カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  横浜散策でしたね。

 

  横浜の街はいつ訪れてもハイカラな雰囲気を残しています。

  同じ港町神戸とはやはり違いますね。神戸には海のとなりにすぐ山があり、

  そこに住む人の言葉も神戸弁と横浜弁ではまた情緒が異なります。

  「~やん」と「~じゃん」と語尾だけでも感じが違います。

  まあ神戸弁は関西弁の中でも独特でありまして本職も思い入れが深い方言であります。

 

 「何しとん? 君ら何回言うたわかんねんっ ダボっ 人の話聞いとぉーか?」

 

   わたくしのゼミの担当教授はバリバリの神戸人(東灘区)でいらっしゃって、口から飛び出す言葉は常に綺麗な?正統な神戸弁でありました。

  標準関西弁「めっちゃ」は阪急神戸線・今津線沿線では「めっさ」もしくは「ばり」に変身します。(阪神本線も同じく)

     「ここの定食 めっさマズいで」

      「もー ばりムカつくわー」          (何かたとえがネガティブですが・・)

  語尾は「~とぉ」「~とー」になります。

     「これ 知っとぉー?」  「廣田もう寝とぉーで」

 あと  大阪弁「何してるん?」は神戸弁「何しとん?」 

     有名な「来ない」三都物語は

     京都「きーひん」 大阪「けーへん」 神戸「こーへん」です・・・・かな?

 まあ詳しい神戸弁講座は土屋副理事長にお願いいたしまして。

 

 横浜弁の「じゃん」は実は静岡の浜松あたりが発祥という学者もいます。また明治初期の文明開化の影響で、横浜弁は消滅してしまったという説もあります。

 また生粋のハマっ子エリアも実はうるさく限定されており、元町、山の手、関内、本牧までらしく、わたくしの友人なんどは転勤で新横浜駅のある港北区に住んでおりますが、以前某タクシーの運転手さんにハマっ子になったと自慢したら一笑にふされ

 「お客さん、冗談いわれちゃ困りますよ、ふっ、あんな所はねもともと関東の田舎なんすよ。タヌキしかいなかったのっ。ふっふっ そんな事他で言われちゃー お客さん笑われちゃいますよ ふっふっ それでちょっと来たからってハマを名乗られたら困っちゃうんだよねーー。」と延々車中『ハマっ子とは』講義を受けたそうですが、にわかハマっ子君降り際に「ところで運転手さん実家どこなん?元町?」と聞けば、

 「あたし?あたしは群馬の高崎ですよ」と、しれっと申されたそうで

 その後神戸三宮育ちの男からドぎつい神戸弁が炸裂したことは言うまでもありません。 人間何事も謙虚さが必要であります。

 さあ横浜の街です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

  

   

 

 

 

サマコン会場全景.JPG

                      【サマコン会場全景】

           みなとみらい地区です。

     ハーフムーン型の建物はヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル

       そのすぐ右隣が会議センターでここでセミナーなどが行われます。

       反対側は国立大ホールで、式典、メインフォーラムはここです。

 

     画面左には展示ホールがあり、米穀部会などが主催で「地域活性たから市」

    が開かれ、我が海南JCから日置君が参加されており、現地で無事再会を果し

   ました。 新宮JCの小倉君(2008年度理事長)も自動車部会の会長で横浜入  

   りされ、展示ブースにおられました。

    いつも感じるのですが、県外で同じ和歌山県人に出逢うほど嬉しいものはない  

   ですな。特に希少価値のある県ですので。

 

横浜税関と神奈川県庁愛称クィーンとキング.JPG

                  【ヨコハマの歴史 クィーン とキング】

           ヨコハマの歴史を刻む建物です。

           かつて横浜にまだ高い建物が少なかった時代、沖から見える

           建物に外国の船乗りたちは愛称をつけました。

           トランプになぞらえて

           [手前]旧横浜税関(昭9年)ロマネスク様式   愛称クィーンの塔

            [左奥]神奈川県庁舎(昭3年)帝冠様式     愛称キングの塔  

           あともうひとつは見えませんが横浜開港記念会館があり

 

横浜開港記念会館.jpg                                   【ジャックの塔】 

           横浜開港50周年を記念し大正6年に創建されました。

           ネオ・ルネッサンス様式(辰野フリークラッシック)で現在は公会堂

           として市民に利用されております。

          ここはステンドグラスが綺麗ですよ。

 

ステンドグラス.jpg                     【二階広間のステンドグラス】 

                      約80年前に造られました

          ちなみにこの三塔が一度に見えたらどんな願いも叶うそうであります

          それでは本職も◎◎がждになって△※★しますよーに(祈り)

 

 

場所を変えまして

 

港の見える丘公園.jpg                              【港の見える丘公園】 

           "あれがあなたの好きな場所 港が見下ろせる小高い公園"

       

          オフコースの『秋の気配』(1977年)にでてくる公園です。

          B'zの『TIME』(1992年)にも"港が見わたせる丘"で登場。

          遠くにみなとみらい地区が望め、手前の山下公園にはお船の

          煙突がひょっこり見えてます。有名な氷川丸です。

 

          この公園は前から訪れたかったんです。ある銅像を見たくて。

 

     

愛の母子像.jpg                         【愛の母子像】 

                 その銅像は森の中にひっそりとありました。

 

愛の母子像プレート.jpg                     【説明を付したプレート板】    

       厚木基地から離陸したアメリカ海軍機F4ファントムがエンジン不調のため

      横浜市街上空で機体を放棄しパイロットがパラシュートでベイルアウトしまし

      た。

       無人のまま戦闘機は民家に墜落し住んでいた母子が犠牲となりました。

       子どもは全身大火傷で最後しぼりだすように「パパ、ママ、バイバイ・・」と

      残しもうひとりは昏睡の中、鳩ポッポを唄いながら息をひきとりました。

       残された重傷の母親に、すぐには子どもたちが亡くなったことを告げられ

      なかったと当時の医師たちは語っていました。

       その後母親も後を追うように他界。

 

       この事件の理不尽な悲しさもさることながら、脱出した米軍パイロットがガ

     ムを噛み、ヘラヘラ笑いながら迎えのヘリ(海上自衛隊機)に乗って去ってい

     ったという当時の証言には大いなる怒りを覚え、またアメリカ人の日本人に対   

     する軍事同盟などまやかしに過ぎず、やはり自国の防衛は自国民で完結せ

     ねばならないと感じました。

       もしこの事件がロス上空で起こったならば、このパイロット達は命を

     賭して郊外まで機を誘導し殉職も覚悟したでしょう。

  

        子どもたちが見たがっていた海が見えるこの丘で親子安らかに・・・

 

     少ししんみりしながら、我々は港まで行きました。

     港には古い船が係留されていました。

 

氷川丸.jpg                        【山下公園 氷川丸】  

          スミマセン撮った写真がみんなピンボケでした・・・・。

          JR桜木町駅のポスターより。

          日本で一番古い客船です。

          昭和5年(1930年)竣工 秩父宮ご夫妻やあのチャップリンも

          かつて乗船しました。戦時中は病院船としても活躍し、戦後再び

          北太平洋航路を運行し昭和35年(1960年)に客船としての役目を

          終えました。

          現在は浮かぶ博物館として山下公園の名物になっています。

 

2005 4 20 発売.jpg                        【スキマスイッチ】  

                  氷川丸のブリッジが使われました。

                  CDジャケットより。

 

ラストはやはり定番のここです

 

赤レンガと総務広報委員長.jpg                     【ヨコハマ赤レンガ倉庫】      

           今回の旅のお供にミスターサマコンの称号を不動のものにした

           谷脇総務広報委員長殿であります。(JCプレス編集長)

                  委員長、本職のわがまま巡りに付き合ってくれてスマンのー

          これからのサマコンの未来を貴殿に託しますぞ。

          SKB(隊)センターは君だっ!!

                                2010SKBセンター前田より

 

 

 

おまけ

ホテルニューグランド.jpg                      【ホテルニューグランド】                    

          昭和2年(1927年)創建 設計は渡辺 仁(東京国立博物館など)

         横浜の老舗ホテルです。

 

ホテル ニューグラン内部.jpg                      【ホテルロビー付近内装】 

           昭和のモダニズム溢れる装飾です。

          ここに宿泊した一番の有名人といえばたぶんこの人でしょう。

 

タラップを降りる.jpg                 【愛機バターン号から下りるマッカーサー】 

                敗戦後、厚木海軍飛行場に降り立つところ。

               レイバンのサングラスにコーンパイプを咥え登場。

                有名なシーンですが、この場面は何度も何度も

               リハーサルされ、マッカーサーの顔にはドーランが

               塗られ、見栄えを常に気にしていたそうです。

                      おんしゃ 役者やのー

               日本進駐後しばらくはこのホテルを司令部に。 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/394

カテゴリ:

このページのトップへ