌山に負けず空気が綺麗ですし。でもこの曲を聴いてると、人間ってどこかに心の故郷(ふるさと)を求めて生きてゆくものなんだなと。それが海があり、山があり、川がある静かな自然の中に求めるんですね。田舎で育った我々も同じ原郷を思い描きます。

 『まなぶの夏休み』というJC製作のDVDをご覧になった方はイメージしやすいかと思いますが、まなぶが里帰りしたあの村の風景が、ふるさとの結集だと思います。

 どこにでもあるようで、都会の周りにはもう見られなくなった田舎の風景

 その心癒される風景は和歌山にはまだ沢山残っています。

 都会の人々の安らぐ和歌山 それはそのまま私たちの憩いの地でもあります。

 この歌からそういったものを考えさせてもらいました。

 

 別に田舎でもええやん 人がまばらでもええやん (こういう歌詞やないですよ)

 俺たちはこんなにスゴい自然と愛嬌のある人間に囲まれてるんや

 みかんもうまいでー  魚もおいしいでー 歴史もやにこう古いでー

 そんなソウル〔魂〕ワールドが俺らの中にいつもある

 そやさけに俺は でったい東京行っても「大阪から来ました」って言わんっ!

 「和歌山から来ました」って言うたるねん。

 どこに行っても、俺の心の中にはいつも和歌山の風景があるから

 

   WAKAYAMA ON MY MIND ~我が心のわかやま~

 

ジョージアのところを わかやま に替え歌しております

あと わかやま らしく the tangerine(タンジェリン温州みかん系柑橘 )に 

 

WAKAYAMA,WAKAYAMA the whole day through
Just an old sweet song keeps WAKAYAMA on my mind
WAKAYAMA, WAKAYAMA, a song of you
Comes as sweet and clear as moonlight through the angerine trees 

Other arms reach out to me
Other eyes smile tenderly
Still in peaceful dreams I see
The road leads back to you

WAKAYAMA,WAKAYAMA, no peace I find
Just an old sweet song keepsWAKAYAMA  on my mind

わかやま、わかやま、我が心よ
ああ懐かしのわかやまよ、我が心のわかやまよ
わかやま、わかやま、あなたの歌が
甘く、はっきりと聞こえて来る 月の光がみかんの木々から差し込むように

見知らぬ誰かが私をそっと抱きしめ
見知らぬ誰かが私に優しく微笑む
幸せな夢見心地の中にいてもなお
その道はあなたの許へと私を誘う

わかやま、わかやま、安らぎの地はどこに
ああ懐かしのわかやまよ、我が心のわかやまよ・・

 

(うーん なんだか わかやま 表記だと

         古都清乃「和歌山ブルース」ですか・・)

 

 以上 わかやま替え歌のコーナーでした!

 ※ちなみにマイケル・ボルトン歌う 我が心のジョージアは

  以前空耳アワー投稿されてましたね

「GEORGIA、SWEET GEORGIA NO PEACE I FIND」

  「餃子、 水餃子 、のーりーたーま~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/382

カテゴリ:

このページのトップへ