カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です

  皆さんは新月をモチーフにしたこの国を御存じですか。

 

トルコ 旗.png

 

 この西の新月の国トルコ共和国と東の太陽の国日本とはある出来事をきっかけに今も深い友情でつながっております。

 その物語は和歌山県が舞台でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 時は今から120年前 明治23年(1890年)9月16日

 和歌山県串本町大島沖でオスマン帝国現在のトルコの軍艦エルトゥールル号が遭難。

 大嵐の夜であった。 

 

エルトゥールル号遭難.jpg

                     【嵐の中をゆくErtuğrul号】

 エルトゥールル号はオスマン一世の父の名が冠せられた全長76mの木造フリゲート艦で1860年に建造。

 国書を携え日本親善訪問を終えた帰途、熊野灘沖で台風に遭遇。 

 

 

乗組員.jpg

                     【エルトゥールル号 乗組員】

 この遭難でオスマン・パシャ提督をはじめ使節団、乗組員を含む587名が犠牲となった。

 

 

岬.jpg

                       【大島樫野崎の岩礁】

  写真の一番先の岩礁に艦は座礁し沈没。

  最初の発見者は樫野崎灯台の職員で、血まみれになった外国人が岸辺に倒れており、

灯台にあった万国旗帳でトルコの人と分かった。

  そして島民総出で嵐が止まぬなか、必死の救出劇が始まった。

  海から引き揚げた負傷者を手当をする間、島民は自分の体温で温め、濡れた衣服を自分たちの着物に着換えさせた。

  夜が明けあたりは一面亡くなったトルコ将兵で埋め尽くされた。その中でもかすかに息をしている者は一人残らず救助した。

  地元住民の献身的な救助活動の末、69人が命を取り留めた。

  しかし次に問題となったのは、食料のことであった。貧しい漁村であり、大勢の外国人に食べさせられるものは見当たらなかった。しかし村長は「我々が飼っている鶏をさばいて彼らに食べさせようではないか。」

  貴重な非常用の鶏ではあったが村人は皆村長の言葉に従った。

  やがて彼らは神戸の日本赤十字病院に移され治療を受けた。事件は新聞によって全国に大々的に伝えられ、大勢の国民から生き残った乗組員に義捐金が届けられた。

  翌年元気になった彼らは日本海軍の軍艦「金剛」「比叡」に乗船しオスマン帝国の首都イスタンブールに送り届けられた。皇帝アブデュルハミト2世によって、「比叡」「金剛」の乗組員達は歓迎され、直接引見されたものは勲章まで賜った。
 この遠い地での悲劇は、トルコの新聞にも衝撃をもって伝えられるとともに、大島村の人々の献身的な救助と、日本政府および日本国民の誠意をも伝えられた。

慰霊祭 地元の子供たち.jpg

                   【エルトゥールル号殉難将士慰霊碑】

 亡くなった大勢の乗組員の亡き骸は当地にて丁重に葬られ、やがてこの地に慰霊碑が立った。大島町、のちの串本町は1891年に慰霊祭を行なった。

 現在和歌山県串本町の樫野崎灯台そばには、エルトゥールル号遭難慰霊碑およびトルコ記念館が建っており、町と在日本トルコ大使館の共催による慰霊祭も5年ごとに行われている。

 100年以上にわたるこの間に、この慰霊碑や墓地は近くの小学校の児童によって清掃・整備されてきた。紙くず一つ落ちていることがないというこの地を訪れたトルコ人は、この小学校(現大島小学校)を訪れて感謝を述べるのが常であるという。

 また、トルコ記念館はしっかりとした資料を展示運営しており、

 2008年にはトルコ共和国アブドゥッラー・ギュル大統領も追悼のためここを訪れ、大島の人々に感謝の念を伝えている。

 写真は今年6月に行なわれた慰霊祭で地元の少年たちが献花をおこなうところ。

海からの慰霊.jpg

                       【海の上からも慰霊】

 海上自衛隊 護衛艦せとゆき艦上より慰霊の弔銃を放つ。

 一同黙とうのあと、アタジャルン トルコ駐日大使は「悲痛な事故を思い出すごとにこみ上げる悲しみの一方で、トルコと日本両国民の間の絶えることのない友情の礎となったことに心が慰められる」と挨拶された。 

 

記念ポスター.jpg

              【エルトゥールル号遭難救出120周年を記すポスター】

 太陽の国と新月の国をモチーフに。船は在りし日のエルトゥールル号

 

 

この物語には続きがあります

 

トルコ航空機.jpg

                      【舞い降りたトルコ航空機】

  イラン・イラク戦争が続く1985年3月17日 突如イラク フセイン大統領は

「今から40時間後にイラン上空を飛ぶすべての航空機を撃墜する」と発信した。

 イランに在住する日本人はすぐさまテヘラン空港に向かったがどこの国の航空機も満席で乗れなかった。日本からの救援機も政府の即断ができず不可能であり、次々と飛び去ってゆくジェット機をただ日本人は見送るしかなかった。大使館員は残留を覚悟し、何とか邦人のイラン脱出を試みる、ある者は陸路である者はなんとか他国の航空機に乗り込ませた。しかしそれもほんのわずかであり、邦人216名はテヘラン空港にいまだ取り残されたままであった。

 タイムリミット1時間15分前、そのとき1機のトルコ航空が降り立った。

 「日本の皆さん早く乗って下さい!」 パーサーの呼びかけに日本人は着の身着のまま飛行機に飛び乗った。

 再び飛び立った機は戦闘機でないことを示す為長時間のジグザク飛行を強いられた。イラク軍再攻撃寸前のことであり、まだイラン国外に出るまで予断を許さない。揺れる機内で手に汗を握る乗客たちにやがて機長から

 「ウェルカム・トゥ・ターキー!」というアナウンスが流れ、機内には大歓声が湧きあがった。

 トルコ領空に入った瞬間だった。

 

 日本政府は後に感謝の意を表したが、なぜ航空機派遣を決定してくれたのかの問いに当時のトルコ駐日大使ネジアティ・ウトカン氏は

「エルトゥールル号の遭難事故に際し、日本の方々のなされた献身的な救助活動を今も私たちトルコ国民は忘れません。私も小学生の頃学校で教わりました。トルコでは子どもたちでさえ知っております。今の日本の方々が存じないだけなのです。それでテヘランで困っている日本人を助けようとトルコ航空機が飛んだのです。」

 

 そして思いやりの心はまた巡ります

 1999年8月17日 トルコ北西部を襲った大地震は死者1万7千人を超える惨事となり、日本政府は直ちに海上自衛隊に指示を出し、 輸送艦おおすみ、補給艦はやせ、掃海母艦ぶんごの各艦に神戸の震災時に活躍した仮設住宅500戸を載せ、トルコに向けて出港を命じました。その直後には民間の商船によりさらに500戸が追加されています。

 仮設住宅が立ち並ぶ西部サカリヤ県アドリエ村は別名『日本トルコ村』と呼ばれ、ピーク時には5000名を超える人々が身を寄せていた。移設の際には戸口に日の丸が飾られ、路地は東京通り、神戸通りなどと名付けられたといいます。

 

トルコの国でも.jpg

                    【トルコ国内でもレセプションが】

  エルトゥールル号船出の街メルシンでも日・土友好の式典がおこなわれ、和歌山県からは仁坂知事も訪問団を率いて出席されました。

 

トルコ ジャパンイヤー.gif

                    【トルコは今年 ジャパンイヤー】

 

 

untitled kusimoto.bmp

                    【人命救助の誇りのまち 串本】

 和歌山とトルコを結んだ町、串本は今も大勢のトルコの方々が訪れます。 

 

 

 

JCIトルコの会頭と.JPG

                        【JCIトルコ会頭と】

 JCI世界大会 大阪大会 世界会頭主催晩餐会(GALA)にて

 JCIトルコの皆さんは将来和歌山県のJCと是非友好提携をしたいと熱く申されておりました。

 世界のJCと姉妹になり、それを続けてゆくことは正直簡単なことではありません。

 でも彼らの「日本のどこかのJCという訳ではない。我々を導いてくれたワカヤマにあるJCと結びたいと思っています。」という言葉には熱いものがこもっていました。

 

 

 

次年度国際JC副会頭.jpg

                     【次年度JCI世界 副会頭】

 ウェルカム レセプションにてスピーチを。 LOMはイスタンブールJC。

 

JC選挙ポスター.jpg

                     【JCI副会頭 選挙ポスター】

 

トルコレセプション.jpg

                      【ウェルカム レセプション】

 和歌山JC 西廣理事長の発起でJCIトルコの皆さんをお迎えして歓迎会を行ないました。

 本職もお声を掛けて頂き参加しました。

 当日トルコの皆さんの前で急きょ御挨拶をすることになり、まずはイ・イ戦争の際、テヘラン空港での邦人救出への感謝の意を述べました。そしてあわせて海南JCとトルコとのかかわりもご紹介しました。

 

次年度世界会頭と.jpg

                     【原田 次年度世界会頭と】 

 JCIトルコ主催のパーティーで原田憲太郎 次年度国際青年会議所会頭をはさんで。

 日の丸を背に世界の大舞台で頑張って下さい!

 

世界会頭選挙ポスター.jpg

                                    【世界会頭 選挙ポスター】

 

 

トルコのビール.jpg

 

 

【トルコのビール】

 

 

 

 

 

私たち海南もトルコとのつながりがあります。

 

忘れなかった友情 日本とトルコ.JPG

 

                   【忘れなかった友情 日本とトルコ】

 我が海南JCも2006年に和歌山大学の演劇部の皆さんとこのエルトゥールル号遭難救助を題材にした演劇をいっしょになって海南市民交流センターでおこないました。

 その時のポスターです。

 

記念館.jpg

                          【トルコ記念館】

 大島 樫野崎の上に建っております。2階からは太平洋が一望できます。

 近くにはトルコアイス(ビヨーーンと伸びるモチみたいな)も売っていますよ。

 

建国の父.jpg

                    【トルコ建国の父アタチュルク銅像】

 かつては新潟県柏崎のテーマパークにありましたが、閉館とともに付近の野原に放置されていたそうで、それを聞いたトルコの人々の怒りと悲しみは 大きく、一時期トルコ国内でも日本の人気は急落しました。非常に残念なことであり我々日本人の思いやりに欠けた行為でありました。

 やがてこの銅像を我が町に迎え入れると串本町が町を挙げて運動を起こします。

 沢山の署名運動ののち、銅像はトルコと縁のあるこの地に落ち着きました。慰霊碑のとなりに安置されました。

  6月の式典では銅像の序幕式もされ、トルコの英雄は和歌山の温かい風を受けて今日もエルトールルの勇士を見守っています。

 

オスマン軍楽隊.jpg

                        【メフテル軍楽隊】

 式典ではオスマン当時の民族衣装をまとった軍楽隊も参加しました。

「ジェッディン・デデン」 'Ceddin Deden'(祖父も父も)という曲はCMとかでよく使われ、耳にされたこともある有名なメフテル楽曲ではないでしょうか。

 

引き揚げ.jpg

                    【地元ダイバーの協力で引き揚げ】

 近年エルトゥールル号の調査と遺品引き揚げが行なわれております。写真は船で使っていた大鍋。町ではこの救出劇を映画にする運動もあるそうです。

 

 

友情よ永遠なれ.jpg

                 【サッカーワールドカップ2002での応援】 

 2002年日韓共同によるワールドカップでは惜しくも日本はトルコに敗れました。

 トルコでは勝利を喜ぶよりも、負けた日本を讃える言葉が新聞紙面を飾り、フィールドでは

 日本の選手に「泣くなサムライ 君たちに勝てたことを誇りに思う」と健闘を讃えあったと聞きます。

 日本とトルコはアジアの東と西の果て同士の国です。その間には沢山の国があり、海が隔てていますが、120年ものあいだ思いやりのこころは互いを巡り合いました。

 そしてこれからも続いてゆくことでありましょう。

 

 

 太陽の国 日本と新月の国 トルコの友情よ 永遠なれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/634

カテゴリ:

このページのトップへ