カレンダー

2013年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

2010年度のブログカテゴリのアーカイブ

いつも心に太陽を!

   皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  早いもので本日は大晦日であります。

 本日をもって本職は理事長の任を終えます。

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  千秋楽に向けて 最終編です。

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  早速 中編です。

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  さて今年一年は振り返れば笑顔の連続でありました。

  笑顔のあるところまた笑顔あり。

 これがすべての人につながったら私たちが進めている『明るい豊かなまちづくり』そしてその究極目的である『真の世界平和』は実現し、JCという集団はその役目を終えます。

 「むかしJCっていう団体が世の為人の為頑張ってたらしいで」

 爺さんになった時、そんな声が聞けたらなあと思います。

 

 あなたの周りの人を思いやりの心で笑顔にしましょう

 笑顔はつながります。海を渡ります。あなたの今の笑顔がいつか地球の反対側の南米の人々の笑顔につながります。

 

思いやりがあり、行動力のある人々がほんの一握りでもいれば、必ずや世界を変えることができる。それを決して疑ってはなりません。実際、それだけがこれまで世界変えてきたのですから

 これはアメリカの文化人類学者マーガレット・ミード女史の言葉です。

 私たち一人ひとりの行動が世界を動かす原動力になるんだという希望を持って頑張りましょう。それは誰もがチャンスを持っています。ただそれに気付いていないだけかも。

 

 では『笑顔は地球を救う 2010 前篇です』

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です

  皆さんは新月をモチーフにしたこの国を御存じですか。

 

トルコ 旗.png

 

 この西の新月の国トルコ共和国と東の太陽の国日本とはある出来事をきっかけに今も深い友情でつながっております。

 その物語は和歌山県が舞台でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 2010年、平成22年もあとわずか、いよいよ2011年『心意気』の年であります。

 そこで前から本年度、次年度各三役で打ち合わせしておりました海南JC事務局

 歳末大掃除作戦を決行致しました。

 

カテゴリ:

深夜特急

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  さて今年はよく海南~田辺間の移動をしました。

 しかも田辺に戻るときは大方深夜出発というパターンが多かったですね。

   よく理事会のあとのマイカー食堂のパターン(二回目の夜ゴハン)や三役会が延長に突入した場合、日方のBEING2階の秘密の間で再開しました。(商工会議所は午後10時で閉館なもんで・・・)

   

トンネル内.JPG                           【走行中】

                さすらいのコンパネ号です。 某助手席者撮影

 

 まさに沢木耕太郎氏の深夜特急のようであります。

 

深夜特急.jpg紀行ものの作品でハマりました

アジア以外行ったことないので

 

 

 

 

 

 

 

 

 深夜割引の時間帯、高速だと約50分のドライブであります。

 その間何をしているか。ひたすら音楽を聴いております。

 ジャンルを問わずいろいろ聴きましたよ。

 邦楽、洋楽のロック、フォーク、ジャズ、ポップは車内標準装備で

 こりゃ帰り眠くなるどって時は

 レッチリやメガデスを聴きます(あまりガンガンにかけると頭痛がします)

 逆にちょっとクールダウンしたい時は

 クラッシックを聴きます (ただしすぐに睡魔が襲いますが)

 バッハの『G線上のアリア』とかお気に入りです。あとウィンダムヒルのジョージ・ウィンストンのピアノソロなんかもいいです。中でも『パッヘルベルのカノン』はこの冬の時期おススメ。たしか韓国の映画で面白かった『猟奇的な彼女』(2003)では主人公の男が彼女のために特訓してこの曲をピアノで弾いてます。

 あとは何でも聴きますよ。 Jポップは平井 堅以外なら(スミマセン・・・男性の裏声はちょっと・・・・・・)なんでもOKです。

 マニアックなところだと沖縄三線のCDかけたり(唐船ドーイとか 那覇大会で聴いたなあ)、世界の国歌集とか、反戦歌ベスト(『友よ』岡林信康、『自衛隊に入ろう』高田渡)、アメリカのミリタリーバンドなど。一時期は以前海南JCの例会でもお世話になった桂枝曾丸さんの和歌山弁落語を車内でかけてました。「あでーー」

 そして本職は高速ではクルマの中でよく歌っていることもあり、日中よくすれ違った知人から「前田君エラい口パクパクさせとったなあ」とご連絡頂きました。そりゃ対向車のドライバーが単身笑顔で何かひしっていたらさぞかし不気味でしょうな・・・・。

 一番聴くCDはもしかしたらこの映画のサウンドトラックですかね。

 

ブルースブラザーズ ポスター.jpg                      【ブルース ブラザース】

 My映画のポスターより。1981年公開。

 本職が今まで劇場で観てきた洋画のなかで笑いでぶっ飛んだ映画ベスト1を選べといわれれば、間違いなくこの作品をノミネートします。とにかくハチャメチャに面白い!

 

 刑務所を出所したジェイク(ジョン・ベルーシ)は弟のエルウッド(ダン・エイクロイド)とともに子どもの頃世話になった養護施設に立ち寄るが、そこが立ち退きの危機にあることを知った。

 そこで二人はかつての仲間を集めて"ブルース・ブラザーズ・バンド"を再結成し、そのコンサートの収益で税金を払おうと考え、行く先々で騒動を繰り広げてゆくわけだが・・・・・。

  

トリプルロック教会.jpg                   【トリプル・ロック・パプティスト教会】 

          この映画の最大の魅力は随所にみられる音楽シーン。

         そしてすごいメンバーが集結しおります。全員挙げる訳にはいきませんが

       下町のおかみさんにソウルの女王アレサ・フランクリン、ミュージカル仕立てが

       面白かった楽器店の店主にレイ・チャールズ、二人に公演の手ほどきをした男に

       キャブキャロウェイが演じ、ブルースファンにはたまらないジョン・リー・フッカーが

       ストリートミュージシャン役でした。もともとブルースブラザーズの二人も人気番

       組『サタディー・ナイト・ライヴ』から人気を博し、この映画が生まれました。

        そして見逃せない音楽シーンは、教会でR&Bの神様ジェームズ・ブラウン演

       じるクリオフォス牧師と聖歌隊(この中にチャカ・カーンもいます)が唄うゴスペル

       『Old Landmark』は最後はトランス状態になり、乗り気でなかったジェイクも空

       から一条の光を受け、神の啓示?でバンド魂に火がつきます!

 

      クリオフォス牧師(J・B)  "Do you see The Light?"

                    「君は神の後光を見たか?」 

      ジェイク  "Yes! Yes! Jesus H. Tap-dancin' Christ, I have seen THE LIGHT!"

 

      目指すはシカゴの街。 さてさてどうなることでしょうか。

      

ブルース モービル.jpg                      【ブルース・モービル】 

            USJ OSAKAのアトラクションで。

           映画と同じダッジのモナコ440です。

           鉄チンホイールが渋いです。鉄チンは鉄砧=金床(鉄工作業台)

         の音読みからきているとか、昔の鉄は錫(Tin)が混じっていたからとか

         諸説いろいろです。

           たぶん今の鉄チン コンパネ号を選んだのも、どこかアメ車チックだった

                   からでしょうかね。

 

       「何か元気が出ないなあ」と思われたあなた。この作品を観れば直球の笑いが

     あなたを待っています。

 

ブエナビスタソシアルクラブ.jpgブエナビスタソシアルクラブ.jpgオフスプリング.JPG      

 

 

 

 

 

 

 

 

12月第4週 コンパネ号ヘヴィーローテーションアルバムです 。

(左) エブライム・フェレール

  キューバ音楽界 ブエナビスタソシアルクラブの重鎮でした。ライ・クーダーがキューバを訪れ、彼らとセッションをしました。その模様は映画にもなりました(2000)。時間が止まったかのようなハバナ 旧市街の日常風景とラストのニューヨーク カーネギーホールでのライブ映像は圧巻です。アルバムはゆったりとしたムードのあるナンバーが詰まっています。

(右) OFFSPRING

   2008年のアルバム。このバンドは90年代からずっと聴いております。メロコアのジャンルです。1曲目の『half truism』の全力疾走感がたまりません。この曲をBGMにF4ファントムが大空をビューンと飛んでいるユーチューブの映像はシビれますよ。林先輩!

 

 

amenomori_tenbou02.jpg

                        【海南市の夜景】 

          夜景.COMより 

          この風景は夜景スポット 雨の森公園からなので高いところからの

        アングルですが、本職がいつも眺めている海南インターあたりの風景は

        海南の街と港のコンビナートと高い煙突の火力発電所の光のイルミが

        「海南だなあー」と萌えます。

         昼間だと緑岩が映える和歌浦の岬やその向こうに淡路島の島影が見て

        とれる風景は紀北の美しい眺めです。

        今ではこの風景を観たら「海南に帰ってきたー」とホッとします。

 

 

港の発電所.jpg

                        【港の火力発電所】

           海南の街のランドマークでしょうか。青と白の縞々の煙突たちです

          名前はバツ & テリーといいます (勝手に命名)

 

 基本的には地道(国道42号線)移動が多いですが

 高速では2度バーストで避難スペースでタイヤ交換をしました。一度はその模様を 

白浜・田辺JCの木下君にバスの中から目撃され後日

   「運専 こないだ必死でタイヤ交換したったろ」と連絡頂きました。はい。

 

道路公団PC.JPG

                        【道路公団のPC】 

             我がコンパネ号と同種のクルマもこのカラーで走っている

            のをたまに見かけます。昔鳥取県蒜山でバイクでコケた時も

            お世話になりました。

            道路の安全宜しくお願いします!

                                 はたらくクルマ展示より

                  

三役会 延長の巻 

チラ見の坂井くんと土屋くん.jpg

               【ちらり見の坂井副理事長と土屋副理事長】 

         BEING 2階の部屋です。レトロな文化住宅?の感じです。

         10時以降の延長戦はここを使いました。となりが中華料理屋さんで

         腹ごしらえしつつ議案の確認をしてゆきます。ここの餃子もニンニク

         たっぷりであります。チャーハン食べたい時はしっかり「焼き飯」と

         注文しましょう。チャンポンが出てきます。

         たまにOB様が階下でカラオケを熱唱されておられます。

         かつてクリスタルキング 『大都会』の魂の絶叫で進行が止まって

         しまった事もあったとか。       

      ♪ ーーーーーー果てしないーーー夢を追い続けぇーーーーー

木地くんと専務.jpg

                    【木地筆頭副理事長と肝っ玉専務】

            木地君のトレードマークでありますオレンジのつなぎ。

            でも会社の名前は海南シルバー自動車であります。

            肝っ玉専務進行よろしくねー。

 

直前と木地くん.jpg

                       【直前様と木地君】

           議案を見て爆笑とはいかに?

           海南JCでは直前も三役会に召集されますのです。

           ということは、来年もここに?・・・・・ダイエットしよう。

 

仕分け人瞑想中.jpg                     【瞑想中?の小浦副理事長】

          修学旅行の思い出に耽っているのでしょうか。

          午前2時をまわったころです。

                 (最近うっとり系、瞑想系の写真ばかりでしたな 失敬)

 

 三役の皆さん 本当に深夜まで議案の確認お疲れ様でありました!

 

 

 おまけ

冬空.jpg

                         【冬空の街】

          大阪市内で技術研修があり、休憩中に外を眺めておりました。

          早朝の凍えた大気の中で街と流れる煙がくすんだように蒼く見えます。

          紙コップの珈琲を飲みながら。        

  

豊橋JC エコレーシングカー.JPG

                  【豊橋JCさんのエコカーレーシング】

           以前豊橋に出張した際、ホテルのロビーに展示してありました。

           「んっ? JCて書いてある」と思わずパチリ。

 

豊橋JC ②.JPG

                     【製作過程が載っていました】

 

豊橋JC③.JPG

                    【地元の企業さんもバックアップ】

           地元の方々も賛助されたからこそ、ここまで素晴らしいものが

          出来上がったのでしょうな。機会があれば実際に走っている姿も

          観てみたいです。

 

 

Chrysler DODGE SMS スーパーチャージャー レンガ倉庫中庭.JPG

                      【赤レンガ倉庫で展示中】

      アメ車の展示会でした。クライスラーのDODGE SMS スーパーチャージャー

      本職はGMのシボレー カマロ 2009タイプがカッコイイですな。

      マックイーン主演映画『BULLIT』(1968)はサンフランシスコの街中を駆け

     抜ける初代フォード マスタング(暴れ馬)GT-390のカーチェイスが有名でした。

                       ヨコハマ サマコンにて

           

森君風邪?.jpg

                        【森君 風邪?】 

            神戸市内で。 神戸のマスコット KOBEAR(コーベアー) 

            風邪が流行りだしましたねえ。

 

 

ケロちゃん.jpg

           みんな風邪には気をつけてね!!

                                  ケロちゃん 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

笑顔で酒盃を重ねた2010

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 忘年会のシーズンもまもなく千秋楽を迎えようとしております。

 皆様は如何でございましょうか。 最近鬱金の威力に下戸の前田は助けられております。

 鬱金の力っていうドリンクを飲むとカルピス酎ハイ2杯が楽にいけます。たかが2杯と言うなかれ。鬱金ナシのわたくしにとっては大河の水を飲むが如きであります。

 酒の場所は元来好きであります。

 今年もいろいろ宴がありました。例会・事業の数だけJCは打ち上げがあります。

 2010年は笑顔でつないだ打ち上げの年でもありました。

 もうひとつの例会・事業であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

君が代は 千代に八千代に

いつも心に太陽を!

                         慶 祝

 

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  本日は祝日でありました。

  敬愛する今上陛下の御誕生日であります。

  畏くも今上陛下におかれましては 御年七十七歳になられました。

  喜寿であらせられます。

 

     謹んで陛下の御長寿を

         千代に八千代にご祈念申し上げます。

 

 

バンザーーーイ.jpg

                       【天皇陛下万歳!!】

                 本年お正月皇居一般参賀の時の写真です。

                東京駅から大勢の人の波にあふれておりました。

 

ラーマ9世国王陛下 即位60周年.jpg

             【タイ王国 ラーマ9世国王陛下 在位60周年のお写真】

       バンコク スワンナプーム空港に飾ってありました。GTSのときに撮りました。

       記念行事は平成18年(2006年)のことでありました。

       欧州、中近東の王室の方々も一同にお集まりになられました

                          バンコク アナンタ サマーコム宮殿において

 

 

両陛下お写真.JPG                     【天皇皇后両陛下のお写真】 

          両陛下もタイに御訪問なされ、この記念式典にご出席なされました。

          その時のお写真であります。

          気品あふれるお姿のなかに両陛下の微笑みのお顔も優しく、

          お人柄が表れておられます。

 

          平成7年の阪神淡路大震災の時には、余震さめやらぬ寒さの厳しい

          西宮市の避難所に両陛下はお越しなさいました。当時被災者であった

          わたくしを含め、多くの市民が両陛下の心温まるお言葉に励まされました。

          「ああ日本人に生まれて良かった」とわたくしは心の底から思いました。

          わたくしの日本人としての誇りの根源であります。

    

          来年5月は全国植樹祭が我が和歌山県で行なわれ、わたくしの生まれ

          故郷の田辺の街が開催地であります。

          和歌山県人として天皇皇后両陛下の行幸啓を心よりお待ち申し上げます。

         両陛下の益々のご健勝と皇室の弥栄を謹んでご祈念申し上げます。          

      日本国国歌.bmp

 

 

 

 

 

 

 

           

慶祝特別企画

       さざれ石.jpg

                            【これが さざれ石】

                 君が代にでてきます『さざれ石』

                 実は和歌山県にもあったんですよ。

                 みなべ町の小目津公園にその石はあります。

                 岬の上の紀州南部ロイヤルホテルの近くです。

 

説明板.jpg

                         【説明プレート】

                    日本最古という文字が!

 

皇居の消防車.jpg

                        【皇居の消防車】

                一般参賀の時にパチリ

                ここ皇居は皇宮護衛官の方々が日々お守りして

                おります。そして皇宮警察は唯一警察官のなかで

                消防の任務も与えられているとのことです。

                ちなみに皇族方の護衛は警衛といい

                警護とは言わないそうです。

 

信任状 奉呈.jpg                           【 信任状奉呈 】 

                   これはまた違う日のものですが、

             皇居前広場を宮廷馬車が通っておりました。

             東京駅から日本に来られた各国の大使が信任状を持って

             皇居に参内し、天皇陛下に拝謁する儀式であります。

             このような儀式は世界でも珍しく、新任大使は馬車か車を

             選べるそうですが、ほとんどの大使が馬車を希望するそうです。

             警視庁騎馬隊も皇居まで礼装で護衛に付きます。

 

皆さん祝日には国旗を掲げましょう!!        

         

         

         

 

     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

   一段と寒さが厳しくなりました。いやあ冬らしいといえば冬らしいのですが

 だんだん朝布団から離脱する際、自分を説得する時間が長くなりました。

 とんだ四十にして惑わずであります。(論語)

 これでは 本職は中国の孔子平和賞の受賞は無理ですね・・・。 

 

 本年40歳にしてJCをいちおう現役を退くわたくしは昭和45年生まれであります。

 

太陽の塔.jpg

                       【太陽の塔フィギュア】

そうあの大阪万博のときに生まれました。 

三波春夫さんの♪『世界の国からこんにちは』がまるで人生のテーマソングのようなものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

ひたむきに頑張った少年たち

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  海南市も師走のあわただしい雰囲気に包まれました。

  一番街のスピーカーからはXmasキャロルが流れ、レッドとグリーンのXmasカラーの旗があたりを彩っています。

  そもそもクリスマスをXmasと表記するのか、子どもの頃から不思議でしょうがなかったのです。「これってエッキスマスやん」とね。 ちなみに本職は幼少のころ英語のは「エッキス」と言いなさいと明治生まれの親戚に教わりました。想えばここがわたくしの若年寄ロードの出発点であったのでしょう。

  XmasのXは、英語(アルファベット)のX(エックス)ではありません。

  ギリシャ文字のΧ(カイ)で、Christ(キリスト)を意味します。

  発音はChristmasと同じですが、"エクスマス(ɛksməs)"と発音することもあります。19世紀の英語圏で英語のChristmasの略記として使われたのが始まりです。ただ正式な場所では使わないそうです。

 またX'masという表記は間違って日本に入ってきたみたいで正しくはアポストロフィーは要らないそうです。外国にポストカードを書かれる方はご注意を!

  本職的にはフランス語のクリスマス Noël  [ノエル]に

  おフランスの甘ーい響きがします。(私はおそ松君のイヤミではありませんが)

  お隣ドイツはWeihnacht[ヴァイッハト]堅い 堅いです。シャウエッセンがでてきそう。お国柄の違いですね。

  丸太をかたどったクリスマスケーキをビッシュ・ド・ノエル(クリスマスの薪)といいます。

  全日本甘党 幹事長より。

 

ビッシュドノエル.jpg

 

 

 さて不思議に思うことを興味の出発点に、海南に住むある少年は素晴らしいものをつくりあげてくれました。

 

 

 

 

 

カテゴリ:

葉っぱのフレディ

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  風も冷たくなり、コートが必要になってきました。

  JR海南駅前のあの櫻の木も沢山あった葉っぱが今ではすっかり散ってしまいました。まるでO・ヘンリーの短編小説『最後の一葉』のようです。あの物語では病にかかった画家のジョンジーが古びたアパートの煉瓦壁に這う蔦の葉を見て

「あの葉がすべて落ちたら、わたしも死ぬんだわ」とつぶやきます。やがて嵐が来て激しい風雨が吹き荒れましたが、最後の一葉は留まっていました。そして次の日もまた次の日も。ジョンジーは生きる希望を持ちました。実はあの最後の一葉は階下に住む老画家のベアマンが嵐の中必死で描いたものでした。そう命を引き換えにして・・・。

 O・ヘンリー.jpg

                         【冬空と櫻の木】

   葉っぱといえば海南JCでは2004年の創立35周年記念の際に、命の大切さをテーマに『葉っぱのフレディ』の音楽劇を和歌山大学演劇部の皆さんと演じました。

 

葉っぱのフレディー.jpg

 

JCのサマーコンファレンスでもタレントの眞鍋かおりさんが朗読されてましたね。

 

 

 

 

 

冬空の葉っぱのフレディー.jpg

「ねえ ダニエル。ぼくは生まれてきてよかったのだろうか。」 とフレディは尋ねました。

ダニエルは深く頷きました。

「ぼくらは 春から冬までの間 ほんとうによく働いたし よく遊んだね。
まわりには月や太陽や星がいた。 雨や風もいた。
人間に木かげを作ったり 秋には鮮やかに紅葉して みんなの目を楽しませたりもしたよね。

それはどんなに 楽しかったことだろう。
それはどんなに 幸せだったことだろう。」

 

その日の夕暮れ 金色の光の中を ダニエルは枝をはなれていきました。


「さようなら フレディ。」
ダニエルは満足そうなほほえみを浮かべ
ゆっくり 静かに いなくなりました。

                                   『葉っぱのフレディ』より

 

 命の尊さは我々人間だけではなく生きとし生けるものすべてに反映されなくてはなりませんね。

安易に動物を捨てる昨今のペット事情は心を哀しくさせます。動物や植物はコトバで伝えることができません。だからこそ思いやりの心が必要なのではないでしょうか。

 

 

                       御礼のご挨拶

 

 さて私ども海南青年会議所は先だっての12月4日の12月例会をもって、本年度予定しておりましたすべての例会そして事業を無事終えることができました。

 例会から次の例会へと笑顔で襷(たすき)を繋いでゆけましたのも、参加ご協力頂いたメンバーの皆さん、そしてそのご家族の皆様のご支援があってのことであります。ただただ感謝であります。

 また何よりも常日頃より私ども海南JCにご尽力を賜りました地域の皆様、ご協力頂きました各団体の皆様本当にありがとうございました。

 そして事務局運営を滞りなく守って頂きました事務のベテラン竹柴さん、太陽の如く暖かく、熱く現役を見守ってくださりました諸先輩の皆様には感謝でいっぱいであります。

         本当にありがとうございました!!!

 わたくし理事長の公式行事は12月23日で終了でありますが、仕事納めの日まで残された職務、ブログの更新に引き続き邁進いたします!

 まずは笑顔で全例会・事業を終えました御礼の挨拶をこのブログをお借りしてご報告させて頂きます。

                              社団法人 海南青年会議所

                                 理 事 長   前田 崇之

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いきものがたり

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

   12月に入りました。 早いものであります。

  2010年もあともう少しです。 頑張ってゆきましょう!

  さて本職も最近は年のせい?でしょうか、

   よく聞き間違え、言い間違えが多くなりました。

  先日も従業員さんに「いきものがたり活動休止すんの?」と言いましたら、

  「?? 生き物語ちゃいますよ い・き・も・の・が・か・り!」

  はいはい・・・・・ ホンマ多いんです。

ウーピーゴールドバーグ(映画『天使にラブソング』)をキューピーコーワゴールド(薬)

と聞き間違えたり

峰竜太と竜雷太と間違えたり、加藤あいと阿藤快を間違えたり

何でしょう?うっかりってこわいですね。 

挙句の果てに、名古屋では定食屋さんで ひつまぶし のことを

 「スミマセーーン ひまつぶし定食二つねー (どんな定食やねん)」

と赤面モノの経験をしました。 

  [名古屋の名物です ご飯の入ったお櫃(ひつ)の上に鰻の蒲焼をまぶしたもの 

   だから 櫃まぶし ]

以外と漢字で並べたらよく似ている名前も多いです。

 渡部篤朗(俳優 ケイゾク)と渡辺篤史(俳優 土曜日朝 建もの探訪)

 松山千春(歌手) 新山千春(タレント)

言葉の響きが似てる編

 オダギリジョー(俳優)と小田原城(お城)

 二ール・マッケンジー(英 ライダー)と新沼謙治(♪嫁にこないかー)

・・・・・・とりとめもない事を並べてしまいました スミマセン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 まずは先だって行われました、海南JC11月事業

  『未来の君に2010 ここから始まる第一歩』にお越しくださいました皆様

 本当にありがとうございました!!

 午後からの『夢ウォーキング』では秋空の下、ぽかぽか陽気の心で皆様と一日を過ごすことができました。往路の国宝 長保寺までの沿道ではオレンジ色の山々を眺め、途中ではみかん狩りもおこないました。美味しかったなー。和歌山に生まれて良かったです。

 夢を語り合い、夢を感じながら過ごした時間。 夢に向かって頑張る人は自分も元気になりますが、その周りの人の心にも勇気と元気が湧いてきます。

                           元気があれば何でもできる アントニオ猪木

 ウォーキングの途中かわいい鶫(ツグミ)が飛んでいました。 スピッツの『つぐみ』を口ずさみました。 なので、この11月事業のMyテーマ曲に決定。

 では夢ウォーキングのフォトの一部を

 

のぼり旗を先頭に.JPG

歩く歩く.JPG

夢を語りながら.JPGてっしー先生と.JPG馬田親子.JPGみかん.JPGミドリのにいやん.JPG事業横断幕.JPG 

        

           この日まで本当に頑張ってこられたJC事業委員会の皆さん

                   

                     お疲れ様でした!!!

 橋爪委員長見事な采配ぶりでした。委員会の男気の団結ここにありです。

 橋爪委員長の人望のもと委員会は動いてゆきました。

 委員長がいたからこそこの日を迎えることが出来たのです。ただただ感謝です。

 同期なのに一足先に卒業とは拙者は寂しい限りです・・・・・ふえーん つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

 

 

                   JC事業委員会のサムライたち

 

 古川副委員長(ハンチョー) 黒のフィアットで和歌山市内から駆けつけてくれました

                  ドミノ名司会お疲れさん!体育会系(アメフト)らしいフットワー

                  クの良さで委員長を助けておりました

                  追伸 世界会議のあの大阪の夜はnightmareやったなあ

 廣田副委員長(キョクチョー)物品担当お疲れさん!委員長から「廣田それ大丈夫か?」と

                  聞かれたら途端にアゴがしゃくれましたな。嘘がつけない性

                  格です。 数々の「ヒロタ語録」ありがとう 委員会の名ムード

                  メーカー(今日もどこかでデブルマン)でした

 山本委員(山ちゃん)    最前線で走り回ってくれました 入会年度も若いなか、よく気

                  配りができて、みんなを助けていました 君のフレッシュさが

                  委員会を常に新鮮にしておりましたぞ お疲れさん!

 吉野[寛]委員(吉やん)  輸送部隊隊長 段取り、設営には欠かせないメンバーでした。

                 やさしい気配りが委員会の雰囲気を温かくしていました。

                 委員会の栄養源、美味しい肉をありがとう!

 雑賀委員(さいかっち)   当日のドミノありがとう! コツコツと仕上げにまでもっていって

                  くれました。我が海南JC工作部隊には欠かせない人材です

                  これからも頼むで!

 土屋副理事長(ツッチー)  仕事激務にもかかわらず、委員会を支えてもらい本当にあり

                  がとう!副理事長殿がこの委員会にかかわってくれたからこ

                  そ橋爪委員長は安心して指揮をとれたのです。あなたがい

                  たから委員会は引き締まったのです。

                  追伸 某副委員長のお目付け役ご苦労様でした!

 

 

またあらためて当日の様子をご覧いただきましょうか。

                  

                 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  秋も深まってきました。本職はいつも季節を感じる場所があります。

 

駅前の紅葉.jpg                     【JR海南駅前広場の櫻】 

       わたくしの近場紅葉スポットです。今が見頃でしょうか。

       でも我が海南JC肝っ玉専務は

       「えー理事長ー いま秋ちゃいますってー もー冬ですわー 」と言っとります。

      

       こらこらデスワー総統。日本の季節の言葉には晩秋ってコトバがあるんだよ。

       侘びさびってものを感じないとイカンよ。

       だから今はまだ秋なのです。秋なのらー!

       ちょっと取り乱してしまいました。失礼をば。

     

       今日わはメルヘンチックな話題で。

      

 

     

                 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  さて、先だっての11月20(土)に開催されました 海南JC11月例会

  『海南市こども議会』に大勢の関係者の皆様のご協力を頂きまして無事終えることができました。誠にありがとうございました。本来でしたら大事なお休み日でありましたところ申し訳ありませんでした。皆様のご尽力なく成功には繋がりませんでした。

 そして何よりも、海南市の未来をさらに明るくするダイヤモンドの原石がこんなにたくさん議場に集まってもらいました。

 子ども議員の先生方本当にお疲れ様でした。そして本当にありがとう!!

 この海南のまちが大好きだからこそ、皆さん真剣に質問を考えてくれました。

 皆さんのふるさと海南のまちは、皆さんの心の根っこであります。

 皆さんはいつか海南のまちから、大阪や東京などいろんな街を訪ねたり、暮らしたりするでしょう。なかには海を渡って世界の人々と交流するかもしれません。

 皆さんの心に「生まれ育った海南のまちが好きだ! 一番だ!」という気持ちがある限り地球のどこにいても元気と勇気が湧いてきますよ。

 それを『誇り』と言います。 大切な気持ちです。

 ふるさと『かいなん』は皆さんがどこにいても、いつも静かにやさしく見守っています。

 まずは中学校に行っても笑顔で頑張ってください!そして将来の夢を描いてください。

 夢をかなえるためには「それが大好きなこと」「誰かのために頑張れること」そして「絶対あきらめないこと」です。

 子ども議員先生のこれからのご多幸をお祈りし、未来の海南JC正会員入会を未来のシニアクラブの前田(崇)は熱烈に歓迎します!(存命でしたら)

 当日の様子はまた改めてご報告します。 

 

 今、日本は元気がなく、国全体が混沌としております。

 ですが陽はまた昇ります。 必ず!

 未来の地域のリーダーがこんなにたくさんいたのですから。

 あとは我々大人が元気出してゆきましょう!そしてしっかり未来にバトンを繋いでゆきましょう!

 

 今回担当されましたC.O.LO.R.委員会さん本当にお疲れ様でした。

 長かったですね。この日まで。

 阪口委員長を先頭に東奔西走されましたね。

 写真を整理してましたらいろいろ出てきましたよ。

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

   前回の号はまだ夏でしたが、気がつけばもう今は錦秋の候

  皆様に於かれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

  スミマセンJCの例会案内文の出だしになってしまいました。

  精進が足りず、更新が滞ってしまいました。

 

  わたくしにとって一年で一番良い季節になってきましたね。空気がだんだんひんやりとして、青空が高くなってきます。今年は猛暑だったんで紅葉の見ごろも少し遅くなってますね。

 

 この数ヶ月週末にはJC活動が多くありました。

 海南JCの例会は勿論ですが、JC全国大会(小田原・箱根)、JCユニバーシティー(和歌山)、JC世界会議(大阪)と様々でした。この模様は現地にゆかれました総務広報委員会さんやメンバーの皆さんがJCプレスでご紹介くださいます。また蔵出し写真も整理しましてご覧頂きます。

 

 ここ数ヶ月常に我々国民の心を乱してきた中国漁船(軍工作船か)による尖閣沖での海上保安庁巡視船への体当たり事件ですが、日が経つにつれ「ホンマ日本の安全保障は大丈夫かいな?」とテレビを観るたびに暗澹たる気持ちになりました。

 また周知のようにこの事件発生時のビデオ映像が『YouTube』に流出し、それに関与した海上保安庁の職員が警視庁より事情聴衆を受けており、容疑が固まり次第逮捕されるという事態になっています。

 まずこのような結果でしか我々国民が事件の情報を知ることが出来ないこと(しかも部分的に)が至極残念でなりませんし、そもそもなぜこのビデオの全面公開に政府は毅然と踏み切れないのか、まったく理解に苦しみます。逆に日本側は何か都合の悪い事を隠蔽しているのではないかという疑念を世界に与えてしまい、中国側に有利に動いてしまいます。

 とにかく全面公開であり、全世界に事の顛末を訴えるべきであります。

 政府は非公開の理由として

 刑事訴訟法第47条 【訴訟に関する資料は公判の開廷前にはこれを公にしてはならない】を挙げております。

 ということは当該中国人船長を必ず本人不在のままでも起訴し公判を行うのですね?それならばその日までわたくしも法治国家の国民として耐えがたきを耐え我慢しましょう。そして必ずその日の晩に全世界に全記録を配信してください。政府のご覚悟のほどお願い申し上げます。くれぐれも我々の知らないうちにこっそりと不起訴という姑息な行為だけはやめて下さいよ。

 

 部分的ではありますがこのビデオの内容ではっきりしたことは

*中国漁船の挑発行為や、体当たり行為(衝突という言葉は適切ではありません)

 が明確に記録されている。非は100%中国側にあり

*中国漁船船長を無条件で釈放した政府の不当性

*この記録ビデオを流出に至る今日まで非公開とした政府の不当性

であります。

 ただこのビデオ映像を流出させた事には世論は賛否両論であります。

 我が国の領海の治安をあずかる海上保安官として同じ仲間が尖閣沖で殉職寸前までの任務をおこなったのに、国民には正当に伝えられていない。最前線の我が領土領海では今も一触即発の状態が続いているのにもかかわらず。

 おそらくこういった戦友愛や憂国の念から発した行動だったのでしょう。

 しかしこの行為自体は当然罪にあたります。正当な行動ではありません。

 どこかの国の「愛国無罪」ではないのです。このままでは我が日本の情報危機管理能力は失墜し、世界の信頼を失い、結果国益を多いに減少させてしまうでしょう。

 

 先だっても警視庁公安部の国際テロ情報漏えい事件があり、欧米各国の捜査機関から今後しばらくは日本の捜査機関に最新情報は提供しないというペナルティーをあたえられました。

 日本にデータが渡ると情報が漏れてしまうからです。でもその間にテロリストが入国・潜伏したらどうするのでしょうか。今回の事件でさらに治安当局は苦境に立たされてしまうでしょう。

 問題の本質に戻りましょう。

 このような結果になったのは、逮捕した船長を政治的配慮という意味不明な結論で釈放させたり、記録映像を限定的公開という曖昧な方法をとったりして、海上保安官の命がけの任務を無にする決断をし、しかし責任は各関係省庁に押し付けた、時の日本の政治指導者の誤った政治主導から起因していることは間違いありません。

 記録ビデオの流出は我国の国家機能が麻痺しており、早急に情報の危機管理体制を徹底的に改善しなければなりません。

 今回の事件で政府中枢の統治能力(governance)への重大な不信感を多くの国民が抱き、そしてひとりの優秀な海の防人(さきもり)を罪びとにしてしまいました。治安維持の低下です。

 我々国民の『安全・安心』が今おおいに目減りしてしまいました。

 中国、ロシアから秩序のない日本の危機意識にドロップキックです。

 我々日本国民ナメられないよう危機意識を持って頑張りましょう!

 そして

                   複雑に混ん絡った社会だ

                 組織の中で ガンバレ 海上保安官

                 知識と教養と誇りを武器に

                 あなたが支える 明日の日本

 

 

1144754.jpg

                        【捏造記事なり】

        (唖然)よくもまあ このような記事を載せましたね・・・・。

        さすが「愛国無罪」(笑)。

        中国の地元新聞より

        今回のビデオで体当たりの映像は少なくともばっちり映っております。

        これを持って我が日本 出るところに出ようではありませんか!!

 

44930063.jpg                             【北方領土返還『叫び』の像】

          北海道 別海町にあります。対岸はオホーツク海に浮かぶ国後島 

          その距離はわずか16km。  

          「我がふるさとを返せ!」と叫ぶ老母と子たちの像に思いを託して

          おります。                       昭和57年建立

 

          露国メドヴェージェフ大統領が北方領土 国後島を訪問しました。

          これは到底容認できない行動でありますが、尖閣沖事件での

          日本政府の対応が毅然としておらず、その隙をロシアが突いてきた

          結果であり、北方領土の実効支配をさらに強めてしまいました。

          また国民一人ひとりがこの北方領土に関する問題意識が薄い

          ことがロシアの傲慢を助長していることも肝に銘じなければなり

          ません。政府も悪いが我々国民も悪い。

          北方領土問題は困難な道のりですが

 

           *北方四島の主権はどんなことがあっても我が日本国にあり、

            それをロシアが認めない限り、日露平和条約にはサインをしな  

            い。

           *経済部門であるシベリアの日露共同開発計画と政治部門

            である北方領土問題は別の次元であり、シベリアにある天然資

            源の技術協力をあちらが持ちかけてきて両国の関係が良好にな

            ってもそれが北方領土問題の解決には繋がらない。そういった

            ロシアのカードには要注意である。

        

               領土問題では中露はタッグを組んで日本に向かってきます。

         

               everybody goes   everybody fights

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

再 夏の日の2010

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  横浜散策でしたね。

 

  横浜の街はいつ訪れてもハイカラな雰囲気を残しています。

  同じ港町神戸とはやはり違いますね。神戸には海のとなりにすぐ山があり、

  そこに住む人の言葉も神戸弁と横浜弁ではまた情緒が異なります。

  「~やん」と「~じゃん」と語尾だけでも感じが違います。

  まあ神戸弁は関西弁の中でも独特でありまして本職も思い入れが深い方言であります。

 

 「何しとん? 君ら何回言うたわかんねんっ ダボっ 人の話聞いとぉーか?」

 

   わたくしのゼミの担当教授はバリバリの神戸人(東灘区)でいらっしゃって、口から飛び出す言葉は常に綺麗な?正統な神戸弁でありました。

  標準関西弁「めっちゃ」は阪急神戸線・今津線沿線では「めっさ」もしくは「ばり」に変身します。(阪神本線も同じく)

     「ここの定食 めっさマズいで」

      「もー ばりムカつくわー」          (何かたとえがネガティブですが・・)

  語尾は「~とぉ」「~とー」になります。

     「これ 知っとぉー?」  「廣田もう寝とぉーで」

 あと  大阪弁「何してるん?」は神戸弁「何しとん?」 

     有名な「来ない」三都物語は

     京都「きーひん」 大阪「けーへん」 神戸「こーへん」です・・・・かな?

 まあ詳しい神戸弁講座は土屋副理事長にお願いいたしまして。

 

 横浜弁の「じゃん」は実は静岡の浜松あたりが発祥という学者もいます。また明治初期の文明開化の影響で、横浜弁は消滅してしまったという説もあります。

 また生粋のハマっ子エリアも実はうるさく限定されており、元町、山の手、関内、本牧までらしく、わたくしの友人なんどは転勤で新横浜駅のある港北区に住んでおりますが、以前某タクシーの運転手さんにハマっ子になったと自慢したら一笑にふされ

 「お客さん、冗談いわれちゃ困りますよ、ふっ、あんな所はねもともと関東の田舎なんすよ。タヌキしかいなかったのっ。ふっふっ そんな事他で言われちゃー お客さん笑われちゃいますよ ふっふっ それでちょっと来たからってハマを名乗られたら困っちゃうんだよねーー。」と延々車中『ハマっ子とは』講義を受けたそうですが、にわかハマっ子君降り際に「ところで運転手さん実家どこなん?元町?」と聞けば、

 「あたし?あたしは群馬の高崎ですよ」と、しれっと申されたそうで

 その後神戸三宮育ちの男からドぎつい神戸弁が炸裂したことは言うまでもありません。 人間何事も謙虚さが必要であります。

 さあ横浜の街です。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

  

   

 

 

カテゴリ:

続 夏の日の2010

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  では夏特集続きです。

  JCで夏の定番といえば 横浜サマーコンファレンスであります。略してサマコン。

  トルコンはtorque converter 自動変速機の略で、クルマの下取りでは

  「このクルマはミッションですか?トルコンですか?」とよく聞かれます。

  だからAT車のことをトルコン車とも呼ぶんですよね。

                          (まあ今日び若者は言いませんわね)

 

  冬の京都会議、夏の横浜サマコンはJCの二大イベントであり、その開催地の青年会議所さんは準備やおもてなしで大変です。

  かつて我が海南JCからも日本JCへの出向に(※JCで言う出向は巷でいうところの左遷ではありません)中村 俊之先輩〔第36代理事長 中常漆工芸(株)〕がサマーコンファレンス運営の委員会にゆかれました。

 電子資料の多さには絶句されたそうでありますが、日本全国に知り合いが出来たのは日本JC出向の結果かなとおっしゃられてました。ただ委員会の同窓会開催地が熊本県とか、これも全国規模だったのには閉口されたそうです。

 わたくしも日本JC出向時、委員長が秋田の方で、次回委員会開催地は秋田県角館市という案内メールは正直恐怖でありました。で一番近かった千葉県船橋市で許してもらいました。でも面白かったです。錚々たる会社の役員さんや実業家の方や、おそらく和歌山にいたら出会うことがなかった人々だったでしょう。勉強にもなりました。

 

 さて今年の横浜サマコン2010ですが、すでにメンバーの皆さんには谷脇編集長渾身のJCプレス特別号で紹介して頂いております。

 ここでは合間に撮った写真などをご紹介しましょう。

  

カテゴリ:

夏の日の2010

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 海南の街に吹く風も向きを変え、秋が来たんだなあと実感する今日この頃です。

 これだけ涼しくなると、あの暑かった夏が夢幻の如くなりでありますが、

 そこで夏の出来事をいくつか写真とともにご覧いただければと思います。

 題して

     『夏の日の2010』

 まずは メンバーが宮司をなさっておられる野上八幡宮に行ってまいりました。

 

御初穂料.jpg

                           【御初穂料】

                 本職の相棒でありますニッサン ボルボ13(通称コンパネ車)の

           交通安全祈願とコンパネ車の安全走行祈願をお願いしてまいり

           ました。

 

玉砂利上のコンパネ車.jpg

                                    【玉砂利の上のコンパネ車】

            皆サン コンニチハ コンパネ号デス ボクハマダマダ走リマス

        

参道.jpg

                           【参道を写す】

            遠くからは蜩(ひぐらし)のカナカナが静かに響きます

 

社殿.jpg

                           【由緒ある社殿】

           野上八幡宮は欽明(きんめい)天皇十三年(552年)に大和の国よ

           り野上の地へ八幡神を勧請し、

            先住の神である国挟槌尊[くにさつちのみこと]を聖仙山へ遷宮し

           た。永延元年(987年)に石清水八幡宮の別宮となり万寿二年

           (1025年)に社殿が建立された。

      

 

         いやあ歴史が有りますなあ。さらに天文十年(1541年)の根来衆徒

       の来襲により社殿や書物が消失したり、明治二年の神仏分離令いわゆる

       廃仏毀釈により境内から本願寺、神宮寺、不動堂や本地堂が撤去された

       りと、いろいろ大変であったそうです。それでは身を清めて社殿に。

 

宮司1.jpg

                     【野上八幡宮 藪 洋平宮司】

            白の袍(ほう) 斎服で藪宮司がお出迎えくださいました。

 

神前にて.jpg

                           【玉串奉奠

                 神前に玉串を捧げ 二礼 二拍手 一礼

 

宮司2.jpg

                           【藪宮司】

           神事ののち

           ご本人の許可を頂きましてパチリと 

 

宮司お疲れ様でした.jpg

                     【宮司 ありがとうございました】

           暑い夏の時期、さぞかし暑かったことでありましょう

           おかげ様で拙者の身も心もクルマもすがすがしい気持ちになりまし

           たぞ。

 

銘酒.jpg

                                         【銘酒】

               社殿となりには海南海草の銘酒『紀美野』の清酒が

       

          やはり神社仏閣は日本人の聖なる場所であります。

          清清しい気持ちでいっぱいの理事長でありました。

 

おまけ

 

カクカクシカジカ.jpg                        【カクカクシカジカ君】     

           ダイハツのお店で頂きました

           藪君お仕事中はメガネをはずしておりますが

           藪君に似てませんか?

 

 

それから(社)白浜・田辺青年会議所の事業をちょこっとだけお邪魔してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

沖縄の風を偲んで

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  さて昨年のJCの全国会員大会 沖縄那覇大会から間もなく一年が過ぎようとしております。懐かしいですね。

  沖縄は大学生のときから何度となく観光で訪れておりました。

  お隣の与論島ではウィンドサーフィンをやっておりました。

  食べ物も美味しく、景色も綺麗ですしね。あと本職は下戸でありますが、呑み助の方々には泡盛やオリオンビールは南国の風味がしてよろしいかと思います。

 

  

 

  沖縄の島は碧が濃く、澄んだ青い空が印象的でした。

  実は大会期間中に本島南部にある摩文仁の丘を訪れる機会がありました。

 

 

  その日は早朝那覇から南に車を走らせました。

  街が途切れ、そのあと道中見える風景は、小高い緑の丘とどこまでも広がる萌黄色のサトウキビ畑でした。それはまるでキルトのパッチワークのようにも見えました。

  東風平(こちんだ)、南風原(はえばる)という地名から昔よりこの琉球の島には良い風が吹いていたんでしょう。たしかにサトウキビ畑がざわわ、ざわわとあたりでなびいていました。時間が止まっていたかのようでした。

 

 

  この南部の街道は大東亜戦争末期 沖縄戦最後の激戦地であり、南風原には当時陸軍の野戦病院壕が造られ、大勢の負傷兵がここで亡くなりました。

  鉄の暴風雨とまで言われた米軍の凄まじい砲撃によって、沖縄の県民は約10万人の人々が非戦闘員にもかかわらず亡くなりました。これは総人口のうち4人に1人が命を落としたことになります。

 また沖縄を防衛した在島将兵もその多くが戦死し、その数も約10万人であったといいます。米軍側の戦死者数は米海軍の特攻による被害もあわせて約1万人でした。 

 あの小さな島でこれだけ多くの命が失い、いかに日米ともこの沖縄を作戦上重要視していたかを物語っております。

 その中でも悲劇的であったのが映画や小説でも有名な『ひめゆり学徒隊』です。彼女たちはまだ15歳から18歳までのあどけなさを残す少女たちでした。

 昭和20年4月1日の米軍上陸直前に負傷兵の救護、看護を軍命として動員を受け戦闘時も彼女たちは砲弾の中を駆け回っていたのです。沖縄の少年たちは『鉄血勤皇隊』として兵隊同様に銃を持って戦い、そのほとんどの学生が戦死しました。

 やがて那覇の首里城内にあった司令部が陥落し、軍は沖縄本島南部に撤退を開始します。

 しかしそこには多くの沖縄県民が避難しており、島田叡(あきら)沖縄県知事は軍司令官に南部での戦闘を控え県民の人命を優先してほしいと命令の撤回を求めましましたが、軍は一日でも長くこの島で持久戦を遂行し、敵の本土上陸を遅らせたいことが第一であるとし、結局司令部を南端の摩文仁の壕へ移しました。

 そして敗色が濃くなった6月18日、ひめゆり学徒隊を含む多くの女子学徒隊に突然軍から解散命令が出されます。彼女たちは途方にくれてしまいます。戦場の真ん中で今更避難も出来ず、この日を境にひめゆりの少女たちのほとんどが亡くなってしまいました。そして6月23日に組織的な戦闘が終了。あともう少しで彼女たちは暗い壕から眩しい太陽の下を歩けたのです。

 軍にも武士の情けがあれば、彼女たちや非戦闘員を非武装地帯に集めて保護していればと思いますが、「生きて虜囚の辱めを受けず」という戦陣訓が徹底していたあの時代には叶わず、また現在の考え方で検証することが果たして最善なのかは正直考え悩むところではありますが、前途有為な少年少女たちを何とか助けられなかったのかと無念でなりません。

 摩文仁の丘に着き、式典の後、ひめゆり平和祈念資料館を訪れました。ここは第三外科壕があった場所でこの壕にいた96名のうち87名が亡くなり、ひめゆり学徒隊、教諭のほかに軍医や従軍看護婦や住民も犠牲になりました。

 資料館では、十五年戦争観というのか一部分論調的にわたくし自身疑問を持つところも正直ありましたが、沖縄戦の凄惨さをを映像や遺品を通じて切実に訴えかけてきました。

 そして亡くなったすべてのひめゆりの少女たちの遺影が飾られた部屋がありました。

 そこには生き残った同級生が戦後記したのでしょう少女たちがどんな性格の女の子であったのか懇切丁寧に書かれておりました。そして亡くなった日時場所も載せてありました。なかには死亡日時場所不明とだけ書かれた遺影もあり、人知れず今も土の中で眠っているのかと思い、涙が溢れてしかたがありませんでした。

 資料館では生き残った方々の手記も閲覧できます。あの戦争を体験した人々がご高齢で亡くなってゆく今、記憶を風化させてはいけないと思います。

 どんな思想信条の人も戦争を起こしたくてしょうがない人間はおりません。

 しかし同時に平和はただ唱えるだけでは維持できません。

 防衛力という盾と矛を身につけねば、守れる人の命すら守れません。

 観念論的な平和論は それ自体は美しいかもしれません。

 しかしそのようなサンクチュアリから今そこにある危機にどうやって対処するのでしょう? わたくしはそのような考えに自分や大切な人々の命のリスクを預ける気には申し訳ないですがなれません。 

 沖縄の風を体に受けながら命の尊さと、その命を守るべくしっかりとした危機管理を模索しました。

 懐かしいあの風景を思い起こしながらも、わたくしの考えは今も変わりません。

 

 

 

 

ざわわ ざわわ サトウキビ畑1 糸満市.JPG              【糸満市の街道をゆく どこまでも続くサトウキビ畑】

 

 

碑文.JPG                        【摩文仁の丘 JCの碑文】

        平和式典時に序幕式が行われました。2009年日本青年会議所会頭

        であった沖縄県ご出身の安里繁信君がその想いを碑文に籠められまし

        た。

  

 

250px-Himeyuri_Monument-2.jpg                        【ひめゆりの塔】

             終戦直後1946年に建てられました。物資難の時代でもあり、また

         米軍統治下の事情もあってか小さな子どもくらいの塔でした。

         後方のレリーフは後に建てた慰霊碑で、こちらをひめゆりの塔と思って

         いる方も多いと聞きました。

 

  垂直の洞窟.JPG                     【第三外科壕 入り口】

         レリーフの前は壕の入り口でひめゆりの少女たちがたてこもり、

         そのほとんどが米軍の黄燐弾の攻撃で命を落としました。隆起珊瑚礁

         の自然洞窟(沖縄ではガマと呼ばれる)を利用しておりますが、垂直に

         切り立った入り口のため逃げ場所がなく、最も被害が大きかったそうで

         す。

 

同門前にて.JPG                       【資料館門前にて】 

          ひめゆり学徒隊は沖縄県立第一高等女学校と沖縄師範学校

           女子部の生徒たちで構成され

          前者の校友誌[乙姫]と後者の[白百合]が

          後の学校併設により合さって[ひめゆり]となりました。

          動員された教諭と学徒計240人のうち136人が亡くなりました。

          資料館外観はその往時の学び舎の雰囲気を残したそうです。

 

         またいつか訪れたいと思います。

         そして沖縄戦でもう一つ印象に残ったことは

          今回は訪れてませんが、以前訪れた沖縄 豊見城市にある

          激戦地旧海軍司令壕跡です。

         ここは主に海軍の軍人が守っていたところでしたが

            陥落寸前に司令官太田実少将は東京に宛てて最後の打電を

            送られました。

            それが有名な

 

       『沖縄県民斯く戦エリ 県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ』

 

           であります。

          島の形が変わるまでの砲爆撃の中、必死になって戦う軍や県民

          の経緯と実情、その損害の大きさを軍首脳部に率直に伝えています。

           そして激戦敢闘した沖縄県人にどうか後の世で困らぬように充分な

           配慮願いたいというこの言葉で終わっています。

          海軍軍人としては本来逸脱した行動だったのかもしれませんが、

          それほどまでに沖縄県民の方々への想いがあったのでしょう。

          太田少将は、県民救護に全力であたられ最後は摩文仁の壕で亡くなられた

                     といわれる島田 知事とともに今も沖縄の人々の心に残っています。

 

sireikansitu.jpg                     【海軍司令壕内 司令官室】

 

dannkon.jpg                       【同壕内に残る無数の穴】

            壁に見られる無数の穴は、多くの将兵が手榴弾にて自決された

            その痕です。今もそのままになっていました。

  

白梅の碑.jpg

                        【白梅の碑】

            新里堅進氏の書籍です。

            白梅女子学徒隊は沖縄県立第二高等女学校の生徒たち

            が負傷兵を看護をしておりました。

            ひめゆりの少女たちと同じく多くの生徒が亡くなってしまいまし

            た。白梅の慰霊塔は沖縄南部の国吉にあります。

   

      

       沖縄戦で亡くなられたすべての方々のご冥福をお祈り申し上げます

     

 

 

     大会時の懐かしい写真もありました。

 

      

      

  

  

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  さて連日の新聞やニュースを観て、あまりの精神的脱力感に苛まれ、更新が滞りまして失礼しました。

 皆さん現在も進行中であります尖閣諸島沖での中国漁船(人民解放軍の監視船?)による領海侵犯及び海上保安庁巡視船体当たり事件はご承知の事と存じます。

 わたくしもJC内において領土領海問題にはひときわ関心を持っており、経過を見ておりましたが改めて我が国戦後最大級の失策が行われてしまいました。

 那覇地検の次席検事は会見で

 「(公務執行妨害の疑いで拘置している中国人船長の)とっさに取った行為で、計画性もなく前科もない。国民の影響や日中関係を考慮すると、身柄の拘束を継続して捜査を続けることは相当ではないと判断した。」

 と述べ、処分保留のまま当該船長を釈放してしまいました。

 待ってください! いつから検察は政治的判断を委ねられたのでしょうか?

 司法当局はただ粛々と日本国の刑法(国内法)に基づき被疑者を裁判にかけ、有罪であれば処罰を執行すればよかったのです。

 処分保留ということは何を示すかといえば

 日本の法律で裁けないエリア = 尖閣諸島は国内ではない=日本の領土に非ず

 という構図を生み出してしまったのです。これは絶対にしてはいけなかった。

 必ず中国はこれを新手の外交カードとして出してくるでしょう。

 尖閣諸島近辺の海では今も70隻近い中国の漁船が操業をしております。同じような行為が再び行われたとき(前述の船長はVサインの後「また尖閣に行く」と明言しています)拘束されても刑事処分を受ける恐れを感じず、ますます行動がエスカレートするでしょう。

 そもそもこの尖閣諸島においても『このエリアに領土問題は存在しない』という日本側のスタンスでありました。中国および台湾が抗議をしても、「これは日本の島である 話し合いに応じる必要はない」と突っぱねてきました。

 しかし今回の事件で、中国はこのエリアに領土問題(紛争まではゆかないが)が存在すると声高々に挙げるスキを与えてしまいました。中国の狙いはそこにあるとわたしは推察します。そして覇権主義国家の常套手段である[次はその先の領域]を狙ってきます 尖閣諸島の先には沖縄の島々が横たわっています。琉球王国は元来中国の属国であったので我が国に帰属するべきであると述べている中国の学者もおります。

 

 今回の事件で日本は多くのものを失い、損なわれました。

*完全な法治国家であるということが言えなくなった

  諸外国の圧力で法の正義と真理が歪められる国であると内外に伝えられた。

  法の下の平等が損なわれた(同様の行為を計画性がなく前科のない日本人が行

 ったら どうするのか?やはり処分保留か?  意地悪な質問だが)

  検察による政治的判断により司法と行政の独立を侵してしまった。

  司法当局に政治的判断が許されればいつか逆に時の政府に反抗的な者は官憲

 によって取り締まられる事も可能であろう。

  検察に対して政府(首相官邸サイド)の介入があったならばこれも大問題である。

 しかし今のところ政府による検察の越権行為を批判する声は上がっていない(ということはやはり?)

  いずれにしても国会の審議が待たれる。

 

*国際的な地位の失墜

 当該船長を放免にすれば事が沈静化するという事なかれ主義、外交交渉における戦略の無さも露呈した。(中国によるレアアースの禁輸政策や拘束されている4邦人などよりも機先を制して交渉するべきであったが船長の拘束もなくなった今、中国サイドに憂いを与えるカードが無い)

 同盟国アメリカの信用も、鳩山政権での普天間基地の問題から端を発し、ここに至っては、日本をパートナーとして頼りなさを思わざるを得ないであろう。いくら現場の自衛隊戦力やコーストガードたる海上保安庁の実戦能力が高くても、内閣総理大臣やそのブレーンがこの程度の指揮判断能力では到底事態の収拾は望めない。現状ではアメリカも自国民を犠牲にしてまで日本の世話をするまい。辛うじて尖閣諸島領域は日米安全保障の対象内とうたっているから中国も武力行為に踏み出していないだけである。

 

 今後このような中国の恫喝行為が他の方面(たとえば南シナ海)でも行われた場合、日本の毅然とできなかった行動が仇となってしまった結果であるからASEAN諸国など他国の信用も損なわれるだろう。他国にも間接的に大迷惑をかけてしまう。

 中国側は今回の日本の判断に狂喜し

 「日本は尖閣諸島の主権を放棄した」

 「少し恫喝すれば日本は譲歩する」「日本人は領土問題に関心が希薄だ」

 という受け止め方をした。そしてそれはロシアや北朝鮮、韓国といった周辺国のみならず全世界も同様に捉え、捕鯨問題など様々な国益に繋がるケースにも波及してゆくであろう。

 

*国家としての威厳と誇りが傷つけられた

  事件発生後、北京の中国政府は在中国 日本大使を深夜にもかかわらず数回にわたり庁舎に呼びつけ抗議を行った。 大使という職責は外交官の身分では最上階であり極めて重く、我国では国家元首たる天皇陛下から信任をいただき、接受国では国家元首の名代として職務を遂行するのであるが、その大使を粗略に扱う事への無礼はひいては日本国を軽々に扱うに等しく、断じてこのような行為を許してはならない。 中国当局の言われるままに、何も考えずに伺って行った丹羽大使も軽率であったし、ご自身の職責の重さを認識して頂きたかった。そのあたりの危機管理も希薄であった。

  今後中国側はいっそう日本に対し、武力や経済的な優位性を背景に宗主国的態度を見せてくるであろう。

  それに対して日本ができること (色々参考にしました)

*絶対に中国の要求する謝罪・補償に応じない 断固拒否である。

*当該中国漁船の危険性、異常性(意図的な追突行為)を実証するため、証拠物件

 であるビデオ映像の公開。(全世界に配信)

*次は国内法に基づいて処罰する。(前例があるため非常に苦しいが)

  また外国船の違法活動を取締る法律の制定も急がれる。

*沖縄本島を含む南西諸島の国防力増加(航空部隊や島嶼防衛の専門部隊の実戦

 配備)

*尖閣諸島海域での海上自衛隊 護衛艦隊の演習を開始(示威行為)

 年に一度は米海軍(第7艦隊)と共同訓練を開始

*自衛隊による尖閣諸島常駐警備はまず法的な面を整備しなければならない。

 つまり自衛官には司法管轄権という権限を与えられておらず、領海侵犯者に対し逮捕、起訴することができない。ソマリア沖海賊対策でもこの件が問題になり、結果的に護衛艦に、海の警察官である海上保安官が便乗する形式をとった。

 大規模な領海侵犯には海上警備行動(自衛隊法82条の2)の発令にかかってくるがこれも様々な論議を呼びそうである。このように形だけ自衛隊戦力をこの領域に送り込んでも、現段階では視覚的な実効支配という以外何も行使できず、中国側に更なる挑発行動(中国海軍の遊弋)の口実を与えることになってしまう。東シナ海を担当する海上保安庁第11管区の装備増強とともに、特殊部隊の警備常駐を行われたい。

 

*中国は覇権主義国家であるという認識を各国と共有する。

  世界各国の分析は日本の弱腰外交は眼中になく(それもつらい事だが)、それよ

 りも中国への警戒感のほうが大きい。連帯して中国に対抗すべし。

*日本は「白樺」など東シナ海のわが国排他的経済水域内の天然ガス田の試掘を

 直ちに着手し他の海域の海洋資源の確保に努めるべし。

*中国政府のレアアースの禁輸措置行為は明らかなWTO協定違反である。

  中国は平気で国際的な産業通商ルールを破る国家であると広く知らしめれば立場 

  が困るのは中国当局である レアアースの産出国は豪州やベトナムにもあり、こ

  れを機に『脱中国』という経済的戦略を打ち出されたし。

  レアアースはハイブリット車など先端技術には欠かせないが、中国自体まだこの 

 技術の応用が活かされておらず、レアアースはどうしても国外に輸出せねばビジネ 

 スが成り立たない。その事は充分承知のはず。

 

 今回の事件への対応は、1977年日本赤軍によるダッカ日航機ハイジャック事件以来(いや以上か)の大失態であり、この時も福田赳夫総理〔当時〕が「人命は地球より重い」という迷言を残し、政治的判断という超法規的措置によって収監中であったメンバー6名を釈放してしまいました。現在もその内の3名が国際手配中です。

 事件後、日本政府の対応に世界は「日本は電化製品や自動車以外にもテロリストも輸出しているのか」と大批判を受けました。またそれまで自国内にはハイジャック犯を制圧する治安維持部隊すらなく、あわてて日本も秘密裏に警察により特殊部隊(後のSAT:Special Assault Team)を創設することになります。{余談ですが その後に起きた1979年大阪 三菱銀行人質事件にも出動していました}

 

 今回の日本政府の大失策と中国の横暴

 我々一般国民も勿論悔しいですが今回誰が一番悔しいか? 

 決まっているじゃ有りませんか!

 第一線で国境を守っている自衛官や海上保安官の方々ですよ!!

 それでも彼らは歯を食いしばって今日も海や空の上で頑張っているのです。

 わたくしは思います。真の国防・治安維持とは決してミサイルの数やイージス艦の数、パトカーやマシンガンの保有数の多寡ではありません。その後ろに立って領土領海や防犯に常に関心を寄せる国民の世論の高さが本当の防衛力であると考えます。それは言葉を変えれば『銃後の守り』とも呼べます。特に国防に関しては今の日本にはハイテクの武器や優秀な兵士がいても銃後の守りがないのです。

 水と安全はタダの時代は遥か昔に終わっております。

 今、日本は危機管理を怠ったツケがまわり、これまでになく坂道を転がり、堕ちるところまで堕ちました。

 今、日本を信頼・尊敬している国があるでしょうか? 無いと思いますはっきり言って。

 でも、ここまで堕ちたんです。あとは上を向いて頑張って這い上がってゆきましょう。

 子や孫の世代の前に少しでも日本の地位向上のために頑張りましょう。

 我々は徴兵によって軍隊に行かなくてもよい国に生まれました。だからこそ、せめて銃後の守りをしっかりやってゆきましょう。そして第一線で頑張っている日本の防人(さきもり)に感謝しましょう。我々が日々枕を高くして眠れるのはこの人たちがいるからです。

 

019_01.jpg                      

 

中華民国 感謝状.jpg

 

                               【中華民国政府からの感謝状】

  史料は沖縄県石垣市に保管されていたもので

  内容は『中華民国8年〔大正8年 1919年〕に中国漁民31人が日本帝国 沖縄県八重山郡 尖閣列島和洋島(現魚釣島)に漂着し石垣村(現石垣市)の村民が熱心に看護し全員元気に生還することができた。その感謝に感状を贈る』とある

   日本が実効支配していた尖閣諸島を中国政府が日本固有の領土と公式に認めていることを裏付ける史料である

 

     尖閣諸島は我が日本の固有の領土です!!      

 

 

おまけ                                 asahi.comより

      

        日本の巡視船にぶつけられて船体に穴が空いたと怒ってましたが

 

穴なし.jpg                                   【石垣島出航時(中国の漁港に戻る)】 

                        うん船体に穴はなしと

 

穴あり.jpg                                     【中国の漁港に到着】

                あれれ何なりか?数字の横に穴がある

                   デビルカッターでやられたか? 

           「ある時」 「ない時」とはまるで551の豚まんの如しなり

                     恐るべし中国の漁船

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  さて先だって行われました社団法人 海南青年会議所9月公開例会

 『未来への贈り物~エコキャップでワクチンを in紀三井寺球場』に多数のご来場くださりまして本当にありがとうございました!

 各少年野球チームの皆さん、当日は昼間にも大事な試合があり、終了後すぐに紀三井寺球場に駆けつけてくださいまして感謝申し上げます。

 和歌山県人の野球の聖地であります紀三井寺球場で、子どもたちにのびのびと野球を楽しんでほしい。そこからこの例会がスタートしました。

 そして、この日もわが子をスタンドから応援するお父さん、お母さん。厳しいながらもしっかり子どもたちを想い指導する監督さんやコーチさん。この「人が成長するうえで欠かせない絆」がここにはありました。

 スポーツだけにかかわらず、何かにひたむきになることは良い事だと改めて感じました。

 

 そしてペットボトルのキャップをご持参くださいました皆さま、お手数をおかけしましてすみませんでした。皆さまから頂いた貴重な善意はしっかりと海の向こうに届くよう頑張ってまいります。

 かつて日本も戦後のある時期は国土が荒廃し、貧しく、薬もなく人々が苦しんでおりました。そのとき赤十字を通じ、世界の国々から沢山の医療品が届けられました。ある国では自分たちの使う薬を減らし、「日本の子どもたちが病気にならないよう使って欲しい」と手紙を添えて送られてきた事もあったといいます。そのおかげで日本ではワクチンが揃い、子どもたちが病気で亡くなる率が低下しました。世界の善意に助けられたのです。

 今度は私たちが善意のお返しをする番です。

 人を思いやる気持ちは一人称では完結しません。必ず相手がいます。

 その相手は海の向こうにいます。

 

 

 最後になりますが、海南JCメンバーの皆さん、本当にお疲れ様でありました。

 皆さんが各担当をまっとうしていただき今回の盛況がありました。

 準備のため、予定よりも早くから球場に来られた皆さん

 来場者でごったがえした受付を笑顔で対応された皆さん

 鉄板の熱さに汗だくになりながら焼きそばを作った皆さん

 放送室でトイレにも行けず全試合を記録、実況した皆さん

 アトラクションにもみくちゃになりながら子どもたちに笑顔で対応した皆さん

 きぐるみで全身汗びっしょりになり子どもたちから突かれながらも任務を全うした人

 グランドで進行を助け、走り回った皆さん

 写真撮影に走り回った皆さん

 見えないところで進行を支えてくださった皆さん

  本当にお疲れ様でありました!!

 そして橋爪委員長をはじめJC事業委員会の皆さん、少ない人数のなか各セクションで本当に例会を支えてくださいました。ありがとうございました!!

  メンバーの皆さんの「俺たちがやらねば誰がやる!」の精神が、あの紀三井寺球場の熱気を集めたのです。野球少年の心にも火がついたのです。

  あの時あがった花火は、野球の神様のちょっとしたご褒美かもしれません。

            皆さん本当にお疲れ様でした!!!

 

  少し休んで、また次のゴールに向かって元気出してゆきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

Go For Broke !  打ち砕け!

いつも心に太陽を!

  皆さんお疲れ様です。理事長の前田です。

  いよいよ明日、海南JC9月例会

     『 未来への贈り物 ~エコキャップでワクチンを in 紀三井寺球場~ 』

 が行われます。

 天気も晴れのようで、秋の夜空の下で開催できそうです。

 予報では若干涼しい風が吹くようで、皆さま健康管理にはお気をつけてくださいね。

 本職も冒頭挨拶のひとりリハをしております。

 さて少し前ですが(最近ブログが停滞しておりましたね 失礼をば致しました)

 JC事業委員会さんが会議前に下津町にあります焼肉の吉野で決起集会をするらしいと情報が海南JCのジェームズ・ボンド(007)から届きまして、肉食系の本職も急行しました。

 

 

おいおい.jpg

                   【JC事業委員会作戦会議中を撮る】

             右より

  橋爪委員長、小賀君ん?、廣田副委員長、吉野委員(吉やん)、山本委員(やまちゃん)

             あっ ひろポン(廣田副委員長)気づきやがったな

           本年・次年構想語り合う.jpg

                                【おやおや 小賀君 なぜに ゆえに】

            小賀君 実はめちゃ近所のため召集がかかりました

            そしてこの焼肉吉野の常連さんでもあります

    本職もここのお肉大好きであります(タレのどろーり感も絶妙です。白いご飯が何杯で  

    もゆけまする)

           小賀君来年頑張りよしよ わしも応援するさかいによ!!

         

本年度・次年度事業系委員長固め杯の巻.jpg

                         【男気固めの儀】

            この儀式 わかる方には「ああもうそんな時期やいしょ」

            となります。おわかりになられぬ方 通話10を押してください。

            お二人さん熱く語っておられました。

            小賀君 大変なセクションではありますが

            貴殿の笑顔とユーモアで必ず初志貫徹されるでありましょう!

            小賀君のJC活動における武運長久をお祈り申し上げまふ

           

            JC事業委員会の精鋭さん よろしくお願いします!!

            いざ! いざ! 紀三井寺球場へ!!

 

JC事業委員会精鋭.jpg

                 

                Go For Broke! 打ち砕け!

 

 

 

 アメリカ陸軍 日系二世部隊 第442連隊は、第二次大戦において欧州戦線でドイツ軍と果敢に戦った精鋭部隊であります。常に最前線に立ったため損害も多く、また他の部隊から「なぜ敵の日本人野郎がいるんだ」と罵られながらも、彼らはアメリカの故郷に残した親兄弟のため、親の祖国日本また自らの祖国アメリカの名誉のために戦い続けました。危機に陥った友軍部隊の救出も数限りなく、最後には442連隊は周囲の尊敬を勝ち得てゆきました。

 その後戦争が終結し、アメリカに戻り首都ワシントンで雨のなか凱旋パレードを行ったとき、この部隊の半分以上が戦場の野末の石の下で、元気な者は少人数しか残っておりませんでした。442連隊がその姿を現したとき沿道の人々の歓声が消え、ざわめきがなくなりました。やがて誰ともなくひとりひとりと、人々は手にした傘を閉じ、この部隊に弔意を表しました。そして沿道から

「おかえり!坊や!」という母親の声とともに再び大歓声が彼らをつつみこみました。

彼らがアメリカのヒーローになった瞬間です。

彼らの勇戦はアメリカ合衆国の歴史に刻まれ、今もその名を不滅のものとしています。

「Go For Broke!」 ( 打ち砕け!)は、この442連隊のモットーであり、少数になりながらも様々なものに対し果敢に突破した精神を表しております。

 

     

 

 

 

  おまけ

          テレパシー受信吉やん.jpg                   【吉やん 頭の毛 テレパシー受信中】  

            

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

燃えよ!和歌山魂

いつも心に太陽を!

  皆さんお疲れ様です。理事長の前田です。

  さてまもなく海南JCでは

  9月例会 未来への贈り物~エコキャップでワクチンを in紀三井寺球場

  が開催されます。

  和歌山県の野球を愛する者の聖地であります紀三井寺球場から

 世界で今危機に瀕している子どもたちの命を私たちのすぐ身の回りにあるペットボトルのキャップを沢山集めてワクチン代として届けようという運動です。

 

 NPO法人〔内閣府認証〕エコキャップ推進協会さんによると

   キャップ400個で10円のワクチン代ができ

   ポリオワクチンは1人20円 20円で幼い子どもたちの命が救えます。

 キャップを集めるという、あなたの行動が世界の貧しい子どもたちの命を守ることに

 つながってゆきます。どんな些細なアクションでも海の向こうでは、そのアクションで

 助かる命があるのです。 明日を待てない小さな命があります。

 

 かのマザー・テレサさんは生前このように申されておりました。

  「世界には二つの貧しい国があります 

   一つは物がない国 インド

   そしてもう一つは物は溢れているが、人々が無関心で行き交う国 日本」

 私たちの国はマザー・テレサさんから見たら心が貧しい国と思われていたのです・・・・。 高潔な方からのご意見だっただけに、知ったときはショックは大きかったですね。

 ですがね、言われっぱなしでは日本人の名がすたるってもんじゃありませんか!

 頑張ってこの例会を盛り上げてゆきましょう! そしてここ和歌山から国際貢献のアクションの炎を燃やしましょう!

 

NPO法人〔内閣府認証〕エコキャップ推進協会        

http://ecocap007.com/seturitu.html

  

 それからJCでは現在 公益社団法人 日本青年会議所(日本JC)が推奨するマラリア撲滅を目的とする国連基金協働運動『JCI Nothing But Nets』も展開しております。

 

マラリアは夜行性の蚊を媒体とする死亡率の高い感染症で、5歳未満の免疫力のない子供たちが犠牲となっています。その現状は深刻なもので30秒に1人、1日に3000人、1年で100万人以上の幼い尊い命が失われているのです。

感染を防ぐ最も効果的な対策として、国連が推奨する殺虫効果のある蚊帳の中で就寝することが有効であると実証されています。この蚊帳を一つの家庭に配布するための費用はたったの1,000円だそうです。

詳細は下記の日本青年会議所HP 国連基金協働運動欄をご覧下さい。

http://www.10jaycee.com/2010/network/   

 

 メンバーの皆さん、9月例会当日は大勢の地域の皆さんがお越しになられます。お一人お一人の役割分担・協力が不可欠です!

  少ない人数のなか日々夜遅くまで例会準備をされておりますJC事業委員会の仲間へのバックアップよろしくお願い致します!!!

 

 

 

 先だっては社団法人 白浜・田辺青年会議所さん(通称白田さん)の公開例会にお邪魔させて頂きました。 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  本日9月1日は「防災の日」でありました。

  大正12年(1923年)に発生した関東大震災の日付に因み昭和35年(1960年)に制定されました。

 本日は全国各地で防災訓練が開催されたかと思います。

 私たちのまち海南市も東南海・南海地震の発生エリア内にあります。

 最近は防災に関する書籍も『大震災サバイバル読本』とか『これだけは備えよう防災チェック!』など沢山でております。

 なかには「おいおい そんなサバイバルナイフ所持してたら警察に捕まるよ」的な指南書までありました。 ジャングルで野豚を狩る方法とか、ミラーを使ってのモールス信号とかも掲載され、はしづめ、失敬さしずめ ランボー養成本のようでありました。

 わたくしが体得したら リジチョー シリーズ 「リジチョー 怒りの脱出」 でしょうか。

 

 

 さて防災の備えというものはいくつかありますが、それはどの防災マニュアル本にも載っておりますので、そちらでご確認していただけたらと思います。

 ですが、罹災経験者として、申し上げたいことはただ一つであります。

 それは

あの巨大な揺れの後で、あなたはその防災グッズを使えます?

 です。

 実はわたくしもあの神戸の地震の前から枕元にマグライト 足元にスリッパを置いておりました。一応備えてはいたのです。

 ですが西宮市を襲った震度7の激震のあと、その防災グッズはどこかに消し飛んでしまいました。日の出前の真っ暗闇のなか、わたしの周辺は無数のガラス片、ガレキが散乱しておりました。たまたま起きて縁側に立っており、難を逃れましたが、あの不気味に青く光っていたガラス破片の床を素足でバリバリと鳴らしながら歩いて外に脱出した感触は今思い出してもゾッとします。足の裏は傷だらけになりました。

 改めて思います。本当の備えは、あの極限の状況であっても使える工夫なのだと。

 どんなに高価な防災グッズでも離れた所に置いていては意味がありません。宝の持ち腐れであります。逆にチープなものでも、確実に手が届くところにあれば有効なのです。

 今ではわたくしは、ライトもスリッパも敷き布団の下に置いております。これだと少なくとも揺れで無くなる確率は下がります。スリッパは底が厚いタイプです。非常用リュックもベットの下に置いてます。

 あと寝室には重く背が高いタンスは置いてません。圧死の原因になりますし、脱出の際、道をふさぐことにもなります。

 脱出経路の付近のガラス窓には飛散防止フィルムを貼りましょう。

 一家に一台ラジオを。 地域の情報(どこどこで炊き出ししているとか、お風呂の提供があるとか 義捐金の交付)の多くは地元のラジオ放送局から発信してました。

 薬や生理用品の備蓄を。コンビニで食べ物の次に無くなったのは女性用の生理用品、紙おむつでした。持病のある方は薬の予備も必要です。あとマスクもすぐ店頭から消えました。

 夏の震災で困るのは 蚊、トイレ (びろうな話ですが衛生的にきれいにしないと伝染

                     病の発生原因につながります)

 冬の震災で困るのは 寒さ (体育館などの避難所は底冷えします)

 日本家屋の場合 瓦が落ちてくる構造なので、あわてて外に出ない

                         (これで頭に怪我をした人が続出しました)

 避難時には家屋のブレーカーを落としましょう。〔通電火災防止〕

    (電気復旧時 コンセントに繋いだままの電気製品がショートして火災が多発)

 

 ●有って助かったもの

  *卓上カセットコンロ(ガスボンベ) たいがいの調理ができます 

  *バール ふさがったドアをこじ開け脱出しました。 

         ただ平時、クルマに積んでおくとお巡りさんに不審がられます。注意

  *ポリタンク、キャリーカー  水の配給時に必要に

  *消毒型ウェットティッシュ  有ると無いとで気分的に違います(GTSでも)      

  *ブルーシート  雨漏り対策 風除け   

  *シュラフ  いやあほんとに重宝しましたよ 持ってて良かった

  以上気づいた点を列記しました。

  また防災企画いろいろ考えてみます!

               

              皆さん防災に備えましょうね!!   

 

 

 

 

 

カテゴリ:

八月は夢花火

いつも心に太陽を!

  皆さんお疲れ様です。理事長の前田です。

  先日、JCのメンバーたちと海南市冷水浦の高台からマリーナシティーの花火を眺めておりました。花火はやっぱり夏の風物詩ですね。

 

 打ち上がる花火の玉は尺貫で表され、一寸=約3.3糎です。

 直径が三寸のものを3号玉で、一尺(約30.3糎)のものを10号玉と呼ぶそうです。

 大きいものでは40号玉(なんと4尺 約120糎 子ども一人分の大きさ!)

 すごいですなあ あっ因みに糎はセンチです ミリは粍 メートルは米であります

 我が前田家では漢字表記が多いです。しかも旧字体もバリバリ健在ですが、先日古い書物を発見しました。昭和6年発行その題に

 體育會とありました 何でしょう? 最後の字は会津の会だな 時代劇でよくでてきたな。

 骨に豊かか うーーーん・・・・・・・・ハッ! ハモか ハモを育てる会だわ ハモの梅肉あえ美味しいよなあ 満州事変の頃にそんな会があったんやなあ  と古書をながめ感慨に耽っておりました。

 お寿司屋さんの湯のみで確認するまでもなく ハモはさかな編に豊か であります。

 上記の旧字は【体育会】でありました。スポーツ記事やったんですなあ。

  

 花火に戻って

 夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして aikoの『花火』の一節ですが、上空から花火を眺めるのってどんな感じなんでしょうね。

 

 

11620402.jpg                

                   

                夏が過ぎ 風あざみ 誰のたそがれにさまよう

                   八月は夢花火 私の心は 夏模様

                                

                                  『少年時代』 井上 陽水 1991

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 さて我が海南JCメンバーでもあります藤山将材君のブログを観ておりましたら、ついに我が和歌山県の人口が100万人を下ってしまったと伝えておりました。

 平成17年にはまだ103万人あったそうです・・・・。インターネットでいろいろ観てみると、我が和歌山県のほかに四国の香川県も同じくでありました。

 あの讃岐うどんの聖地でも人口の減少は避けられないのですね。本当に美味しいですよ ここのうどんは 製麺所でそのままうどん湯がいて食べられますからね でもなんで香川県のうどん屋さんには味の素が置いてあるんでしょうな

 同じ境遇を戦う香川県さんに戦友愛を感じた理事長でありました。

 また讃岐うどん食べに行きますよ!

  美味しかったうどん屋(というより製麺所?) 

    中村     飯山町           ディープな雰囲気でした

    小縣家    満濃町              土器川という川の近くでした

    蒲生     坂出市 加茂町      のどかな田園の中でうどん啜ってました

     村上 春樹 著 「辺境・近境」 讃岐・超ディープうどん紀行を読んでそのまま電車に乗って旅に出ました。もう10年以上前でしょうか。一時讃岐うどんブームが有りましたが、お店のスタイルが変わってなければ良いのですが。

 うどんという食べ物は何かしら人間の殺伐さを削ぐパワーがあると思うのですが、言い過ぎ?(でもイライラしながらうどん啜っている人って見かけないっすよね)

 

 人口は多いほうが活気があって良いです。でも考えてみると、世界の人口約68億人もいてる中で、日本の人口は約1億2千万人、その中で関西人(近畿限定)は約2千100万人、そして紀州人である和歌山県民はこの8月1日で99万9834人です。

 逆にこの数字を見て、わたくしは和歌山県への愛情がさらに深まりました。

 この地球上にたったの99万9834人ですよ。

 このブログをご覧になっている和歌山県民の皆さん、僕たちは選ばれし民なんですよ! 貴重なんですよ! 京都や大阪を歩いていても、そんなに和歌山県民にぶつからないでしょ? ましてや東京なんかどうですか、わたくしは未だかつて首都でワカヤマ人にばったり出会ったことないですよ。

  ワカヤマ人とお話がしたい大阪府民の皆さん、阪和線紀州路快速は4号車から8号車に乗っている人はワカヤマ人だらけですので興味のある方はどうど。間違えて前の号車に乗っちゃうと日根野から関空まで行っちゃいますよん。

 

 

 さて『我が心のジョージア』 (Georgia on my mind) という歌はご存知の方も多いでしょう。ジャズソングのスタンダードナンバーとしてルイ・アームストロング、ビリー・ホリデー、エラ・フィッツジェラルドが歌いましたが、やはり有名なのはレイ・チャールズでしょうか。1960年のヒット曲で、のちにこの曲はアメリカ ジョージア州の州歌にもなりました。日本でGeorgiaというと缶コーヒーのイメージかな。

 この曲の雰囲気がワカヤマにもぴったりと思うのです。ジョージア州も和歌山に負けず空気が綺麗ですし。でもこの曲を聴いてると、人間ってどこかに心の故郷(ふるさと)を求めて生きてゆくものなんだなと。それが海があり、山があり、川がある静かな自然の中に求めるんですね。田舎で育った我々も同じ原郷を思い描きます。

 『まなぶの夏休み』というJC製作のDVDをご覧になった方はイメージしやすいかと思いますが、まなぶが里帰りしたあの村の風景が、ふるさとの結集だと思います。

 どこにでもあるようで、都会の周りにはもう見られなくなった田舎の風景

 その心癒される風景は和歌山にはまだ沢山残っています。

 都会の人々の安らぐ和歌山 それはそのまま私たちの憩いの地でもあります。

 この歌からそういったものを考えさせてもらいました。

 

 別に田舎でもええやん 人がまばらでもええやん (こういう歌詞やないですよ)

 俺たちはこんなにスゴい自然と愛嬌のある人間に囲まれてるんや

 みかんもうまいでー  魚もおいしいでー 歴史もやにこう古いでー

 そんなソウル〔魂〕ワールドが俺らの中にいつもある

 そやさけに俺は でったい東京行っても「大阪から来ました」って言わんっ!

 「和歌山から来ました」って言うたるねん。

 どこに行っても、俺の心の中にはいつも和歌山の風景があるから

 

   WAKAYAMA ON MY MIND ~我が心のわかやま~

 

ジョージアのところを わかやま に替え歌しております

あと わかやま らしく the tangerine(タンジェリン温州みかん系柑橘 )に 

 

WAKAYAMA,WAKAYAMA the whole day through
Just an old sweet song keeps WAKAYAMA on my mind
WAKAYAMA, WAKAYAMA, a song of you
Comes as sweet and clear as moonlight through the angerine trees 

Other arms reach out to me
Other eyes smile tenderly
Still in peaceful dreams I see
The road leads back to you

WAKAYAMA,WAKAYAMA, no peace I find
Just an old sweet song keepsWAKAYAMA  on my mind

わかやま、わかやま、我が心よ
ああ懐かしのわかやまよ、我が心のわかやまよ
わかやま、わかやま、あなたの歌が
甘く、はっきりと聞こえて来る 月の光がみかんの木々から差し込むように

見知らぬ誰かが私をそっと抱きしめ
見知らぬ誰かが私に優しく微笑む
幸せな夢見心地の中にいてもなお
その道はあなたの許へと私を誘う

わかやま、わかやま、安らぎの地はどこに
ああ懐かしのわかやまよ、我が心のわかやまよ・・

 

(うーん なんだか わかやま 表記だと

         古都清乃「和歌山ブルース」ですか・・)

 

 以上 わかやま替え歌のコーナーでした!

 ※ちなみにマイケル・ボルトン歌う 我が心のジョージアは

  以前空耳アワー投稿されてましたね

「GEORGIA、SWEET GEORGIA NO PEACE I FIND」

  「餃子、 水餃子 、のーりーたーま~」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

不屈のコンパネ車

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。暦の上では秋なのですが、暑くてたまりません。コンビニの清涼飲料水の売り上げがアップしているのも頷けます。でしょうね。

 最近お昼はソーメンが続いております。先ほどは私の隣で前田3号がトンカツを食しておりましたが、この酷暑に正気の沙汰ではありませんな。少なくとも本職がフライ物を食べるのは秋分の日あたりでしょうか。でもカダラは痩せないんですなあ。水分ゴクゴクなんで、お腹が踊るポンポコリン状態です。

 

 夏の日差しが昔より強くなったと言われますが、うーんどうでしょうか。本職の脳裏には小学校の頃、炎天下の校庭での朝礼のほうが強烈だったかと思いますがね。運動会とか大きくなってからの体育祭なども結構ハードだったです。まあでもサッカー部、野球部、ラグビー部に比べたら天国でしたけど。(剣道部の蒸し風呂状態で連続かかり稽古もある意味地獄でしたが) 今は校庭での朝礼もなく、運動部も水なし練習は禁止、うさぎ飛びで神社の石段を登るのも医学的に宜しくなくダメだそうで、時代は変わったなあと感慨にふける四十路理事長であります。

 さていつまでも変わらないものに我が名車コンパネ号があります。

カテゴリ:

故国日本を守られた英霊の皆さまへ

 

  先の大戦である大東亜戦争が終結して今年で65回目の夏がきました。

  わたくしが生まれる四半世紀前に、まさに日本は矢尽き刀折れ、この戦争は終わりました。

  爾来、焼け野原の祖国をもう一度立て直そうと、生き残った方々は全国で必死になってあらゆる分野で復興に邁進されました。それは物資もなく、連合国軍の統治下でもあり、並大抵の苦労ではなかった事でしょう。かつては一天万乗の君と称された昭和天皇も国民と労苦をともになされ、国民を励まされるべく各地を巡幸されました。

  

  生き残った先人の方々は、やがて再び日本を世界に冠たる大国に育て上げてくれました。経済ではアメリカに次ぎ、世界の首脳国会議では唯一アジアから我が国が参加し、国際的にも日本の存在は大きくなりました。

  「もはや戦後ではない」という言葉も生まれ、日本は物質的にも、文明的にも豊かな国になりました。国民の寿命も伸び、所得倍増計画も国をあげて行われた時もありました。

 

  毎年夏が来て、玉音放送がされた8月15日の正午には、かつて宮城をお守りした近衛師団があった場所で政府は全国戦没者を追悼しております。

  我々は常に、戦争で亡くなられた尊い方々の犠牲のうえに今日我が国の平和と繁栄があるのだと教わってきました。

  でも、その尊い方々である英霊の皆さまの体は、まだ祖国日本に帰ってきておりません。今もまだ南溟の海深くに亡骸が眠っておられ、大空で散華された方や孤島のジャングルや地下壕ではまだその身を横たえておられます。

  現在に生きる日本人の一人として、深くお詫び申し上げます。

  本当に申し訳ございません。英霊と申し上げながら、尊い犠牲と言いながら、皆さまのお体をまだ、祖国にお迎えしておりません。65年間も野ざらしにしたままでありました。 そんな国民が本当に世界から、心の底から尊敬されるわけがありません。

  皆さまの魂は、東京九段の靖国神社にお越しになられているとも教わりました。

  皆さまの残してゆかれた遺書には、「靖国で会おう」と記されておられます。本意ならずのお方もおられたかもしれません。

  しかしわたくしは、後世に生きる日本人として、せめて毎年 靖国のお社に伺いまして、故国日本を守られた英霊の皆さまに、わたくしの父母を守っていただき、そのおかげで今日の自分が生きていることに衷心より御礼申し上げ、そして皆さまが未だ帰らざることにお詫び申し上げ、最後にどうかこの日本国を天上よりお守りいただけますよう伏してお願い申し上げます。 これはわたくしが一生を終えるまで続けてまいります。 先人の方々が九段の靖国で待っていると申されているのです。後から生きる我々日本人が約束を破るわけにはゆきません。

 現在このお社をめぐり論争があることは承知しております。それによって参りたくない方々に強制する事はいけません。

  そこに魂があると信じる人が参るべきであり、それが礼儀であると思います。

  世界のどの国でも、その国のため好むと好まざるとに関わらず、戦い亡くなられた英霊を讃えます。その国の人がその国の英霊の名誉を守ります。

  我々日本人が私たちの英霊を守らなければ、誰が守ってくれるのでしょうか。

  どこの国の方が守ってくれるのでしょうか。

  理屈ではありません。わたくしの素直な気持ちです。

  

  あの戦争を戦われ生きてこられた方々も平成の時代となり、残念なことですが鬼籍に入られた方が多くなりました。貴重な歴史の証言者でありました。

 と同時に最近の子どもは、もはやかつて日本とアメリカが戦争をしたことも知らず、戦争が風化しているのではと危惧しております。

  歴史という事実から目を背けてはいけないと感じます。歴史は常に我々を見つめております。自国の歴史を大事にしない国民は砂上の楼閣のように、いつかは滅びてしまうでしょう。

  平和は唱えるだけで得られるものではありません。平和は時には国際情勢の中で勝ち取らねばならない時もあるでしょう。この国に生きる者として有事の際に日本を守るその覚悟を心の中に持っておきたいと思います。

  今の日本の平和は、本当の平和なのか、本当にいつまでも続く平和なのか、しっかり検証してまいります。強い風雨の中でも、嵐がきても、決して消えない平和の灯火をつくりあげます。

 

  英霊の皆さまを同じ日本人として誇りに思います。

  皆さまの崇高で至純な心をわたくし達は忘れません。

  また桜の咲くころ、皆さまにお会いいたしたく、九段のお社にお参りします。

  皆さまの魂が幾久しく穏やかでありますことをご祈念しつつ。

                                         前田 崇之

  

 

  

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。 しばし御無沙汰しまして失礼をば致しました。

 ここ数日和歌山県内に大量の花粉が飛来したのでしょうか、季節外れの鼻炎?で不調が続きました。先だっての8月理事会議では那智の滝の如く流るるハナミズキで理事メンバーの皆様の前で挨拶を致しました。びろうなものをお見せしてしまい面目次第もございません。・・・ズズっ あっ失礼いたしますた。まだまだテッィシュが手放せません。因みにティッシュは仏語の「帯」や「布」の意味である tissu からきております。わたくしはいまだに鼻紙と呼んでおりますが。(スーツは背広、ハンガーは、えもん掛け、JRは国鉄、足のサイズは、「文数いくつ?」 以上前田語録より)

 さて昨日は我が海南市では、ふるさと海南まつりが開催され、大勢の方々が会場にお見えになりました。今年も市内中心部にありますジャスコ跡地と隣接する燦燦公園の二ヶ所で行なわれました。

 我々海南JCは今年はいつもと違った趣向でブースを出しました。

 題して『夢の国のキャラメル味ポップコーン作戦』であります。

 ほおーメリケンのキャラメル味ポップコーンかえっ こりゃーええじゃあないですろーかのー

 わしゃ甘党じゃきに えろう気にいったぜよ (龍馬風に)

 

 このふるさとまつりのブースは新入会員さんが主役となって進められてゆきます。

 今年の新人さんはフットワークが素晴らしく、同期の結束が固く、何よりも全員男気が充満しております。 まっこてよかごつでごあんどなあ (西郷さん風)

 

 まつりは午後3時から始まり、ダンスショーや演奏会がメイン舞台で繰り広げられます。

 夕方を過ぎたころから人波があふれ、会場内に活気がでてまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

涙もろさは年のせい?

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 さて本職は本年度をもちまして青年会議所を一応卒業致すことになります。

 考えてみれば、教育機関以外で卒業を謳っているところは、青年会議所とモーニング娘とAKBええーといくつでしたっけ・・・88?多い?14?・・・・・・・・参議院議員は定数242人は覚えていたのですが・・・・すみません失念致しました。 まあこのグループくらいじゃないでしょうか。でもすごいですよ、青年会議所の全国大会ではいつも式典会場壇上にて卒業式を行うんですよ、昨年は沖縄の那覇で開催しましたが、卒業生が号泣してるんですよねえ。大の大人がですよ。人目憚らずオンオンと。それでまた現役メンバーも泣いとるんですよ。 でもね最近わかるような気がしますね。

まだまだ本年度は道の途上でありますので感傷にひたってばかりはいられませんが、

 四十前だからでしょうか、この頃つとに涙もろくなりました。

 別に庭先で咳をして、縁側でアルバムを開いて 明日とついでゆくわけではありませんが

  ( 秋桜 山口百恵の曲のまんまですやん)

 このあいだは、時代劇チャンネルで杉良太郎演じる『遠山の金さん』を観ておりまして、最後のお白洲の場面で薄幸の町娘を励ますシーンでまず第一ウルルンしてしまいました。

 まあわたくし、昔から動物の感動映画(『南極物語』『ハチ公物語』)や戦争映画(『ビルマの竪琴』、長崎の原爆永井博士の『この子を残して』、東京大空襲の悲劇『ガラスの兎』)を観ました時は、子どもながらに当時、涙かハナミズキか分からないほど落涙してしまいました。たぶん今観ましたら嗚咽をもらしてしまうのではないでしょうか。

 前田家では、男は便所で隠れて泣けと教育を受けてまいりましたが、映画など視覚的にこられるとあまり履行されてきておりませんね。

 最近寝る前にはパソコンでユーチューブなどをよく観ているのですが、   以前 【自衛隊】【震災】で検索しておりましたら (たぶんわたくしは他の方と検索キーワードが違っていることは認めます。はい。)

  阪神淡路大震災復興支援で活動された自衛隊さんと地元神戸の被災者の方々が最後に別れを惜しんでいるシーンを収録した映像があり、観ておりましたら

  すみません・・・・わたくし涙で画面が曇ってしまいました・・・・・

 

  わたくしも15年前、西宮市で罹災いたしましたが、でも当時の辛い事が想いおこされたのではなく、あの同じ時に、同じ空の下でただひたむきに頑張っていた自衛隊員さん、そして神戸の街を再興するんだ『頑張ろうKOBE!』で団結していた我々被災者の心の交流がたしかに有ったことを思い出しました。理屈じゃない、本当に助ける側と助けられる側が一つになっていました。西宮もそうでしたし、たぶん神戸のあちこちでも見られたことでしょう。自衛隊さんだけではありません、全国のお巡りさんや、消防官の方が日々治安の維持に努められました。電気やガスや水道会社の方も日に夜に神戸のライフラインの復旧に尽力されました。

 あの時神戸のために誰もが頑張った。そんな無我夢中の時間が映像という形で残っており、改めて画面の中の風景を眺めたら、圧縮保存されていた記憶が解凍されたように溢れ出ました。

 こういった記録があって良かったと思います。

 メディアは一度も伝えなかった真実です。でもわたくしはあの地震の罹災者として、しっかり覚えております。そして神戸を助けてくれたすべての方々に感謝申し上げます。

 本当にあの時はありがとうございました。

 残りの人生は、今度はわたくしが助ける側に立って頑張らねばなりませんね。

 

 

 全国に展開する青年会議所も地域の防災に力をいれております。あの震災のあとで、何が足りず、何を必要としていたのか、体験者として少しでも青年会議所で活かせればと思います。

 

 今年の全国大会 小田原大会 卒業式ヤバいですなあ。

 もらい泣きも多いもんですから。 今からハンカチ3枚ほど準備しましょうかね。

 あ、あと『はじめてのおつかい』シリーズも感情移入してダメですぅ・・・・ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

涼風に夢のせて

いつも心に太陽を!

  皆さんおはようございます。理事長の前田です。

 さて1日の日曜日わが海南市でイベントがありました。

 『かいなん 夢風鈴まつり』であります。

 ふるさと海南を元気なまちにをテーマに日本の夏の風物詩である風鈴とわが街の伝統工芸である漆器がひとつになったオリジナル風鈴です。

 この日はオープニングイベントがJR海南駅西側広場で行なわれました。

 本職も見学してまいりました。

 

風鈴まつり.jpg                     【朝の準備中のひととき】

 

  午後2時からイベントは始まりました。 この日は市内各所にある10ヶ所の神社と海南市物産観光センターを巡るスタンプラリーの出発式も行なわれました。各ポイントとなる市内由緒ある神社には、漆器風鈴に市民の皆さんが書かれた夢が短冊に記され、沢山飾られています。 8月15日までの期間で実施中とのことです。

  

  この日も太陽が照りつけ、真夏の炎天下でしたが、不思議と涼やかな風鈴の音色があたりに響くと、汗がひいてゆく感じがしました。 

  そこにJCメンバー発見!!

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

真夏の夜の会議

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。酷暑が続きます。皆さん熱中症に気を付けて下さいね。本職も屋外や地下などで作業などでは水分補給に心掛けております。先日は事業所の草刈り、剪定に勤しみましてございます。熱中症対策には併せて塩分の補給もお忘れなく!黒糖塩飴がMyブームです。以前間違えて塩キャラメルを持ってきてしまい、歯にこまってマイリマシタ。(大阪で通じない和歌山弁ベスト3に入るでしょう こまる ⇒ 別に路頭に迷っているわけじゃーございません。 歯に物が挟まったり、くっついたりしている状況をいいます)

 因みにその他、県外ではほとんど通用しない和歌山弁は

*おかえさん     ⇒ 岡江 久美子さんではありません、おかゆのことです。我々和歌山

                県民の言う【おかえさん】は茶がゆであります。白粥だと近所の 

                おばちゃんが「おまはん かで(風邪)ひいたあるんか?」と気遣

                ってくれます。

*水せった      ⇒ 本職が20年前の学生時代に当時岬町の女の子と南海箱作ピチ

                ピチビーチに泳ぎに行った時、「あ、わし水せった忘れたわー」と

                言ったら「何言うてんのー」的顔をされました。大阪ではビーサン

                と言うねんでーと自慢げに言ってました。ビーチサンダルのこと

*どちらいか     ⇒ 年配の方がよく使われますな。本職も昔、道を教えてもらった時に

               最後 これを聞きまして「どちらへ行かれるの?」と勘違いして

               「はい!岡崎の免許センターまでです」と元気に答えましたら、

               御老体「・・ああそう・・きをつけてよ」 「ハイっすみませんでした!」

               「いえいえ どちらいか」 「えっ? そやさけに岡崎ですわー」   

               「・・・・・・・ああ・・・・そう・・・・」初めてのデートのようなぎこちない

               空気に包まれました。       どういたしましての意

 

  あとは和歌山県民も んん?と唸る言葉といえば某CMの

  ころもし ぼっきんこ てんてらてん          「もう分かりませんね」

きけば有田地方(海側)の言葉とか 有田JCさん合ってますか?

ころもし     ⇒  とても       「ころもしなあ~」

ぼっきんこ    ⇒  小銭 チャリ銭

てんてらてん  ⇒  てっぺん、テカテカしている 例「Gパンのひだ てんてらやいしょ」 

  そういえば長原成樹さんも探偵ナイトスクープで調査してましたね。    

  以上 「わえの和歌山弁いくど!」の時間でした。

 

気が付けばもう8月になりました。

夏の定番 横浜サマーコンファレンス2010の御報告もまだでしたね。今回は谷脇委員長も横浜に来られましたので、JCプレスで先に皆さんにご覧頂きましょうかね。泉佐野大会の記事も併せてどうぞ。ブログでは細かいネタを用意しておきます!

それではそれ以外で最近の写真です

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 まずもちまして、昨日は私どもの(社)海南青年会議所 7月公開例会『冤罪 ~報道被害者から見たメディア~ 』に多数の地域の皆様のお力添えを賜りまして誠にありがとうございました!受付時に「河野さんのお話を聞くの今日まで楽しみにしちゃーあったでっ」と名高の知り合いのおばちゃんもおられました、また講師先生へのプレゼントを手に時を忘れて熱く熱く熱弁された方もおられました。会員だけの例会では味わえない空気です。

 そして遠くは鹿児島県は大隈諸島 口永良部島(くちのえらぶじま:屋久島の北西隣)よりお越し下さいました河野 義行先生ほんとうにほんとうにありがとうございました。 講演前に控室にご挨拶に伺いましたら、お疲れにもかかわらず、明るく接してくださり、お心遣い感謝申し上げます。 島での生活ぶりを楽しそうにお話される先生のお姿を拝見しまして、自然を愛する方々に共通する『やさしさ』そして『気配り』が感じられました。わたくしが抱いておりました先生のイメージのギャップ?に少しびっくりしちゃいました。

 でも講演が始まりましたら、やはりあの松本サリン事件を発端に、先生の身に降りかかりました言われ無き犯罪者の烙印がこうも凄まじいものだったのかと戦慄が走りました。これがもし自分だったら最後まで正義を貫き通せるだろうかと。

 私たちの国は法治国家であります。わたくしは公権力というものの必要性を当然感じております。なくてはなりません。しかし同時に人間は万能の神ではありません。あってはならないことですが、公権力の行使に瑕疵(かし)が見られた場合、たとえば誤認逮捕、不当な拘束や収監、行過ぎた取調べ、結果的に国民の生命が著しく危険に晒された場合、人権の侵害、所有物の損害滅失に対し、速やかに国は国家賠償を行い、原状回復をせねばなりません。それが完遂されてこそ国家と国民の信頼関係が維持されてゆくと考えます。

 先生は申されました『何もしていないのだから、証拠となるものは存在しないのですが、それを警察やマスコミ、そして世間の人々は求めてくるのです。』

 よくよく考えてみたら恐ろしいことですよね。 ゼロのものを差し出せと言われるのですから。これほど不合理なものはありません。

 とにかく冤罪に対して危機意識を持つ。つまり冤罪なんて自分には関係ない。俺はまっとうに生きてきたんだからという発想は、俺はしっかり安全運転しているから交通事故は無縁だという理屈に通じます。 交通事故は時には巻き込まれるという悲惨な例もあるように、冤罪こそは、自分の意思に関わらず巻き込まれる最たるものでしょう。決して無関心はいけません。そして無いことを祈りたいのですが、不幸にしてその当事者になってしまった時は、絶対に諦めず、法に基づいて毅然と立ち向かいましょう。 そしてマスコミからの偏った情報、時として情報操作には、国民の一人一人がそのメディアの情報に対して鵜呑みにせず、正誤チェックをしてゆかねばなりません。それを怠ったとき、我々が冤罪被害者をつくりあげてしまうのです。被害者と加害者とは紙一重の存在なのだなと、その恐ろしさを河野先生から教わりました。

 河野先生誠にありがとうございました。 先生の「JCさんはしゃきしゃきしていていいですね。」とのお言葉ありがとうございました。そのあとの「まるで警察学校のようですねえ」と笑っておっしゃられましたが、わたくし「んーーと?これは笑ってもよいのかしら?」と逡巡してしまいました。先生失礼致しました。

 最後お帰りの際に渓流釣りの話と川魚の一夜干しの作り方など貴重なエピソードもお聞きでき、先生のアウトドア趣味の広さにびっくりしました。 島でのお暮らしいろいろご不便もあるかと思いますが、お体には充分にお気をつけて、究極のアウトドアライフが日々充実されますことをここ紀州よりお祈り申し上げます!

 

 本日のおまけ

 

例会看板.JPG            【会場は海南保健福祉センター2階 多目的ホールでした】 

 

セレモニー司会担当.JPG                     【セレモニー担当司会者】 

              中尾君です。 開始前のひととき 入念にチェック

     例会司会担当.JPG

                      【例会担当司会者】

               ミスターGTS 割石君です。 声のチェック中

    駐車場隊 日置隊長 頑張るぞの舞.JPG

                     【駐車場部隊  日置隊長】

               秘伝 ≪これから駐車場係頑張るどーの舞≫

 

 

   そしてこの例会には多くの海南JCご卒業のシニアクラブ先輩の皆様もお越し下 

  さりました。先輩の皆様ほんとうにありがとうございました!!

  以前第二回直後会にもPRに伺わせて頂きました

第二回直後会.jpg

                  【直後会のお歴々 OBの皆様です】

          あまりの豪華キャストのため、まばゆ過ぎてややピンボケ状態です

          世に言うロイヤルストレートフラッシュがえしの術であります

          この日は 当会 永久監事上山先輩はご欠席であられました。

                                    焼肉 ガチ石頭にて

    

カテゴリ:

海の向こうで頑張る仲間に

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  さて本日は祝日でありました。『海の日』であります『海物語の日』ではありませんので、パチンコファンの方々あしからず。

 この海の日は『海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う』ことを趣旨としています。(祝日法より) 

 世界の国々の中で、『海の日』を国民の祝日としている国は唯一日本国だけだそうです。祝日化される以前は、海の記念日という名称であり、これは明治9年(1876年)に明治天皇が東北地方巡幸された際、それまでの軍艦から汽船明治丸によって航行され7月20日に横浜港に戻られたことに因み制定されました。現在は改正祝日法の施行により7月第三月曜日になっております。

 

 さて先だって我が同志 海南JC坂井副理事長がラクロス日本代表に選ばれ英国はマンチェスターに向けて出立されました。

 7月理事会のあと、有志で『祝 坂井君 ラクロス日本代表 壮行会』を海南JCゆかりの地マイカー食堂で行いました。 ホンマに盛り上がりましたなあ

 しかし・・・・・・・・ 理事長一生の不覚であります・・・・デジカメのデータを誤って消去してしまったのれす・・・・・・世が世であれば切腹モノであります・・・。

 坂井君  すまんのー許せよー(横山たかしで)

 

 ほんとに最高の写真が撮れておりました。 ロバート・キャパもびっくりの

 ピューリッツアー賞間違いなしの作品でした・・・・・・。ああ無念・・・・。

 ですから、ここからは皆さんイマジネーションの世界になります。

 皆さん 想像してください (♪イマジンを聞きながら)  

  Imagine all the people  さあ想像してごらん みんなが

  Sharing all the world   世界を分かち合うんだって

 

 想像してください 

 ①はにかんで、赤面している坂井君 コーラを一息で飲み干す坂井君

  常に口は動いている坂井君 そう常に。

 

 想像してください

 ②酔って直前理事長にだんだんタメ口になる、命知らず内海君(プーチン 最近はオランダのサッカー選手ロッベンといううわさも)。声は笑っておられるが、目は決して笑っていない前窪さん。右手のこぶしは次第に強く握られ、得意の南斗水鳥拳が炸裂する寸前であった。そして内海君の後頭部を食い入るように凝視するドラマ海猿主人公似の土屋副理事長。プーチンの前では笑いながらチャーシューを食べる坂井君。

 

 想像してください

 ③大ちゃんこと木地君(海南のユースケ・サンタマリア)が織りなす漫談(中身はここでは無理です・・)。しかも身振り手振りが絶妙で、最後はいつも一人爆笑で自爆しちゃいます。あのシュコシュコという身振り(それが何かは防衛機密であります)は全員大爆笑でした。向こう側では小浦君がボソっと毒舌?発射し、谷脇君爆笑したところ酔狂ロッベンの餌食になる。割石君はオバマ上芝君と密談中。 阪口委員長日ごろのロッベン疲れで目が糸目に・・・  途中土屋君の「ハゲちらかし」という和歌山弁?に全員爆笑 たしか中川家もよく漫才で多用していたような

 で笑いながら餃子を食べる坂井君

    

  

  You may say I'm a dreamer    君は僕のこと夢想家だというかもね

  But I'm not the only one      でも僕はたった一人じゃない

  I hope someday you'll join us    いつか君もみんなと一緒になり

  And the world will live as one   そして世界は一つになるんだ

                      Imagine John Lennon 1971

 

    海の向こうでは私たちJCの仲間が日の丸を胸に頑張ってます

 出国直前 成田より坂井君からメールが届き、先発メンバーに選ばれたと報告がありました。

             坂井君頑張れよー!!

 

サムライラクロス.JPG                  【坂井君から頂いた サムライ ラクロスのTシャツ】

              日の丸をモチーフにしたグッドデザイン!!

              本職の日の丸グッズがまた一つ増えましたね

              幸運のMy携帯日の丸もとなりに 必ず勝ちますぞ!!

                  坂井君 武運長久を祈っております

 

     海の日に因み

   国際信号旗です。船は必要に応じて信号旗を掲げて相手側に意思を伝えます。

   主なものにアルファベットのAからZまでの26個の1字信号と

   二つのアルファベットを組合わせた2字信号があります。その中で、下のUとWと

  のセットは

   「安全なる航海を祈る」という意味です。

   公海など大海原で2隻の船が行き交う時は、双方UW旗を掲げ、互いに相手の

  ご安航を祈るのがシーマンシップに則った礼儀だそうです。

      

f_u.gif                           U 旗 

   f_w.gif                                              W 旗  

       

   坂井君をはじめ世界で頑張っている日本の皆さんのご安航を祈っております!

 

 

 国旗掲揚.JPG                         【前田家の国旗掲揚】

                我が前田家の日の丸です これは中型版です             

                この国旗はかつて汽船に掲げられた歴史ある

               日章旗であります。

                皆さん祝日には国旗を掲げましょうね! 

             

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  さて少し前になりますが、7月14日(水)奈良市内におきまして

     『 2010 公益社団法人日本青年会議所 全国会員大会運営会議

        2013 第62回全国会員大会 主管立候補青年会議所

                   現地調査並びに対話集会             』

  に参加してまいりました。

  この日関西は各地でゲリラ豪雨が発生しており、奈良市内も激しい雨でありました。

  桜井線の線路の一部が水没したとアナウンスがありました。和歌山に戻れるかな・・・。

 

JR奈良 せんと君.jpg

                            【せんとくんのお出迎え】

        

       奈良駅構内.jpg                       【趣のある奈良駅構内】 

        すっかり奈良駅も変わりましたね。高架になってましたもん

        でも古都奈良らしい内装です

 

  まだ時間があったので周囲を散歩しました。

       

       旧国鉄奈良駅庁舎.jpg                         【旧奈良駅庁舎】 

     寺院風の駅舎だったんですね。昭和9年の誕生で、工事費は10万7千円

    (現在に換算すると約30億円)であったといいます

     当時の日本は国粋主義的な様式の建物(いわゆる帝冠様式)が流行りま

     したが、この駅舎は設計者が独自に考えた和風デザインでした

     屋根の上に相輪(仏塔の頂上にある金属の飾り)を載せることには当初寺院

     側の反対もあったそうですが関係者の尽力により実現。後年この駅舎は高架工事

     に伴い解体撤去が計画されましたが、市民の保存の声が高まり、2004年に

     旧駅舎を曳家(ひきや)とよばれる工法で北側へ18m移動し現在は奈良市総合

     観光案内所として第二の人生を歩んでおります 良かった良かった

 

遣唐船 模型.jpg                       【総合観光所内部】

        ロビーには遣唐船の模型が飾られておりました

        弘法大師もこの船に乗って唐に渡ったんだなあ

        空海上人といえば ハイ

          「焼きもち 曼荼羅 ごま豆腐 9月はみんなで高野山!」

 

 

   あおによし奈良といえば、本職は中学校時代は剣道少年でしたので、よく村上もとかの 

 漫画『六三四の剣』を読みましたね。そのなかで奈良の剣豪 東堂修羅が有名で、

 主人公の夏木六三四の剣友でもあり親子二代に渡っての宿敵でもありました。カビ臭い

 剣道部の部室で読むと臨場感が溢れるんですなあ これが。

   さて時間も迫ってきました会場に向かいましょう。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

9月はみんなで高野山!

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  本職、出張という名の旅から戻ってまいりました。また昨日は那賀JCさんのエリアであります岩出市にて、和歌山ブロック協議会会員会議所会議に出席してまいりました。

  時系列的にこの数週間いろんなところで写真を撮ってきました。また順次[蔵出し]写真&記事をご紹介します。

  まずは昨日の会員会議所会議では冒頭、先だっての近畿地区会大会 泉佐野大会で主管なされた泉佐野青年会議所 角谷 慎治理事長はじめ大会実行委員会の方々も泉州よりお礼にとお越しくださいました。

 

泉佐野JC 理事長御礼.JPG

                   【泉佐野大会参加協力の御礼に】

            画面中央に角谷理事長そして実行委員会の皆さん

 

        角谷理事長本当にお疲れさんでした。理事長の掲げられた

        『真直ぐに 志を抱いて 「せめて私だけは」の精神で』の心意気は我々にも直

      球で届きましたよ! 理事長が明るいところはメンバーも明るく、理事長が熱いと

      ころはメンバーも熱いんです。だから理事長という者は常に心は太陽でなければ

      なりません。それが理事長の使命です。泉佐野JCの皆さんが熱かったのは、や

      はりこの方が熱かったからです。本当にお疲れさんでした。同じ関西人としてこの

      泉佐野大会は誇りです。

 

      粛々と会員会議所会議が始まりました。議案数は審議事項14件、協議事項6

     件、そして報告依頼事項は10件という殺人的メニューであります。我々理事長は午

    後から出席ですが、ブロック役員の皆さんは午前からです。「昼御飯食べる時間有っ

    たんかな~」と気になるほどの詰まり具合です。さぞかし我が海南JCの爽やか君も

    目の下にクマが出来てるのかなあと役員席を見渡せば、犬の尻尾のように手を振るノ

    ダリンが!しかも超ニコニコ。元気なやっちゃなー!! でもここの委員会は野田君が

    いてる限り常に笑顔が絶えないでしょうな。 心に太陽有り!!

     それから御当地青年会議所であります阿部理事長のご挨拶あり、阿部理事長から

    出席者全員にかわいいプレゼントを頂きました。

 

たまあられ.JPG                  【たま駅長やーーん かわいいなあ】     

         和歌山電鐵 貴志川線 貴志駅のスーパー駅長のたまです。

         三毛ちゃんですね。たまブームすごいです。そうだフランスの映画

         (邦題)『猫を探して』にたま駅長が出演?されてます。8月7日

         に大阪で先行ロードショーのようですね。 ネコ好きの本職には

         たまりません。最近ネコのブログに萌え萌えしている本職です。

 

     阿部理事長どうもありがとう! ちなみに味は、しょうゆ味、サラダ味、素焼き

    と三種類あり、どれも美味しかったです(みんなで物々交換しました)

 

     ハードな会議でした。しかし何よりもしんどかったのは、上程される委員長・担当副

    会長さん、そして運営スタッフさんでしょう。ここに行きつくまで沢山の時間を費やした

    ことと思います。お疲れ様です!

     午後3時に始まり、最後の案件が終わったのが午後7時半をゆうに過ぎておりまし

    た。全員「ふう~~~~(汗)」 でもノダリン 超ニコニコ  恐るべし。

     和歌山ブロック協議会も後半戦に突入。

         和歌山県民JCメンバー頑張ってゆきましょう!!

 

     野田委員長 審議可決したねえお疲れ様! 

     9月11日~12日のアカデミー事業 研修事業頑張ろうな!

     合言葉は

 

    「 焼きもち 曼荼羅 ごま豆腐 9月はみんなで高野山 !

     座禅に  写経に ごま豆腐 9月はみんなで高野山 !

      精進料理に ごま豆腐  9月はみんなで高~野~山!!」

     

       以上 皆さん朝夕三回唱えてください

      

     

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

民意を尊重されよ!!

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  梅雨真っ只中の今日この頃であります。先だっては参議院選挙がおこなわれ、本職も国民の義務であります投票に行ってまいりました。(期日前投票ですが)

  我々JCもこの選挙の前に公開討論会を各地で実施し、我が和歌山でも各候補者が壇上にて持論を展開されました。候補者の声を直に聞く事ができる公開討論会は、今後も是非JCが主導して行なって頂きたいと思います。

 

 選挙の結果につきましては、皆さんもご存じかと思いますので、ここでは述べませんが、この約10ヶ月間与党が行なってきた強引な国会運営、特に野党の要求した不信任案、予算委員会を拒否したままの国会解散は、民主主義の根幹を揺るがす所業であったと国民の一人として感じた次第です。これといって存在感もなく、まったく目立たなかったステルス野党も問題ですが。

 そして選挙後の出来事で驚いたことに、今回の選挙にて神奈川県で落選した千葉法務大臣が閣僚を続けるという。

 何を考えているのだろうか?

 そもそも選挙とは、その議員が今後も活動しても良いか、悪いかを改めて確かめるものであります。国民の、市民の審判が否と出た場合は即日その者は、その地位や身分を国民に返さねばなりません。

 総理はあくまで時限的と言われております。節目までと申されました。それは党の代表選までだとおっしゃられるのなら、これほど民意を馬鹿にした話はありません。

 もちろん緊急時や非常時に国務大臣が変わるのは国益にも関わってきます。しかし今はそんな状況でしょうか? 穿った考えで恐縮ですが、何かほかに真意があるのでしょうか?

 いまだかつて落選した現職閣僚が、そのまま閣僚を続けるなんて聞いたことがありません。 運転免許が失効した者がそのまま公道で自動車を運転しているようなものじゃありませんか。ましてや法の正義と真理をつかさどる法務大臣ですぞ!

  いったい何のための選挙だったのか!

  まったく国民を馬鹿にしないで頂きたい!

       与党 政府は民意を尊重されよ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  長らくのお暇すみませんでした。本職、近畿地区協議会が行なっておりますGTS(グローバル・トレーニング・スクール)2010に、我が同志 割石 会員開発副委員長とともに参加してまいりました。

 いやあー暑かったです。そして気持ちも熱かったです。

 また詳細を割石副委員長と協働でご報告いたしますので、宜しくお願いします!

 今回のGTSはカンボジアの子どもたちと一緒に時間を共有できたことが嬉しかったですね。

 可愛いかったですよ! 一年生と四年生を二日間担当しました。

 最初は先生になった気分でしたが、なかなかどうして最後は子どもたちにいろいろ教わりましたね。

 只今写真の整理をしています。本職が450枚、割石副委員長がそれ以上撮ってます。

 がいな数です。

 少し紹介しましょうか

 

コパトゥーン小学校にて教育実習〔4年生担当〕.JPG            【シェムリアップ コパトゥリー小学校 4年生の子どもたち】

    もう可愛いねえ本職も29年前はこんなつぶらな瞳をしていたんだなあ(たぶん)

    ちなみに、うしろでカメラを持ってピースをしているのは日本の人ですので。

    大西君[大阪]わたくしずっと現地の人と思ってました。

 

ヘロヘロですわ(気温38度 湿度80%.JPG                     【もうヘロヘロですわあ】    

          気温37度  湿度80%  四十路前のかだらにはこたえます

          道路の路肩補修作業(盛り土)にて

          後方で「大丈夫かなあー?」と眺めているのは

          うちの班長の尾形君(通称シャローン)[奈良]

          敬老の精神でほんとにいたわっていただきました

          シャローンかたじけない

 

  ちなみに海南JCでもGTSが秘かに進行中です。

  ルフ・レーニング・クールですか ねっ?ゴルフ王子殿?

 

  さあ気持ちを切り替えて、7月例会に向けて

  頑張りましょう!!

  メンバーの皆さんそれぞれ、参加動員のご協力お願いします!!

  ひとりでも多く呼びかけましょうね!!

  それから10日の泉佐野大会の参加もお願いしますね!!

  大懇親会のブース出展は、海南市・紀美野町のPRですから

  皆さん全員が我がまちPR大使ですよっ!!

 

DSC03155.JPG                          【関空より】

           7月10日の泉佐野大会の会場はこの関空の対岸です

     ノッポのビルが式典・講演会場 《りんくうゲートタワー》

  大懇親会はそのすぐ隣のりんくう公園です

     

s_jc2-1.png          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんおはようございます。理事長の前田です。

  さて新宮大会 懇親会の続きでしたね。

 この後 理事長は憩う時もままならず、駆り出されてゆきました。

 

クッキングパパたち.jpg

                                  【クッキングパパたち】

        なぜこのような家庭科の時間のようないでたちかと申しますと

 

この10分前のことです

デデーンとマグロ.jpg                      【マグローーーー デデーーーン!  】

           そうです新宮JCといえば 世界に誇る マグロの解体ショー!

      で、

      包丁を握られるお方は

      名さばき 深瀬先輩.jpg

             【昨年 新宮JCをご卒業されました 深瀬先輩!!】

   昨年はブロック総務褒賞委員長をなされ、本職もゆえあって臨時総務褒賞委員を

   拝命し、短い時間でしたが、深瀬先輩と行動をともに致しました。

   深瀬先輩その節は誠にありがとうございました!!

   演歌の流れる中、名さばきが始まりましたーーー

   で気が付けばブロック会長、各理事長が刺身におろしてゆくことに

   何なりか? そんなーーわし無理やーーでけへんでーーーーーーーー

 

   そんなわたくしの講釈は、熊野三山のこだまと消え失せました・・・・ はいはい

        食への感謝.jpg

      【まずは食への感謝の祈り 海の神様ありがとう ありがとう 浜村 純です】

       いざ.jpg        【♪包丁一本~ サラシに巻いて~ 旅に出るのも~ 板場の修業~ 】  

  その後本職のマグロの刺身がどうなったかは だれも知らない・・・・・・

 

    絶品カマを持つ小椋.jpg

                【これは ホンマうまいでっせーー!!

        マグロのカマを持ってきてくれましたよ  

        これが絶品なのですよ  トロリととけるほどやらこい身

         うっ うまいッ かーーー うますぎるーー

        今回も新宮で食べることができました 本望であります

        一度いうちのばあ様にも食べさせてやりたい(山口県の山間部ですので)

   

  

   後半はさらにつづく肉体アクション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんおはようございます。理事長の前田です。

 夏の朝は陽が明るく、早く目覚めてしまいます。年をとったせいでしょうか。

 そのうち波平さんみたいに朝から盆栽をいじってるのかなあ。って言うかミニ盆栽(ケヤキ)ありますけどね。なかなかいいですよー。

 

 さて先日新宮の地におきまして和歌山ブロック会員大会 新宮大会が行なわれました。

 新宮エリアには、これまで何度訪れたかわかりませんが、神々が降り立った地であり、神秘の源であります。 我が和歌山県はそういった意味では北に高野山をいただき、南には熊野の地と、日本の原型であり、日本はここから始まったのだという畏敬の念がふつふつと湧いてまいります。

 JCの大会では数年前におこなわれました、近畿地区会員大会では那智勝浦町の漁港での大黒 摩季さんライブが最高でした「れ・れ・れ」、あっこれはバカボンでしたね「ら・ら・ら」のサビの部分の合唱は良かったなあーー。あれは95年やったなー、学生時代を思い出しましたよ。マグロもメチャメチャ美味しかった!!

  今回も新宮と聞いて「この距離はもはや旅やな」と自分に言い聞かせ、旅らしく、行きは電車にしました。

  大会の詳細はまたまた谷脇 編集長におまかせしまして、順を追って理事長カメラの記録をご覧頂きましょうか。

 

 

田辺駅.jpg

                       【田辺ゆかりの偉人さん】

                  海南駅にもこういうのあったらいいかもね

                 チャンバラトリオ南方師匠ものせて欲しいなあ

    霞む大島.jpg

                        【雨に煙る 大島】

              特急くろしお号から 左奥に樫野崎灯台があり

              トルコのエルトゥールル号はその沖で遭難しました

       パンダちゃん.jpg

                        【パンダちゃーん】

            特急のキャラクターでしょうか。終点の新宮駅にて

   理事長前泊しました(新宮ユーアイホテル)

   今回は我が海南JCから小椋君がブロック会員交流委員会に出向しており、彼もまた前泊して会場設営に奔走しておりました!!

   市内 養老館にて2009年の理事長の皆さん、歴代ブロック会長、そして和歌山JCを昨年ご卒業された、新宮をこよなく愛される重光先輩が懇親をされていると聞き、急きょ伺いました。この日は皆さんゴルフコンペだったそうですが、5メートル先も見えない濃霧のため、気持ちを切り替え?お寺巡り、滝巡りに変更されたそうです。これはこれは。

夜もひとしきり降る雨でしたが、いやいや晴れ男 岡鼻理事長のおられる新宮であります。明日は晴れと信じ夢路につきました。むにゃむにゃ。

    式典会場.jpg

                                    【式典会場】

            晴れましたねー さすが岡鼻理事長! 上原委員長!

          でも、かなーり蒸し暑いです・・・・・ 扇子持ってきて良かった

          今回の大会のテーマは

               元気紀州 GENKISYU

            ~陽はまた昇る 紀州(ちいき)を照らす光明たれ!~

            

        記念講演.jpg

                                     【記念講演】

          土佐の高知からお越しのデザイナー 梅原 真(うめばら まこと)氏

          コミュニケーションデザイナーの必要性について

          映像には土佐名物 鰹のたたき ですが、昔ながらの藁で焼く手法を

          守っています。 『漁師が釣った 漁師が焼いた』このフレーズを筆字で

          入れた製品は売上アップしたそうです。消費者の食欲をくすぐったんですな

 

第二部.jpg

                  【第二部 パネルディスカッション】

          左から

           勝谷 誠彦氏[コーディネーター]  梅原 真氏(デザイナー) 

           田岡 実千年氏(新宮市長)     世耕 弘成氏(参議院議員)

         のっけから勝谷氏はボルテージが上がってました

         「今日は外国人参政権についてとか、韓国がワールドカップの会場で

          竹島は我が領土というプラカードを持って応援していたとか、そういった

          たぐいの質問には答えませんからねっ」

         「ほんっとにもうっ(怒) JCってだから使えないんだよなっー(怒)」など

      でも新宮への距離感を逆手にとって、だからありがたみが増すんだというのは

      分かりますね。苦労した分、その喜びは大きいですな

      トラベルはトラブルが語源なんだという勝谷氏の説明もなるほど。ウマいこと言いよ

      るなー

               ちなみに田岡氏 世耕氏は新宮JCのOBであります

          

  さあ式典、講演会も終わりあとは懇親会だ 会場はここから車で30分の熊野川町

  集合写真.jpg

                         【集合写真】

           ワールドカップ選手状態の左サイドと静観する右側サイド

         同志小椋君は汗びっしょりになりながら一足先に懇親会会場準備に

 

     さあマグロが食べられるど

     

        

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  只今 午前2時39分  草木も眠る丑三つ時です。 眠いです。

  間もなく サッカー 日本 vs デンマークの試合が始まります。

  気力を振り絞って、アリナミンVを飲んで 応援をしたいと思います。

  栄光のMy国旗もTVの上に鎮座しております。

 

 

 海南市の商店街[一番街]に掲げられている 駒野選手応援メッセージのぼり旗です!

 

 

駒野1.JPG

 

駒野2.JPG

 

駒野3.JPG

 

駒野4.JPG

 

駒野5.JPG

 

駒野6.JPG

 

              頑張れ! 日本!!国旗.jpg

      

 

       頑張れ! 駒野!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  梅雨特有の蒸し暑い雨が続きます。これからの時期、食中毒などに気を付けないといけませんね。

  さて、海南JCも様々な団体と連携して『明るい豊かな街づくり』に向けて協働しております。

 今月はまず防犯関連で

   *海南市安全安心街づくり推進協議会 

   *近畿地区 海南警察官友の会 

 に出席してまいりました。

 推進協議会では海南市長を議長とし、我が街かいなんの防犯意識の啓発等に警察署長、自治会、教育委員会をはじめ関係者の皆さんが集まり、事件ゼロを目指し頑張っております。

 今回は子どもたちが携帯電話を通じて事件に巻き込まれないよう、小・中学校での携帯電話の使用状況などを聞く事ができました。わたくしが小学生の頃は当然携帯電話はなく、時代のギャップを感じてしまいましたが、携帯電話も緊急情報の一斉伝達には効果が大いにありますが、携帯電話を通じて子どもたちにはそぐわない情報も瞬時に入ってきます。諸刃の剣ですか。しかし子どもたちの明朗闊達な生活のためには、必要に応じて大人は責任を持って規制をせねばなりません。

 

 警察官友の会は、この海南・紀美野エリアを管轄として日々防犯活動に勤しまれております海南警察署の署員の方々に敬意を表し、各方面で活躍されております現場のお巡りさんに表彰状の伝達がありました。お巡りさん本当に御苦労さまであります。我々が毎日枕を高くして眠れるのは、皆さんのパトロールのおかげです。ありがとうございます!

 会場には県警本部長もお越し下さり、スピーチでは和歌山県全体の防犯活動に一層のご協力をと語られておりました。県民の安全・安心の為、県警の皆様どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 そして和歌山県青少年育成協会の総会が先日ありまして、和歌山市ビッグ愛まで行ってまいりました。

 青少年育成協会.JPG

                     【ビッグ愛 1F大ホールにて】

 

総会資料.JPG

             【総会資料です ここにも2015和歌山国体のPRが!】

  

 総会後には講演会があり、講師として俳優の小西 博之氏をお迎えしてお話を聞きました。

 小西講師、コニタン先輩はわたくしの母校、田辺商業高等学校の先輩でございます。野球部のOBで、わたくしの現役時代にもグランドでノックをされておられる氏の姿をちょくちょく拝見いたしました。(わたくしは弓道部でした)昨年は和歌山ブロックの恒例行事JCユニバーシティー和歌山の記念講演にもお越しくださいました。

 実は講演会の前には子どもたちの和太鼓の実演があり、一生懸命叩く姿に感動されたのか、壇上ではいきなしウルルン状態でありました。「スンマセン 僕こういうのすぐ感動するんですわーー。」

 

 話は2005年に氏が大病を患われた時のエピソードを中心に、元気に?そして涙を交え話されました。とにかくコニタン先輩ポジティブであります。普通死ぬか生きるか分からなく入院を続けていたら、人間もうアカンとなりますが、このガンが治ったら俺はおんなじ病気で苦しんでいる人たちを励まそうと、入院前から思っていたそうです。俺は生きるんや!死ぬわけない!そこは体育会系であります。そう思ったらだんだん自分が死ぬわけないって思えたそうです。コニタン先輩は言われました。『人間には思いこみがある それをどう考えるかだ』と。

 コニタン先輩は、今学校の現場では子どもたちが荒れているとしきりに報道されるが、昔に比べたらたいしたことない、昔はもっと血まみれだった。でもTVで今の学校はイジメがすごいとか、何回も何回も流されたら、しまいに「うわー今の学校ってほんまヒドいんやなあ」って思ってしまう。これも思いこみだ。人間って思いこみ一つで変わるんだと。

 子どもの教育論に関して一貫して「大人が変われば子どもも変わる」という持論でした。

 親が子どもたちの前で愚痴や不平不満を言ってませんか?子どもの前で夫婦喧嘩してませんか?(わたくしはしてませんよ) 全部子どもは見てますよ!

 そして今の若者はなっておらん!!と、けなしてないですか?礼儀もなにもなってへん、楽することしか考えへんって。

 我々も十代の頃さんざん言われましたね。「お前らそんなことも分からんのかっ」って

 みんな言われたんですねえ、我々の親もね。そしてうちの婆さんもおそらく明治生まれの人に怒られたでしょう。その人も幕末生まれの人に怒られたでしょう。どんどん遡ってゆきます。

 ちなみに人類で一番古い若者批判の記録はいつでしょうか?

 実は今から4500年前に建てられたエジプトのピラミットの中の壁面に書かれた

  「まったく近頃の若いやつは 石の積み方がなっておらんっ」という落書きだそうで

  よっぽど ええかげんに石をほらくっていたんでしょうな。 

  「てめーの馬鹿さ加減には父ちゃん情けなくって涙出てくらー」 

  あばれはっちゃくのお父ちゃん(東野 英心)の心境でしょう。

 

 とにかく大の大人が子どもの前で情けないところを見せてはいけない。

 同感です。そんな姿を見せては、子どもたちに夢も希望もありません。

 こんな大人になりたいっ! 子どもたちにそう言わせる大人を目指そう、わたくしはそう思いました。人を指差して文句を言う時、中指、薬指、小指は自分を指してます。全部自分に帰ってきますよと先輩はいわれました。うんうんなるほどなあ。

 元気いっぱいのコニタン先輩、ふと海南の皆さんにも機会があれば氏の講演を聞き、いっしょに話し合い、最後は元気になって終わる。そんな集まりをいつかしたいなあと思ったわたくしでした。帰り際「JCですっ」とお声掛けしたら

 「おおーっ JCか!!いつもありがとうな! 頑張ろうな!!」と激励されました。

ありがとうございました!!コニタン先輩 いえいえ小西先輩!!

 

小西講師.JPG                      【講師プロフィール写真】 

              ・・・・・・先輩、他にお写真はなかったのでしょうか

 

 あとはJCがらみではありませんが、海上保安協会の総会にもでてまいりました。

 海の警察官であります海上保安官の皆さんを応援しております。

 四面海なる我国にとって犯罪の流入は水際で止めなくてはなりません!!

そしてドラマ海猿で一躍有名になりました海の救難救助も海上保安庁の大事な任務であります。

海上保安協会.JPG 

海保 パンフ.JPG

                         【パンフレットより】

 

  今日も私たちが知らないところで、ひたむきに頑張っている人がいます。

  そしてあの人もこの人も頑張っている。そう思うと元気がでてきますね。

  皆さん 元気出してゆきましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

おかえり!! はやぶさ

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。

 新聞には日本のサッカー勝利がトップで飾られました。

 嬉しいですねえ!!サムライブルーの皆さんありがとう!!

 まだまだ手強い相手国が続きます。My携帯用国旗を持って応援しますからね!!

 このミニ国旗、バルセロナオリンピック時(1992年)に三宮の東急ハンズで購入して以来、応援グッズとして様々な名勝負を見続けました。時にはスタジアムにも持参し、常にわたくしと行動をともにした名旗であります。

 ただ、過ぎゆく年月にはかなわず、風雪交ゆる幾星霜 旗は色あせ、ほころびや穴も目立ってきました。まるで日露戦争 乃木将軍の二〇三高地の戦いのようでありますが、まだまだ大事に使います。

 旗といえば以前、現与党さんはとある集会場で国旗二枚を切り裂いて政党旗を作って壇上に飾っておりました。その模様は一部ニュースで報道されましたが、その映像を観て、わたくしは自分のご先祖様が切り刻まれたような精神的な苦痛を味わった気分でありました。あまりの冷血な行為に涙が溢れてしょうがありませんでした。おのれこの遺恨許すまいぞ。  なにが友愛だっ!!(怒)(怒)  

  

DSC02990.JPG                       【国旗 携帯用】  

          My国旗としましては、このミニと通常型、特大型とございます

          いちおう自称、未来の日の丸おじさん候補者ですので

 

  

  さて冒頭からヒートアップしてしまいました。失礼をば致しました。

  明るい話題をもう一つ。

  日本の小惑星探査機【はやぶさ】が長き宇宙の旅の末、ついに地球まで辿り着き最後は流星となってその使命を終えました。

  はやぶさは、小惑星【イトカワ】の砂をサンプルとして採取し、専用カプセルは無事大気圏を通過し、予定通りオーストラリアの南部に落下しました。

  月以外の小惑星に着陸し、なお且つその星の砂を持って帰るとは、素晴らしい快挙であります。人類の宇宙開発史に燦然と輝く出来事です。日本の科学技術の健在を改めて感じた次第です。

   やったねーー ニッポン万歳!! 

  このはやぶさの航行はのべ60億キロメートル。[地球~太陽間の約40倍]

  月日は7年も要しました。その間様々なトラブルに見舞われ、一時は地球への帰還は絶望的と言われながらも、多くの技術者のバックアップと無事地球に我が子を戻らせるんだという親心が一致団結して苦難を乗り越えてきました。はやぶさも頑張りましたよ。満身創痍のボロボロになりながらも私たちの地球に還ってきました。魂が宿ったのでしょうな。

 おかえり!! はやぶさ

 H2Bロケットの打ち上げ成功、また東大阪の宇宙開発組合の人工衛星【まいど一号】など

 欧米の宇宙開発費とは比較にならない低予算にもかかわらず、日本の技術の意地とプライドが見せた底力であります。やっぱりすごいで この日本って国は!

 

sankei20100613webphoto.jpg  それから先日の和歌山ブロック協議会主催の公開討論会の一コマを

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

カテゴリ:

頑張れ!!宮崎県!!

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  近畿地方も梅雨入りしましたね。

  いよいよサッカーワールドカップ 日本 VS カメルーン戦が始まります。

  海南市出身、郷土の誇り 駒野選手応援してます!

  サムライブルーのひとりに選ばれたことはスゴい事だと思います。

  胸の日の丸の為にも頑張って頑張って下さい!必勝を確信しております。

 

  そして今、誰よりも一番頑張ってほしい人がこの日本にいます。

 宮崎県の畜産農家の皆さん、我が子同様に丹精こめて育ててきた牛や豚を殺処分せねばならない苦しみ、辛さはあまりに大きく、ご心痛を思うと胸が痛みます。

  しかしどうか希望を捨てないで下さい。皆さんと一緒に、感染ルートの解明や終息に向けて国や県の職員さんが東奔西走され、消毒作業や埋却場所の掘削に自衛隊の皆さんが昼夜を問わず活動されていると聞きます。

 

  ある畜産農家の方は、殺処分される牛たちにせめて最後にと、一番良いエサを与え、一頭、一頭綺麗に洗って、見送ったと聞き、涙を禁じえませんでした。

  宮崎県内のJCメンバーにも畜産農家の方々が多くおられます。同じ仲間が今、塗炭の苦しみを味わっている時、何もできない事に歯がゆさを感じます。

 事態はまだ予断を許しません。お隣の鹿児島県も10日に口蹄疫対策本部会議を緊急開催し準非常事態を宣言しました。宮崎県では10年前の2000年にも口蹄疫に見舞われましたが、この際は封じ込めに成功し、殺処分は3農家35頭にとどまりました。

 迅速さに加えて、通行車両の消毒ポイントも13ヶ所(今回は4ヶ所)、家畜の移動制限区域を20キロ圏内(今回は10キロ圏内)、搬出制限区域を50キロ圏(今回は20キロ圏)と危機管理の違いも目立ちます。さらには蔓延の背景には埋却地不足や人的不足による処理の遅滞も考えられます。

 危機管理の統括である政府は一日も早い蔓延防止と補償のバックアップをお願いします。

 これから高温多湿の時期になります。更なる衛生強化が必要になります。

 

 忘れてはなりません。非常事態にもかかわらず、発生直後に中南米外遊を優先し、かくの如く国民の生命・財産を守れなかった前農林水産大臣は、防疫部門の危機管理最高責任者の不適格者として終生歴史に名を残されるでしょう。現大臣は当時副大臣でした。

 (殺処分について)「ここまで広がった以上、ちまちましたことをやってもしょうがない。」というご発言、言葉はその人を表します。繰り返しますが我が子同様の牛をすべて処分せねばならない農家の苦悩、今後の不安、まだ被害に遭っていない農場には目に見えないウィルスへの恐怖が常につきまといます。

  大臣が各国で華やかな栄誉礼に接していた頃、宮崎県内では日本の畜産を守るため、県民の方々が不眠不休で活動されました。そして多くの牛たちが日に日に暗い穴に埋められたのです。

  こんな方が大臣をされていたのは、ただただ日本国民の不幸でありました。

 

 宮崎県の畜産農家の皆さん、皆さんのおかげで今日まで美味しいお肉をいただける事ができました。ありがとうございます。

 皆さんの育てられた牛や豚のお肉は世界のどこにも負けないブランドです。私たちの食卓に安心・安全の美味しさを運んで下さいました。これからずっと宜しくお願い申し上げます。宮崎の味は、我々日本人の味であります。

 今は義捐金を募ることしか出来ず、申し訳ありません。また、頑張れとしか皆さんにお掛けする言葉がありません。

 ですが

 畜産農家の皆さん、関係者の皆さんどうか頑張って下さい!

 県知事さん宮崎県職員の皆さんどうか頑張って下さい!

 災害活動の自衛隊の皆さん、防災関係者の皆さんどうか頑張って下さい!

 宮崎県内のJCメンバーの皆さんどうか頑張って下さい!

 宮崎県民の皆さんどうか頑張って下さい!

 

  頑張れ!! 宮崎県!!

  頑張れ!! 宮崎県!!

 

 

 

  

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

カテゴリ:

綸言汗の如し

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  六月に入りました。もうすぐ梅雨の時期ですね。この月は別名「水無月」(みなつき)と呼ばれます。雨ばっかりの月なのに何でやろ?と思いましたが、「無」(な)の字は、今の「の」にあたる連体助詞にあたり[習いましたなあ古文 古文 る・らる・す・さす・しむ 助動詞未然形 ああーじんましんがっ!]だから「水の月」になるんですな。「神無月」も同じ理屈ですが、出雲地方では昔から「神在月」と呼ばれます。何でかと言いますと、この月に日本全国の神様が出雲に集まり会議をするので、よそには神さんがおられないが、出雲は神さん在てはるよ、となります。神様もJCみたいにブロック協議会とか地区とか日本とかあるのでしょうか?神様ブロック会員大会とか神様3分間スピーチとかやってはるのでしょうか。会員消息で今月の仮入会神様の紹介なんてちょっと想像がつきません。卒業もないですしね。

 

 

 さて、我が国では新しい総理大臣が誕生しました。

 鳩山先輩、もとい第93代鳩山総理大臣閣下、本当に本当に、本当にお疲れ様でした。

 普天間の迷走、数々のブーメラン発言、労働なき富の金銭問題など、お心の休まる時もなかったでしょう。普通の人なら途中でダウンしていたと思います。前の前の前の総理は入院されました。タフです。

 しかし先だって最後のご発言は、至極残念でなりません。たしかこう仰られましたね。

 「国民の皆さんは聞く耳を持たなかった」

 これは「私は良い事を言っているのに、国民は耳を貸そうともしなかった」という意味でありましょうや?

 この言葉を聞いて、わたくしは五味川 純平『戦争と人間』という小説にでてくる軍司令部の高級参謀のセリフを想い起しました。(舞台は昭和14年 日本とソ連 ノモンハンの戦闘)

ソ連の重戦車相手に火炎瓶しか武器はなく、部隊が全滅して、傷付いた戦友を背負いさまよう主人公 五代一等兵に、この金モールを付けた高級参謀は冷たく言い放ちます。

「なぜ最後の一兵まで死守せんのかっ、バカ者めっ!!貴様たちが弱兵だからせっかくの作戦に支障をきたしたのだっ!!」

 

 そもそも作戦がまっとうなものなら火炎瓶を持たして戦車に向かって突撃なんかさせないでしょう。でも当の本人(参謀)は必勝間違いなしと信じていたのです。敗れれば第一線で戦ったものが敢闘精神が無かったからと非難する。 それでどれだけの兵隊が亡くなったのでしょう。戦争の虚しさが漂います。

 あの ご発言を聞いて、わたしにはなぜかこのシーンがオーバーラップしてきました。

 

 「いのちを守りたい」 かつて連呼されましたが、誰の命を どうやって守るのか、ついぞお聞かせ下さいませんでしたね。残念です。 

 しかし退陣表明で「アメリカに依存し続ける安全保障をこれから50年、100年と続けていいとは思わない。」「日本の平和を日本人自身でつくり上げていく時をいつかは求めなければならない。」とも仰られた。いまだかつてこうもはっきりと自主防衛を述べられた総理がおられただろうか?願わくばこれを所信演説で詳しくお聞きしたかった。残念です。

 

 

 新総理の菅氏もJCの先輩であります。(東京JC)そういえば鳩山邦夫氏(弟)も同じLOMのご出身。この平成の坂本龍馬さんはいつ薩長同盟を成せるのでしょうか。

 

 最後にこの国の政治の代表をされた方、これから腕をふるわれる方に、この言葉をお送りさせて頂きます。

   【綸言汗の如し】(りんげん汗の如し)          中国の格言  出典「礼記」

    汗が一度出ると再び体内に戻らないように、皇帝の言葉は一たび口から出ると取り消せない。綸言とは天子の言葉の意味

    為政者はこの国の行く末を舵とる重責があります。朝令暮改では国民が困ります。

    言葉の重みをどうか宜しくお願い申し上げます。

 

前田チョコ.jpg

 

       今日のおまけ

前田チョコ.jpg                         【前田チョコ】

           1993年頃から我が家の一員です。 白猫 メス 

           当時高校生の前田3号が拾ってきました。

           いちおう≪猫モデル立ち≫ですが目が怒ってます

                 「しゃしんは おことわりですにゃ!!」

 

花花.jpg                         【鉢植えの花】

          この花を観てると、えべっさんでもらう のし飴が食べたくなります。

          あれ美味しいよね。歯にくっつくけど。のし飴という呼び名は紀州

          だけで、他府県では「福あめ」と言って紅白ではなく金太郎あめの

          ようなものが主流だとか。

  

カテゴリ:

ひたむきに

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  五月も最後になりました。明日からは六月、衣替えの季節です。

  出張をはさみ久しぶりに家に戻りました。

  さて、まずもちまして先だっての木曜日に行われました

     海南JC『新公益法人制度 選択推進会議』にメンバーの皆さん多数お集まりいただき、本当にありがとうございました!。

  会議の締めに述べましたが、1969年に社団法人 海南青年会議所が立ちあがるまでの苦労を当時の先輩方はなさってこられました。

  今度は我々が新しい海南青年会議所を立ちあげ、未来の人々につなげなくてはなりません。同時に光輝ある海南青年会議所の歴史も欠けることなく継承してゆかねばなりません。

  これは今を生きる我々現役の使命であります。

  何事も準備というものは、陽があたらず、人から忘れられ感謝されず、損な気分になることも正直ままあります。

  でもね、そんな時は「誰のためにやっているんだ」と自身に問いかけましょうよ。

  自分自身の名声や賞賛、今後のキャリア・アップのためにやっているんじゃない。

  JCマンという現在のサムライ[志士]が求めるべきものではありません。

  俺たちはサムライです。もし求めるのなら名誉をもとめましょう。誰かのために事をなしたという名誉です。

 

  『貢献する。 しかし、賞賛を期待しない生き方』

                       平成17年大阪府警の警察官採用ポスターより

 ちょっと古いですが、心に残ったキャッチフレーズです。

 

  皆さんのお力添え、感謝申し上げます。引き続き本職も、ひたむきに頑張ってまいります!

幕.jpg  

 

   それから先日の日曜日は、有田川町で和歌山ブロック協議会の会員会議所会議が行われ、わたくしも出席してまいりました。

 この日は我が同志、頼もしいリーダー育成委員会 委員長の野田君(のだリン)の委員会研修事業の初上程でした。

 詳細は只今協議中ですので差し控えますが、秋の良い季節に良い場所で、JCの仲間たちと熱く語れる最高の環境です。

 わたくしは、一応今年卒業であります。

 来年はボーナス・イヤーがあり[居残り人]ですが、軍隊でいうところの予備役です。ちなみに機関紙We Beliebeも届きませんし・・・・ぐすん

  現役最後の年にこのようなLOMの垣根を越えて熱く語れる機会をつくっていただきました【たのもー委員会】の皆さんありがとうございます!!

  角濱担当副会長殿、野田委員長殿 ゴールデンコンビ 頑張ってね!

  ちなみに今年のブロック各委員会名を勝手に略してみました。

*明日を照らす実践会議     ⇒あしてら会議(製薬会社じゃないですよ)

*地域に頼られるJC確立会議  ⇒ちーたよ会議(・・・・・・・「地域さん」でいきますか)

*頼もしいリーダー育成委員会  ⇒たのもー委員会(なんか道場破りみたいやな)

*総務・褒賞委員会        ⇒総務褒賞さん(スミマセンそのままです畑山委員長

                               ゴメンナサイ)

*会員交流委員会         ⇒会員交流さん(再びゴメンナサイ。でもここは毎年

                               委員長名を冠にチーム~できてます

                          今年はチーム大城ですな!!

 ブロックの出向は、本職は会員交流委員会が多かったですね。日本JCにも出向行きました。(委員会開催場所が全国展開でびっくりしました。「次は千葉の船橋でねー」 何て言われて驚きましたよ)

 いきなり入会二年目の最初の出向が、GTS(グローバル・トレーニング・スクール)の担当委員会で、気が付けばベトナム フエ市に行っておりました。和歌山JC赤井先輩(当時委員長)その節は大変お世話になりました。ダナンの飛行場からフエに向かう真っ暗闇の街道では驀進するオンボロバスの中で、JCのあるべきリーダー像を聞かせていただきありがとうございました。良き思い出です。現地ではGTSの本部員だったので連日睡眠不足でした・・・。

 メンバーの皆さん、JCの人脈の広がりは出向で大いに体感します。出向を経験せずにJCを卒業したら、JCの真価は三分の一しか得られないでしょう。もったいない もったいない。

 出向を経験して思う事は、ひたむきさです。

PR.jpg  この写真は会員会議所会議の冒頭、日本JCの褒賞委員会がアワードの登録要請に

PRに来られた時のものです。

  アワードとはJCの褒賞制度のひとつで、全国各地のJCが行った事業を審査し、全国大会でその栄誉讃えようという趣旨であります。会頭特別賞、優秀賞、最優秀賞など様々な賞があります。そのアワードに向けて一つでも多く登録をして欲しい、そして多くのJC事業を地域の皆さんに伝えたい、そんな意気込みで彼らは遠く紀州の地まで来られました。

  この日は他に

     近畿地区会員大会 泉佐野大会のPR 7月10日(土)

     横浜サマーコンファレンスのPR     7月24(土)、25日(日)

  とPRづくしでした。

  でもここまでしてやろうという思い。すごいです。

  委員会すべての人間がそれぞれPRのため全国に展開してゆくんです。委員長の男気、それに応えるフロアーメンバーのひたむきさが揃わないとアクションは生まれません。幹事の段取りも大所帯で大変です。サブリーダーも委員長の援護射撃を模索します。それは絶対俺たちの委員長の想いを全うさせるんだという気概です。ふるさとも方言も違う青年会議所の者同士が男気というネームプレートだけで動いてゆくんです。

 今まで何度委員長の号泣を見たことでしょう。そして本職も何度涙腺がゆるんだか分りません。

 最後は戦友同士です。そりゃあそうなりますってっ!

 あのPRの横断幕を見てまた覚悟が生まれました。 「待っててよ。絶対行くからね!!」

 

 

 

 

 

       おまけです

新しい大阪駅.jpg                    【新しくなるJR大阪駅界隈】

    大阪方面へ出張があり、途中御堂筋からパチリ

     右端はめちゃノッポになった阪急百貨店。昔のビルは一階の連絡口あたりが

   趣があって良かったね。たしか映画『ブラック・レイン』で松田優作演じるヒットマンが

   バイクでこのコンコースを疾走するシーンがありましたね。

 

マルビル.jpg                      【大阪駅前 マルビル】

       大阪駅前第2ビル付近で夕食を。地下街がディープで好きです。

       ここは各分野マニアックな店が多いです。いろいろとね。

 

イーマ.jpg                               【イーマ】

        映画行ってきました。

        基本的に医療系、クレヨンしんちゃんは観ません

         イーマにも上層階に映画館があります

 

グリーン ゾーン.jpg                       【グリーン ゾーン】

         GREEN ZONEとは湾岸戦争(2003年)終結後首都バクダット

       中心部に設けられた多国籍軍の安全地帯のことを指すのですが、実際に

       は死と隣り合わせの危険なエリアだったんです。

       そして戦争の発端となった大量破壊兵器はなぜ見つからないのか?

       そこにアメリカという国の底知れない恐ろしさが見え隠れします。軍人役も

       多いマット・デイモンですが、好評だった【ジェイソン・ボーン シリーズ】の

       アップテンポな展開がこの作品でも健在です。

        戦闘シーンは臨場感あふれて、自分が今バクダットにいるのか?という

       錯覚を覚えます。監督はポール・グリーングラス

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  強い雨が続きました。そして今日の夕方雨が上がったあとはアスファルトの路上に、ゆらゆらとかげろう[陽炎]が立ってます。もう初夏ですね。蒸し暑いです。 

  南紀白浜銘菓の『かげろう』はバタークリームとふわふわのスポンジケーキの相性が絶妙です。あの口どけ感はたまりません。  あっ全日本甘党より。 

 

  さて先だっての日曜日、我が海南JC歴代理事長であります吉田 修三先輩〈㈱海南共永社〉が主催されておりますゴルフコンペに参加してまいりました。

  第9回ふりふり会ゴルフコンペと題しまして、紀の国カントリーゴルフで行われました。

  常日ごろの吉田先輩の人脈の広さを表すかのように、この日海南・海草地域の著名な方々が参加され、22組の大会でした。

   我々海南JCも二組もの枠を頂き、本職以下現役とシニアクラブ【直後会】からは前田 克仁先輩、脇坂 宏一先輩がお越し下さりました。両先輩誠にありがとうございました!!

 

   さてゴルフは我々青年経済人にとって必須事項であります。本職も数年前にはじめましたが、精進が足りず(そもそも練習不精というナマケ者でありまして・・・・いやはや)スコアは当然すっとこ改善されません。

   この日も久しぶりのゴルフ、(通称:野外演習 ちなみに会議のことをは図上演習と言います。)しかし朝起きたら鉛色の空から雨が降り続いていました。歯を磨き、アリナミンVを飲みながらも、心はレイニー・ブルーでありました。雨のゴルフ本番は初めて。

   しかも雨合羽はチープな透明携帯型のタイプしか無い事に現場で気づいてしまいました。トイレで着てみたら、可愛くない≪てるてる坊主≫。うーーーん    新しく購入。

   さあ雨の中、カート・コバーンに乗って演習場へゆきます。

   本日の編成  第6組  割石、小椋、中尾、本職

             第7組  土屋、成川、前田先輩、脇坂先輩

 

雨のカート.JPG

                【防水バッチリカート・コバーン 音静かでした】

 

       只今演習中.JPG

                       【只今 前方演習中】

 

 

見守る人.JPG

                                  【見守る人たち】

           脇坂先輩 「あっ あーー あーー あ~~あ  あかな」

           割石    すぱすぱ      特にコメントなし

 

 

後発隊.JPG

                            【後発隊】

        右より

           F1のピットクルーのような成川専務(肝っ玉)

           おらおら打砲総裁の土屋副理事長

           海南・海草のランバ・ラル(青グフ) 前田 克仁先輩

 

 

レイニー ブルー1.JPG                       【レイニー ブルー 】

         右から

            ふうーーー        中尾

            がっくし          割石

            昼はトンカツやなあー   小椋

                              おいおい元気ないなあ~

 

     レイニー ブルー2.JPG

                  【がいな横なぐりの雨 全員退避】

 

 雨の中.JPG

                          【雨の太公望】

             何が釣れるんやろ? フナ?ブルーギル?

 

レイニー ウッド.JPG

                            【Rainy Wood 】

        左端 がっくし割石

 

 

雨脚が激しくなり.JPG

                      【さらに雨は激しくなります】

 

 

   とにかく雨 雨 雨。 愛用 星野監督時代の阪神タイガース、シンプルブラックの帽子が雨でずっしりと重くなる。 にわか阪神ファンへのたたりか。

  全体的にトップぎみに当たるので、飛距離はチョロ・ポテ。一度なんか谷底から打ち上げねばならない状況に陥り、見えないグリーンに向かってひたすらスイングしておりました。知らない人が見たら、新手の宗教儀式に映ったかも。

  ロングコースは長い旅でしたよ。 いつも桑名 正博 『月のあかり』を口づさみアイアン、サンド、パター せたろうて走り出しました。

   「振り向くなこの俺を 涙ぐんでいるから

       長い旅になりそうだし サヨナラとは違うし 」

  全身びっしょり。グローブもしぼったら水が滴り落ちました。眼鏡も曇ります。ワイパーが欲しいです。

  グリーンに上がってからもまたドラマでした。雨天のボールのスピン感覚が分からない。「えっ?こんなに強く打っても半分も行かへんわーー」逆もしかりでした。

  途中のお茶屋で、このまま居座ろうか真剣に考えましたな。

  みんな疲労困憊。あの小椋・土屋ご両人も苦戦されておりました。やっぱり雨は特別なんやなあ。脇坂先輩も眼鏡の奥の瞳から「も~~ね~~ なんよーこれーありえへんわー」的アイコンタクトを頂戴いたしました。

  18ホールすべて驟雨の中 敢行しました。

  本職は一度となりのコース上で真剣にプレーしており、各方面からの手旗信号で原隊に復帰しました。おいおい。

 

 

わりちゃん.JPG

                       【おーい 割ちゃんよー】

 

 

雨中演習終了.JPG                        【雨中演習終了!】

  

  懇親会は海南市の田中屋で行われました。

  会場には日置君、神出君のお父上、そして山崎先輩がお見えでした。

  皆さま本当にお疲れ様でした。かでひかれないように気をつけて下さい!!

  成績ですか?

                     Weeping In The Rainです。

    

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  最近、肝っ玉専務とゴルフの練習に勤しんでおります。5月例会に向けてマナーの確認もしてますよ!

 

    本日は終日雨でしたね。灰色の空、今日は水曜日、おっとA.R.Bの『灰色の水曜日』ですね。この曲は1986年のアルバムに入ってますね。

  わたくしが田辺商業高等学校(通称 田商:デンショー)普通科の一年生の頃ですか。

  いい学校でした。女子が多くて。たぶん一日も学校休んでなかったかな。(たまに朝は気分を集中させる為、ホールで揚げパン食べてうどん啜って、女子だけのクラス家庭科の前を通ってから学業に臨みました。そしてたまに体育教官室の掃除をさせられました。ついでに短ランのポケットに入れてたポッキー、クランキーチョコやアポロ、LOOKアラモードチョコ(バナナ味が最高)がその時、その時没収されました。あとグリコのセシルチョコレートも懐かしいですね。アイドル時代の堀ちえみがCMで出てましたね。バックには杉真理の『バカンスはいつも雨〈レイン〉』が流れて。 

  あれれ、だんだん話がノスタルジックになってきましたか。

 

 さて最近わたくしはテレビドラマをあまり観なくなりました。今「コード・ブルー」「チーム・バチスタの栄光」などドクター系のドラマが多いですが、わたくしは手術室のシーンがてんでダメなのです。何だか自分がオペを受けているようで、心拍数が上昇し、画面を正視できません。「白い巨塔」は山崎豊子の小説しか知りませんし。さすがに田宮二郎主演の「白い巨塔」(1978年版)は、かすかに記憶しているくらいで、わたくしは昔から「Gメン75」「太陽にほえろ!」「特捜最前線」「大都会」「西部警察」など硬派刑事ドラマ一辺倒でした。あとは大映テレビドラマシリーズ。「スクール★ウォーズ」「不良少女と呼ばれて」「少女に何が起こったか」「ヤヌスの鏡」とか観ましたねえ。アッお若い方、話題についてきてますか?   

はい大丈夫ね。

 

  この大映ドラマも、かなり渋~い役者さんが多くおられました。

 必ず何かの役ででていた名古屋章(ゴリラ顔のお方でしたね)、そして中条静夫(あぶない刑事の初代課長さん)、下川辰平(太陽にほえろの長さん)、高橋悦史(キング・オブ・悪役)、若林豪(山村美沙 サスペンスドラマの人)、国広富之(トミコ~)、峰岸徹(90年代のドラマ「高校教師」でも異色を放ちました)、石立鉄男(アフロヘアー役者の先駆けでした)、長門裕之(この人サザンの桑田に似ていると思うのですが・・・私だけ?)

 女優陣も渋かったですね。岡田奈々(うちのいとこの兄貴がファンでした)、高樹澪(わたくしがファンでした)、片平なぎさ(スチュワーデス物語でいつもここぞと手袋を外すシーンはある意味 名シーンです)、吉行和子(金八先生にも教師役で出てましたね お父様は作家の吉行 淳之介)、梶 芽衣子(鬼平犯科帳シリーズ、クエンティン・タランティーノ監督が大ファンだとか)、初井言榮(厳しいお婆さん役が多かったですね。そういえば、スタジオジブリ製作のアニメ映画「天空の城ラピュタ」の盗賊の頭 ドーラの声で出演してましたね)

 あとは若い(当時)ところでは松村雄基(イソップー!!)、伊藤かずえ(この人のポニーテールには萌えました)は外せませんね。

  あでー やっぱり今日は終始ノスタルジックになってしまいました。

  たまにはいいですかね。               月一回くらいは。

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけです

連結端子.JPG                    【バンバラバンバンバン】

          連結端子で創られたアート人形です。大阪の企業が電気機具

         なんかを利用してキーホルダーや携帯ストラップとして売り出して

         ました。アメ村でジーパン買ったついでに。  ミドレンジャー!!

                手足部分はフレキシブルに動きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  すがすがしい天気が続きます。木々の緑が目に眩しく感じます。

  なぜだか昔観た『戦場のメリークリスマス』(1983年 大島 渚監督)にでてくるジャワ島レバクセンバタの黄緑色が混ざった山々を思い出します。あの坂本龍一の有名なメロディーは学校のピアノで片手で弾いたりしましたね。(『猫踏んじゃった』は両手で弾けます)

  そういえばデヴィット・ボウイは今何をしているのだろうか?マーク・ボラン率いるT.Rexとイギリスグラムロックの代表格だったなあ(って映像でしか当然知りませんが)。ブライアン・フェリーのロキシー・ミュージックもイギリス的な?ロックですな。あとこの時期はアメリカですが、アリス・クーパーも外せませんな。後にエアロ・スミスやガンズ・アンド・ローゼスたちに大きな影響をあたえましたね。ただアリスという名前と顔にギャップが大ありなのはそういうウケ狙いだったのでしょうか?

  おっと失礼、話題がMTVチックになりました。

 

  さてこの21日金曜日は総務広報委員会さん担当の5月例会です。

  『海南JCマナー教室』と題して、ヒューマン アシスト代表の宮田 栄子講師をお迎えして、マナーの大事さを学びます。

  我々経営者の立ち振る舞いは、そのまま会社の品格に繋がります。言葉の重みも同様です。

  これを日本国に例えれば、時の総理大臣のご発言は、そのまま日本国の品位になります。ルービックキューブみたいな極彩色のシャツを着て焼きそばを作って頂いても、わたくしは「ああこの人の趣味なんだな~、俺は着れないなー、ってどこで売ってんの??」と相手の主義主張を出来る限り尊重しますが、ご自身のご発言の移り変わり次第で、日本国民や日本国自体が軽く見られてしまうという事を重く受け止めて頂きたいです。

  かつて酩酊のままイタリア ローマで記者会見された財務大臣もおられました。周りのものが何をしていたんだという議論もありましたが、結果的に危機管理の欠如がおこした大大失態でしたね。この時も「日本の財務大臣は酔っ払ってもできる」と世界に配信されてしまいました。日本の地位下落の瞬間です。

  マナーは危機管理上絶対に必要なものです。マナーの欠如でおこしたトラブルは、必ずマナー違反者に帰着します。大切なプレゼンの前に発生してしまったら、泣くに泣けません。

  何度も申し上げますが、経営者は自社の品格を背負って日々生きているのです。

  あなたの恥ずかしい行動や発言は、貴社の品位に関わりますぞ!

  わたくし自身も自戒をこめて、このマナー教室に臨みます。

  

以前、リサーチ・ラボにて宮田講師にお会いしましたが、そうですねえ印象は、マドンナ旋風をおこした当時(1989年)の社会党の土井たか子さんのようなパワーを感じました。「山が動いたっ!」 元気あふれる方でしたよ。

   皆さん一度マナーの総点検しましょうか!

 

路傍の花.jpg                         【路傍に咲く花】

 

ヴォーリズ.JPG

              【わたしの好きなW.M.ヴォーリズの建築です】

                   大丸心斎橋店 1922年築

         ネオゴシックスタイルを基本にアールデコの装飾をモチーフをちりばめて

         ます。玄関ファサード中央部分には大丸のシンボル孔雀が彫られています。

         先だって用事で行ってまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  さてさて8日の日曜日、決戦の【褒賞審査会】に行ってまいりました。

  今回は御坊の地で行われ、花ご坊さんが会場でありました。

  本職も昨年度の海南JC創立40周年各種行事へのご支援ご協力への感謝のお礼を

  この日仕事にフルスイングされました前窪前理事長になり代わりまして述べさせていただきました。ということでわたくしも発表席側へ起立いたしました。

 

花ご坊.JPG

                【会場であります会席料理で有名な花ご坊】

 

会場.JPG

                   【審査場です 開始前のひととき】

 

夢の字が・・・・.JPG

         【さあ始まります。前窪直前理事長お手製の≪夢ファイルケース≫】

        この文字よ~~~~く ご覧ください。

        微妙に画数が多いんですなーーこれが。 まあでも

        「夢は多いほうがいい」ってことにしときますか!!

 

質疑応答中.JPG

          【質疑応答中の小椋 2009夢委員長 気迫がこもっておりました】

         本職は「夢」持ち係です。         [撮影者:小浦副理事長]

         夢画数をご指摘頂いた、有田JC森川 直前理事長様、ありがとう

        ござります。野球つながりの前窪直前理事長のことであります、

        さぞかし本望でございましょう。(というか直前いわく、「理事長がウチの事務所に寄ってから画数増えたんやでーーー」)ひ、ひどいわー 

 

 この日海南JCから、小浦 副理事長殿、坂井 副理事長殿が審査員として早朝から夕方まで各青年会議所の事業プレゼンを聞かれておりました。終日まで本当にお疲れさんでした!

 またブロック総務褒賞委員会に出向し、段取り・設営・タイムキーパー係で大活躍した古川君(通称ハンチョー)お疲れさんでした!!そしてそして

 

お疲れさん!!.JPG

                【 パソコン係 成川君  発表者 小椋君 】

              お疲れさん!! お疲れさん!!

 

  それからもう一つお疲れさんがありましたね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  久々の雨模様ですね。 草花も喜んでおりましょう。

  さてこの日曜日には和歌山ブロック協議会主催の【褒賞審査会】があります。

  JCをごよく存じの方は、県内8青年会議所が昨年度(2009年)におこなわれた各事業内容をプレゼンし、順位を決めてゆく大事な大事な行事です。

  わたくしも2006年度に事業系委員長を拝命し、2007年に褒賞審査会で発表致しました。

  各青年会議所の発表者とは、ユーモアと笑いの中にもバチバチと火花を散らせた熱い戦いだったなあと思い出しました。緊張しましたよ。時間があっという間に過ぎてゆきました。

  わたしは昔から《堂々巡りの前田》と異名を持つ男でございます。これが那智勝浦の島巡りなら景色も良く、気持ちが良いのですが、話の堂々巡りほど手に負えないものはありません。

  「何回おんなじ事言うてんねんっ。お前はJRの環状線か」とまあよく各方面から怒られましたね。 でも発表の上手な人のプレゼンを聞くのは勉強になりますよ。

  今回は2009年度に事業系委員会を担当した小椋 委員長と成川担当が挑戦します。

  海南JC創立40周年の節目の事業です。気合いが入ります。

  そこで今回も模擬戦をしようとなりまして参加してまいりました。

 

 

作戦会議中.JPG

            【作戦会議中 内容は防衛機密ということで、あしからず!】

 

直前提案中.JPG              【直前さんご提案「なあ なあ これ言うちゃったらどうよ」】

              東海監事「うわー そこまでやっちゃうんですかあー」

              わたくし「それええわらよ 小椋君それ絶対言いよしよー」

 

模擬審査員たち.JPG

            【模擬審査員さんのお二方 お忙しいのにスミマセンです】

             ご両人さんJC歴はかなり長く、アドバイスは豊富です!

 

笑顔のチーム夢.JPG                      【笑顔の発表者たち】

             〈右〉小椋 夢委員長   〈左〉成川 創立40周年統括

 

       そやで!その笑顔やで! チーム夢を代表して熱く語ってきてくれよ!!

       みんな心はフルスイング!やで!!

 

やりまっせ!!.JPG

             【やりまっせー!!!】

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  GWも滞りなく終了しました。高速道路は、がいな渋滞でありましたが。

  爽やかな天気続きで心もリフレッシュした理事長でありました。

  さて5月3日は祝日 憲法記念日でした。

  この日はJC行事がありまして、全国一斉憲法タウンミーティングが各地で開催され、我が和歌山県では和歌山市にある和歌山ビッグ愛1Fの大ホールにて行われました。

  担当された和歌山ブロック協議会の明日を照らす実践会議(原見 議長[白浜・田辺JC])の皆さんお疲れ様でした!特に壇上にて進行役をされた原見議長、勉強になりました。パネルディスカッションなど、相手の発言をうまく流れにのせてゆくのは並大抵のことではありません。わたしなんかいきなり「あした司会進行役お願いねっ」って、言われたら寝込んでしまいますな。

 

 今回の憲法タウンミーティングで発見させてもらったことは、日本国憲法には英文の条文が付記されていることです。これって「さっすがーー世界に名を馳せる平和憲法!グローバルやんっ!」という訳ではなく、そもそもこの憲法がアメリカ統治下の名残りであることを証明しています。別に世界共通語に訳したのではなく、その逆だったのですね。

 世界には沢山の国民憲法があり、その多くは世界の恒久的な平和を謳った『平和憲法』であります。そして大事なことは、その多くは、適時、議会にて改正を行なってきております。

 有名なアメリカ合衆国憲法修正第19条は、市民の性別を理由に市民の投票権を否定することを禁じています。これは女性参政権を実現化するためであり、第28代ウィルソン大統領のもとで1920年に批准されました。自由と民主主義の国の象徴であったと思っていたアメリカも当時はまだまだ戦前の日本と変わらない部分があったんですね。(日本の女性参政権は戦後 昭和21年 幣原内閣時にて)

 我々の日本の憲法は、施行後半世紀以上が経過しましたが、ただの一文も修正、追加されることなく平成の時代の今日を迎えております。これが日本国憲法が【不磨の大典】と呼ばれる所以ではないでしょうか。

 しかし現在に即しているかといえば、はなはだ疑問です。

 一番大きなルールの憲法をさわれば、その枝にあたる各法律に影響を与えてしまうという論法もあります。なるほど一理ありますね。でもです。やはり時代に即していないという印象はどうしても拭えません。

 私たちの日本国憲法は世界にひけをとらない素晴らしいものです。

 だから今の憲法を礎にして修正や追加を必要時にある程度迅速に行なえれば良いのではと思います。ただ亀田講師が述べられた、憲法が持つ倫理規範部分は普遍的なものにしなければならないという意見には賛成です。この部分がその国の民が持つ「生き方」そして「あり方」ですから。 

 今回の《国民投票法》施行は私たちの憲法を補強する機会を与えてくれます。何度も言いますが、私たちの憲法です。私たちがそれを手掛けない限り、物事は進んでゆきません。

 日ごろあまり意識しない憲法を存分に感じた憲タ(勝手に略してしまいましたが)

 有意義な時間でした。 

 我が海南JCから出向され、早朝より段取りされた東海副議長、森下委員お疲れ様でした!! まだまだブロック行事は続きます、東海君、森下君、馬田君宜しくね!!

 

 

 

 

 

 

憲法タウンミーティング2010.JPG                  【2010 憲法タウンミーティング】 

         左より 原見議長  講師 角 荘三氏  講師 亀田 直紀氏

 

さて4月例会続きです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  いよいよGWに入りましたね。期間中はおおむね良い天気だとか。

  わたくしは前半は仕事ですけれども・・・・。

  しかし五月晴れの季節は気持ちいいです。 私の青空 My Blue Heaven 

  JAZZですな

  この季節はたまにはクルマの窓を開けっ放して

  (この ~っぱなしはOKすよね豊田エリーさん?)ちょっとひんやりする空気を肌に感じてみたいですね。

  あと音楽も、青空に合うものを用意したいです。わたしの愛車 平成4年式セドリックワゴン

  通称コンパネ車にはCDラジカセを常時積んで走っております。カーステですか?とうの昔に壊れちゃいましたよ。夏場は窓全開でしのごうかと思って今、三角窓をクルマに付けようかどうか迷ってます。明らかに時代に逆行しておりますね。コンパネ車のお話はまたの機会に。

 

 

 5月の青空に合う曲ですか、洋楽ならそうですねえ、まずは

  THE DOOBIE BROTHERS ウェスト・コースト・サウンドの代表格です。

  1978年に発表された9枚目のアルバム Minute By Minuteの

  『 Here To Love You 』の軽快なサウンドや、また当時全米№1にソングになった

  『 What A Fool Believes 』(邦題 ある愚か者の場合)が爽やかです。

  ドゥービーの第二期黄金期を築いたアルバムです。(翌年グラミー賞受賞)

 それから

 モータウンレーベルのMarvin Gaye マーヴィン・ゲイ1971年作

  『 What's Going On 』[ホワッツ ゴーイン オン]は華麗で美しく今も人気が高いです。

 あとは

  映画【クール・ランニング】(1994年公開)は常夏ジャマイカのボブスレーチームの奮闘を描いたもので、わたくしも当時大学◎回生で映画館で観ましたね。これって1988年のカルガリー冬季オリンピックであった実話をもとにしていたんですってね。

  その中で流れていたレゲエ・シンガーJimmy Cliff  ジミークリフの

  『 I Can See Clearly Now 』もおススメです。

以上、理事長勝手にチョイスのコーナーでした。 ああタワーレコード行きたいなあ~

 

 さてさて皆さん5月3日の憲法記念日は

  和歌山ブロック協議会 明日を照らす実践会議主催の【憲法タウンミーティング】があります。この会議に副議長として我が海南JC東海監事が、そして馬田君、森下君も委員として海南JCを背負って頑張っていただいております。

  我々の日本国憲法です。私たち日本人が大切にしなくてだれが大切にしてくれるでしょうか?これから日本はどんどん激動の中に歩みを進めているような気がします。しかも無防備のままで。 憲法は不磨の大典と言われますが、果たしてそうなのでしょうか?時代に合わせてゆかねばならないんじゃないのでしょうか?

 そんな疑問をこのタウンミーティングにぶつけてみようと思います。

   5月3日 和歌山市 和歌山ビック愛 大ホール

   12時30分受付です。 宜しくお願いしますっ!!

 それからもう一つ皆さんにお願いです。

 前にも申し上げましたが祝日には各ご家庭で国旗の掲揚をお願いします。

 私たちの国の旗です。大事にしましょう!

 

祝日.JPG                【祝日 春分の日のときの東京の都バスです。

                 国旗をかざしておりました~(嬉)】

 

 さて黒沢牧場前編です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

カテゴリ:

海南の魅力また発見!

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。ガンダーラから戻ってまいりました。

  願いも成就し嬉しい限りであります。

 

  さて先だっての土曜日の4月例会『魅力発見!海南めぐり! 体験バスツアー』にお越しくださいました皆さま、貴重なお時間を我々海南JCに頂き、誠にありがとうございました!  

  皆さまの笑顔が我々メンバーの起爆剤でありました。

  今回の例会はC.O.L.O.R(カラー)委員会さん《阪口委員長》が担当されました。

  このC.O.L.O.R

  Creation. Original. Leader. One. Resolution.

  のことでありまして、最後のResolutionは断固たる気性⇒覚悟とあいなります。

  創造性抜群の委員会名であります。そんなC.O.L.O.R委員会の皆さん、本当にお疲れ様でした! 委員会打ち合わせ、買い出し、スタッフ会議、全体会議、前日準備、当日設営と今までの事業なみの動きでしたね。本当にお忙しかったかと思います。お疲れ様!!

 そして阪口委員長、さかぐっちゃん、陣頭指揮お疲れ様でした。委員長が常に小脇に抱える段ボールの中に何が入っているのか興味しんしんでしたよ。(外交機密文書?)

 阪口委員長のあのキャラがみんなをひき込んでいったと思います。本当に気持ちの良い一日を過ごせました。ありがとうございました。

 ちびっ子ちゃんたちに交じって、いろいろ話されるおじいちゃん、おばあちゃんを拝察し、やっぱりおじいちゃん力、おばあちゃん力は健在だなと、確信した理事長でありました。

 今こそ我がまちに おじいちゃん・おばあちゃんムーブメントですな!

 

 今回も理事長カメラで一コマを撮ってみました。ストーリーの展開はJCプレスでたっぷりご覧くださりませ。本日は前篇です。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

  

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。しばしご無沙汰をいたしておりました。

  すっかり新緑の時期でありますね。藤の花が見ごろです。

  わたくしはガンダーラへ旅をしております。

  そこに行けばどんな夢も叶うというGandhara。誰も皆行きたがるが、遥かな世界。

  まだまだ今は途上です。ですが、もうすぐきっと辿り着けるでしょう信ずる人たちとともに。

 

  さて前の日曜日は相澤 弥一郎 日本青年会議所会頭が紀州に来られました。

  岩出市のホテルいとうにて、会頭訪問が行われ、まずは県下8LOMの理事長と相澤会頭が膝をつき合わせて、いろいろと話し合いを致しました。わたくしと会頭は同じ昭和45年組で、親近感は人一倍であります。 お互いに最後まで悔いのないようにJCを全うしようと誓い合いました。

  常々申しておりますJCとは男気の実践です。

  わたしはいつか自分の子どもや孫たちに「お父ちゃんは、おじいちゃんは若いころJCに入って、ふるさとのため、お国のために頑張ったんだぞ」、と胸を張って言えるために今頑張っています。それが男の背中(生き様)を魅せるということではないでしょうか。

 当日の模様は谷脇総務広報委員長がしっかり目に刻んでおりますので、プレスでご覧下さいね。

 

 相澤会頭には一つ教育のことで気付いた事を申し上げました。

 最近小学校の教室には日本地図が壁に貼られていないことです。わたしが通った田辺市立第三小学校には当時、日本地図がありました。それを眺めながら、「日本って長細い国だなあー」って思ったもんです。自分の住んでる国がどこからどこまで在るんだろうかという気持ちが芽生えてこそ、郷土への愛着や、広い観点ではとなりの国は何ていう名前なんだろうと興味が出てくると思うのです。

 その一番効果的なアイテムが教育の場にないことに、寂しさを覚えると同時に、これで健全で国際的な人間が形成されるのかと不安に思います。

 たまたま私が訪れた複数の学校に無かったのか、わたしの発見する努力が足りなかったのか分かりませんが、いま全国的にどうなっているのか、日本JCのスケールメリットを駆使して調査して頂けないかと依頼致しました。本件に関しては相澤会頭や同席された長谷川副会頭も興味を示されて、一度調べてみると快く引き受けて頂けました。

 お忙しいのに誠にすみません。ありがとうございます。

 

 会頭講演会では相澤会頭は、60年前のJCの創生期に立ち戻って、我々は活動してゆかねばならないと述べられました。戦後の焼け野原のなか、戦勝国アメリカの統治下で、当時の青年たちは、「まず俺たちがやらねば誰がこの国を復興させるのか!誰かにゆだねるのではなく、誰かにしてもらうのではなく、俺たちが動かねばならない!」そう言って生まれたのが青年会議所です。まだ日本の主権が回復していない占領下での出来事でした。

 その後、物の豊かさは比べるもなく国は発展しました。

 『JCしかなかった時代』から『JCもある時代』と世の中は変わったと言われますが、JCの設立過程で育まれた

 『修練とは周りの人のために、自身をどう活かせば良いかの具現化』であり、この実践は半世紀以上の重みがあり、またこれを第一に行っているのは、星の数だけある団体のなかで、今も実は我々JCしかないのです。だからJC活動で得たことが会社や家庭で活用できるのです。

 出発が何もないところから否が応でも自分たちで知恵を絞って創ってゆかねばならなかったから必然的にそうなったのでしょう。

 今もJCしかない時代なのです。

 そんな団体に身を置いていることを誇りに思います。

 そしてその礎を創ってくれた当時の青年の皆さんを誇りに思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

そうだ京都、行こう

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。今日は花冷えの一日でしたね。

  桜三昧の日々ですが、わたしは毎年四月の初めの時期には京都へ桜を観に行っております。

  京都は桜の見どころが沢山です。

  桜の花びらが舞う頃、京都にいるのはたまらない贅沢なひとときです。

  思うまま、心の向かうまま京の街を歩き、美しく彩る桜を見上げます。

  

 伏見の醍醐寺は太閤秀吉による「醍醐の花見」の舞台で有名です。広大な境内にはかつて秀吉が諸大名に命じ、近江、山城、河内、大和から取り寄せた桜の木々が花を咲かせます。この春霞の下で名だたる天下人たちが豪華絢爛の宴で杯を交わし、何を語ったのであろうか。平成の世から想像してみるのもいいかもしれない。

 時は移り変わっても、桜の美しさは変わりません。

 秀吉の正室、"ねね"ゆかりの高台寺方丈園のしだれ桜、仁和寺の朱色の鐘楼が映える紅色のしだれ桜も、凛とした空気が静かにほどけてゆきます。

 

 夜は桜を妖しく美しくひきたてます。昔ながらの風情を今に残す祇園界隈は日が暮れてから訪れたい。石畳に紅殻格子の町家、茶屋が並ぶなか、紅色の灯篭がほのかに照らし、闇夜の桜を幻想的に浮かび上がらせる。美しくかすむ朧月夜も桜との相性がいい。

  『清水へ 祇園をよぎる櫻月夜  こよひ逢ふ人みなうつくしき』

                                  与謝野 晶子

 

 八重桜なら平安神宮が綺麗だなあ。

 桜に逢いに      

 この週末  

 そうだ京都、行こう。 (JR東海のキャッチフレーズです。1993年から使われてますね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

カテゴリ:

願わくば櫻の下にて

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。春眠暁を覚えず、春爛漫の今日この頃であります。

  申し遅れました理事長の前田であります。

  良い季節になりましたね。桜餅と日本茶がほっこりと嬉しく、ああ日本に生まれて良かったなあとしみじみ思います。

 

  桜も今や見頃のピークをやや過ぎました。これからは八重桜が見ごろですかね。染井吉野はその花びらを風にのせて舞っています。

  世界中で日本人ほど桜の木を愛でる国民もいないでしょう。古来より人は季節の美しさを和歌などで表現してまいりました。特に花の散り際を美しく詠んでいます。

  そして桜と和歌は切っても切れない間柄です。有名な

 『世の中に 絶えて櫻のなかりせば 春の心は のどけからまし』 

                                   古今和歌集 在原 業平  

 『ひさかたの 光のどけき春の日に しづ心なく 花の散るらむ』

                                   古今和歌集 紀  友則

など、桜がいつ咲くのだろう、この風雨で花が散ってはしまわないだろうかと心が落ち着かない。そんな心境を見事に詠っています。

 また江戸時代には「花は桜木、人は武士」と、桜の花の散りゆく姿を武士のいさぎよさに例えられて、桜は武士の精神的な象徴になってゆきます。

 『敷島の 大和心を人問わば 朝日に匂ふ 山櫻花』

                                   国学者 本居 宣長

 時代劇で有名な【忠臣蔵】には有名な桜の場面があります。

 江戸城 松の廊下にて播州赤穂五万石城主 浅野内匠頭が高家筆頭 吉良上野介への殿中刃傷沙汰により、即日に一関藩主 田村右京大夫の江戸屋敷にて幕府より切腹を命ぜられます。それは元禄十四年三月十四日ですから今の新暦ですと、だいたい4月の下旬でしょうか。

夕刻 桜吹雪の中を内匠頭は切腹の場へと向かいます。その時、

庭影にただ一人最後の面会を許された赤穂藩士 片岡源五右衛門がひかえ、君主と別れを致します。互いに言葉をかけることはできず、ただ涙にて無言のままです。やがて内匠頭は静かに歩みを進めます。涙を誘う名場面です。そして辞世の句は

 『風さそう 花よりもなお我もまた 春の名残をいかにとかせん』

桜の花の儚さと命の終焉を重ねた悲しい句であります。

 

春という季節は、陽だまりのなかに、のどかさと寂しさが同居しているように思います。

それは多分、桜の淡い美しさがどこか非現実的に観えるからでしょうか。桜を眺めている自分とその空間に隔たりを感じてしまいます。あまりに美しいものを観た時、「これってホンモノ?」と一種の錯覚をおこす、そんな不思議さが桜の木にはあります。

春はいつも出会いの時でもあり惜別の時でもあります。

森山 直太郎の『さくら 独唱』にも"惜別の時"という歌詞があります。

この曲は、わたしにはレクイエム[鎮魂歌]に聴こえます。でもただ寂しい曲ではなく、「俺も頑張るから、君もそっちで頑張れよ、でもいつかまた桜の舞い散る道の上で逢おうな」

空に向かって静かに語っている。そんな情景を想い起こします。

 

 

 『願わくば 花の下にて春死なん その如月の望月のころ』

西行法師の句です。花は櫻のことです。人生の終わりを決められるのであれば、満開の桜の下がいい。桜はすぐに散ってもまた春には花を咲かせ人々の心を躍らせる。そんな桜の下がいい。満月の夜桜ならばなおさらよいではないか。 前田流解釈で恐縮です。

 春はいいですよ。ポカポカしてて。

 ではここで一句

     春の空 花吹雪の中で  桜もち  

                             理事長 心の句  (字余りすぎ)     

                           

 

                       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。寒がりの前田です。

   春ですが、まだまだ肌寒い日が続きますね。皆さん風邪などにはご注意ください。

  今流行ってますんで。

 

 さて、このあいだ、またまた市立図書館閲覧室で新聞を読んでましたらびっくりしちゃいました。『世界の中心で愛をさけぶ』という映画がありましたが(セカチューですか。私は小説しか読んでませんが)図書館の中心でさけんでしまいました。トショチューです。図書館は静かに閲覧しなくてはなりませんね。反省。

  で、何かと申しますと、またJCの大先輩であられる鳩山総理の述べられたことです。

  少し前ですが、17日総理が[東アジア共同体構想]の講演をされ

  「『開かれた国益』という言葉をあえて使いたい。日本はまだまだ鎖国的な意識をもっている。一人一人の心の壁を取り除くことが大事な発想だ」と意義を強調した 

                                         以上産経新聞より抜粋

 

 ・・・・・・・・・・・・・・。あの『開かれた国益』とはどういう意味でしょうか。

 わたくし、まだまだ人生39年しか生きておりません。半人前であります。日々勉学だと切磋琢磨しておりますが、『開かれた国益』という言葉の意味がまったく理解できないのであります。

 世界が自民の利を守るために必死に武器なき戦争と言われる外交などを展開している中で、日本だけがなぜ今、投げ出すような態度をせねばならないのでしょうか。

 総理大臣の職責は誰よりもこの国の国民の利益を守って頂かねばならないお立場のはずです。

 マニフェストにも載っていなかった外国人地方参政権の推進も、外国に住む外国人の子どもに、こども手当を支給することも、国民に説明もなくCO2 25%削減を全世界に公約したこともすべてはこの『開かれた国益』という不明瞭な理論のため事を急いでいるのでしょうか。

 そもそも国益とは開かれるべきものなのでしょうか。

 見識がなく申し訳ありませんが、まったくお言葉の意味が理解ができません。

 

 さらに総理は講演で、東シナ海の油田問題についても「東シナ海を友愛の海にしたい。ドイツとフランスが石炭、鉄鉱で、ともに汗をかいて、二度と諍いのない両国にしてきた。それがEUを築き上げた。その原点を考えたときに、やはり、日中間でこの問題がむしろ、石油、あるいはガス田をつうじて、むしろ『友愛の海』にしたてあげてゆく努力が必要なのではないか。」

と申されてました。我国と中国は政治体制がまったく異なっております。ましてや先方の国は、この領海に海軍の軍艦を派遣した経緯もあります。我がほうは民間人が安全の保障も確保されておりません。

 また中国の主張は、東シナ海の主要部分は大陸棚であり、その大陸棚の先端と沖縄などの南西諸島との間で線引きをすることです。さすれば尖閣諸島は中国側となりましょう。

 日本の主張するエリア(これをEEZ:排他的経済水域と言います)に中国軍の艦船が侵入しても、我が国は海上保安庁の巡視船で帰ってくれと[お願い]するだけです。

 2005年9月9日 中国海軍の原子力潜水艦が宮古島の沖合を潜航したまま通過しました。当時の小泉総理は海上警備行動を発令し、海上自衛隊のP3C哨戒機が音響弾を投下し、警告したが中国側は無視し、一度も浮上することなく縦横無尽に行動しました。通常浮上しない場合は国際的には攻撃し、撃沈されても文句は言えません。少なくとも日本の潜水艦が中国の領海内で、同様の行動を行なったら確実に撃沈されるでしょう。

 中国は日本が手荒なことをしないと知っております。だからさらに大胆な行動をとるのです。

 友愛(友情)とは相手を認めるべきことは認め、しかし受入れられないことは断固撥ねつけて諌める。この毅然とした態度に相手は敬意を払い、共感し、信頼が生まれ、互いを肯定しあう。そういった精神なのだと広辞苑など様々な書物を紐解き、調べてみました

 友愛の海になされるということは、今後相手側の違法行為に対しては国際的なルールに基づき、断固たる処置をとられるのですね。内閣総理大臣は祖国防衛の要、自衛隊の最高指揮監督権を有します。(自衛隊法7条)

 この海域の『開かれた安全保障』のため、是非とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

東京湾景

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  さて本日は和歌山ブロック協議会 会員会議所会議が我が海南市で行われました。

  お越しいただきましたブロック役員の皆さん、県下青年会議所の理事長の皆さんありがとうございました。僅かな時間でしたが、少しでも歴史古き海南の街の風を感じて頂けたら幸いです。坂井副理事長、土屋副理事長、成川専務、セクレタリーで頑張ってくれました小賀君そして橋爪歴代ブロック会長、皆さん本日はお忙しいところ馳せ参じて頂きありがとうございました。

それから美登利の千賀先輩、懇親会の料理おいしゅうございました。いつも本当にありがとうございます。お店の雰囲気が海南の歴史の重みを表していると思います。

 

  本日は引き続き東京遠征写真特集です。

カテゴリ:

花の都大東京

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  連休期間中、わたくしと専務理事は日本青年会議所 第133回通常総会に出席してまいりました。久しぶりの新幹線【ひかり号】でしたが、浜松、静岡、三島など、たくさん停車していただき静岡県をたっぷり堪能した次第です。

  総会は1月の京都会議に続き、2度目の出席です。昨年も前理事長といっしょに東京へまいりました。ブロック時代にもブロック会長代理出席で、千代田区平河町にあるJC会館へ出頭致しました。わたしは東京へ行くのが大好きなので、秘かに嬉しかったのです。『東京ばな奈』も買えますし。(『銀座のいちごケーキ』なるものも美味しいです 全日本甘党より)

  公私あわせて、のぞみ号には何度乗ったことでしょう。新幹線マイレージがあったら、どれだけ貯まっているだろうか。あの約2時間半の時間は飛行機派の方々には「そんなんありえへん!!」と感じる途方もない時間でしょうが、わたしは筋金入りの陸上派です。出来ることなら外国へも電車で行きたいくらいですが、島国日本にはそれは叶わぬ夢、ならば緊急突発以外は電車を使おうと固く決めております。・・・・・まあ要するにヒコーキ怖いのですのね。

  

 のぞみ号が多摩川を渡り、東京の街を駆け抜けると、わたしの頭の中に長渕剛の『とんぼ』のイントロが流れてきます。わたしのMy東京テーマ曲です

 ラガーシャツを着ると自然と『スクールウォーズ』のオープニング曲が流れてくるのと同じです。

 

  高層ビルが迫るようにどこまでも連なり、その間をライトアップされた東京タワーが姿を見せる。駅のホームやスクランブル交差点では人の波ができ、色鮮やかなタクシーが群れをなしている。そんな風景眺めながら赤レンガの東京駅へとすべり込んでゆく。最高のシチュエーションです。しかし最近はご丁寧に手前の品川駅で必ず止まりますので、終点までのっそりのっそり運転なんですね。これじゃ『とんぼ』のイメージに合わない。ムード歌謡曲 黒沢明とロス・プリモスの『ラブユー東京』だ。(オレたちひょうきん族ではMr.オクレらが替え歌で有名に)

 会場へ向かう前に、専務にJC会館を案内しました。

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

旅立ちの時

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。

  この時期、中学、高校や大学は卒業式のシーズンですね。このあいだ大阪で、矢羽柄の着物に袴姿「はいからさん」スタイルの女子大生さんが大勢歩いておりました。レトロですなあ。そこだけ空気が大正時代でした。

  防衛大学校の卒業式は最後は制帽を高々と投げ喜びを分かち合います。リチャード・ギアの「愛と青春の旅立ち」ですね。アメリカのアナポリス海軍兵学校やウェストポイント陸軍士官学校などでは卒業式のことをCommencement(コメンスメント)と言い、これは『新しい門出』を意味します。日本では修了のイメージですから、お国柄が出てますね。

 さていつぞやか、直前理事長から「最近の中学生は学生服の二番目のボタンあげへんの?、って僕嫁さんにゆうたらうわーお父さん古ッ!!って言われてん。」と少々おかんむりでした。えっーー?ホンマですか、僕らの中学の頃なんか、かっこええヤツなんか学生服のボタン残って無かったもんな。キャー言うて同級生や後輩君たちが群がってたもんなー。  

 サッカー部とかバスケ部がダントツで、テニス部もモテとったなあ。野球部はねピッチャー以外はその他大勢扱いで、いわゆるムツゴロウと愉快な仲間たち的な関係でした。わたくし前田少年(剣道部)は2番目のボタンわざわざ外して待っておりましたが、校門でまた再び装着しました。

 

 卒業式の定番の歌は『蛍の光』『仰げば尊し』は不動でしょうが、最近の歌はアンジェラ・アキの『手紙 拝啓十五の君へ』、GReeeeN(eの数これでよかったっけ?)『キセキ』、ケツメイシ『トモダチ』(カラオケ唄えないっす 『花鳥風月』好きです)ちょっと前で、森山直太郎『さくら 独唱』(ずっとチョクタロウと思ってましたよ)あと埼玉県の校長先生が作詞された『旅立ちの日に』が卒業ソングの新定番だそうです。

  さあアラフォー世代の卒業シーズンソングは

   *贈る言葉    海援隊  (定番曲 沖縄大会でも唄ってましたね どん兵衛さん)

   *卒業       斉藤 由貴(スケバン刑事しか覚えてないです・・・ )

   *旅立ち      松山 千春(まだスキンヘッドになられる前でした)

   *春なのに     柏原よしえ(わたしは当時、早見優派でした)

 ちょっと時系列に無理があるかな?

 あと荒井由美の『卒業写真』。実はわたしは高校の卒業アルバムがもう無いんです。神戸の震災で失ったので、この曲を聴くと懐かしいけどちょっと寂しい気分ですね。

 サザンのYa Ya[あの時代を忘れない]は大学のキャンパスライフを想い起こさせます。

 ほぼ学ラン生活だったから、歌詞とのイメージのギャップがかなーりありますが・・・。

 でも懐かしいですね。

 

  Suger ,suger ,ya ya,petit choux

  もう一度だけ会えたら

  Pleasure, pleasure, la la, voulez vous

     いつの日にかまた               

                                                   Ya Ya[あの時代を忘れない]                        

 

   

カテゴリ:

もう春が ペンキを肩に

いつも心に太陽を!

   皆さんこんばんは。理事長の前田です。海南も雨でしょうか?

  遠くの山々に山桜が咲きだしましたね。ミドリのなかに淡いトーンが散らばっています。

  南紀の勝浦や串本あたりでは菜の花が黄色の絨毯のように一面に広がっています。

  もう春がペンキを肩に お花畑の中を散歩に来ているようです。

  

  さて土曜日の例会の様子ですが、中身はJCプレスにお任せ致しまして、本職のカメラが撮った一コマです。

 

  

カテゴリ:

御礼申し上げます

いつも心に太陽を!

  皆さんこんにちは。理事長の前田です。

  まずもちまして海南JC3月例会 ~日本の力体験 食と化学~「君こそ未来の科学者だ!!」にお越しいただきました地域の皆さま本当にありがとうございました。至らぬ点もあったかと思いますが、我々と貴重なお時間を共有して頂き、今後の益々の励みになった次第であります。

  今回主役のちびっ子ちゃんたち、本当にありがとうね!JCのお兄ちゃんたち(おじさんたち)は君たちがこれからもいっぱい不思議をみつけて、世界が明るく豊かになる大発見を期待してますね。勉強頑張ってな!! 

  それから実験を行なって頂きました三井化学 【ふしぎ探検隊】のスタッフの皆さま、早朝より遠路大阪からお越しいただき、ありがとうございました。子どもたちといっしょに、「うわーこんなになるねんなー!」と童心にかえった気分でした。これからも全国各地の子どもたちに夢と感動を与えて下さい。皆さんお体にお気をつけて下さいね。

  そして下津小学校宮尾校長先生をはじめ教職員の皆さま、週末にも関わりませず教室を使わせて頂き誠にありがとうございました。先生方の気配り、また新しい校舎で開催でき、すがすがしい気持ちで例会をおこなえました。引き続きまして我々海南JCも青少年育成活動に努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願いします。

  最後に、JC事業委員会の皆さん本当にお疲れ様でした!JCメンバー皆さんに委員会さんの情熱が伝播したと思っております。会員の皆さん、準備や激励のお声掛け本当にありがとうございました!

  さあ次は4月例会ですね。頑張りましょか!!!      

                                               出張先にて

  

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。只今出張から戻りました。ここ数日冷たい雨が続いてますね。何だかブラッド・ピット主演の『セブン』(監督デビット・フィンチャー 1995年)にでてくる街のようです。 モーガン・フリーマンが定年前の渋い刑事役を演じてました。映像全体も渋い色合いですが、これは[銀残し]という手法で、日本映画が60年代に最初に実用し、世界に広まったそうですね。

 

  さてさて国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の野口聡一さんが、自らが企画した「おもしろ宇宙実験」を行ない、公募で選ばれた3種類の実験を披露しました。野口さんは普段着でステーション内にある日本実験棟『きぼう』に登場し、無重力でハンマーを回転させて重力の位置を調べるなどを行ないました。映像は宇宙航空研究開発機構(JAXA)のHPで公開されるほか、小中学校の理科の教材用に加工して、希望者に配布するそうです。以上産経新聞よりの抜粋です。

 

  いよいよ次の土曜日は海南JC 3月例会です。 

  ~日本の力体験 食と化学~「君こそ未来の化学者だ!!」と題して、子どもたちに化学への興味を持つきっかけとなり、なんでだろ??がやがて大きな発見に繋がってくれれば嬉しいですね。希望の星たちです。あの宇宙飛行士の毛利衛(もうり まもる)さんも幼少の頃化学実験が大好きで、やがて宇宙に行ってみたいという夢を持ったそうです。

 

 

  我国の化学技術は世界がもっとも注目をする分野です。ノーベル化学賞も1981年福井謙一博士から2008年の下村脩氏まで5名の方々が受賞されています。日本の技術ここにあり!であります。しかし近年の若者の理系離れが問題となる中で、こともあろうか政府は科学分野の予算を削減するという愚挙を進めております。(あと別分野で防衛費削減というのは、いま日本を取り巻く情勢を考えたら暴挙の域でありますが)

 10年後か20年後に芽がでる希望の種を今たくさん蒔かねば日本の国際貢献は続きません。事業仕分けとやらで「2位でもいいんじゃない?」という趣旨をある方はテレビを通じて述べられましたが、先端技術に2位もなかろうと憤慨していたのは本職だけでしょうか?

 技術は日本の礎です。その研究の継続を止めれば現在と未来がぷっつりと切れてしまうのです。喜ぶのは日本を追い越せ、追い落とせと切磋している国々でしょう。

 

 

 

 バンコク最終編です。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。今日は雛祭りの日でしたね。我が前田家には女の子はおりません。(元女の子は数名いますが)だから友達の家なんかで雛人形が飾られていたら新鮮ですね。じっくり眺めてしまいます。お内裏様とおひな様の並びは古式では向かって右が男性、左が女性です。今でも京都を中心に関西地方ではこの並びが多いですが、関東では逆が多いような気がします。

 二段目は[三人官女]ここはトリオですね。たしか真ん中の女官さんは眉なし、おはぐろの既婚者で、女官長ですかね。かしまし娘の立ち位置でいう正司歌江さん(長女 三味線担当)でしょうか。

 ・・・・・また若年寄を発揮してしまいました。その下は五人囃子、楽団ですね。五人だから英語で言うとクインテットかな。なんだかグレンミラー楽団のようです。問題はその下のコンビなんです。キンキラの若者と白髪の御老体、何のユニットだ?と不思議でしたが彼らは右大臣、左大臣だそうです。大臣閣下でしたか、ちょっとインタビューしてみましょう。御老体すみませんが役職名は?

 御老体「たわけっ、ワシが左大臣じゃっ よく見ろ古式ではお内裏さんから見て左におる

      じゃろうが、かつて朝廷では偉い者は帝の左側に座ったのじゃ。だからワシのほう

      が偉いのじゃっ。」

 失礼しました。大臣、ときに子ども手当の支給についてはどのようにお考えですか?あっ大臣!、大臣どちらへ!、幹事長と打ち合わせですか!・・・行ってしまわれた。あれっ右大臣の姿もない・・・・・・・・。これじゃ今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃーござんせんか。 

(鶴田浩二 名曲『傷だらけの人生』より)

 一応わたくしは昭和45年生まれですので、あしからず。

 

 

さて【バンコク編】ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

      

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。三月に入りました。二月は逃げる、三月は去ると申しますが、時の経つのは早いものです。

  今日で長かったバンクーバー冬季オリンピックも閉会式を迎えました。オリンピックの時期はわたしはいつも以上に健康になります。なぜって日々即席日の丸おじさん(まだおにいさん)状態でテレビに向かって応援しているからです。パワーストーンじゃありませんが、わたしはいつも日の丸グッズを身に付けております。10代の時からですから長いですねえ。そういえば本物の日の丸おじさん(オリンピック応援団長 山田直稔さん)が北京オリンピックを最後に応援団長を引退されましたね。今はどなたが引き継がれたのだろう?空席のまま?日の丸おじさんオーディションがもしあるのなら、日ごろJCで鍛えた3分間スピーチとこのイッセー尾形似の一応爽やかな笑顔で(うちの野田君には負けますが)優勝できないでしょうかね?頑張りますよ!

  わたしの中の思い出のオリンピックとして、昭和59年(1984年)のロサンゼルスオリンピックの柔道無差別級の山下選手の金メダルは圧巻でした。決勝戦痛む足でエジプトのラシュワン選手に挑み熱戦の末、体勢を崩したところを横四方固めでの一本勝ちでした。

 表彰式では君が代が流れるなか、溢れる涙を拭いもせず国旗に注目している男山下選手に、当時14歳であった前田少年も涙でこの中継を観ておりました。以来今日までわたしはオリンピックの金メダルの表彰式シーンは涙が止まりません。何で?と言われても困りますが、確実に泣きます。悲しいドラマを観ても絶対泣かないわたしがです。でも表彰式のシーンはだめですねえ。俺は徳光さんか?とたまに自分でも思いますが、ここまできたら条件反射の世界です。だから応援の際にはタオルが必須なんです。

 オリンピック以外では昨年のWBCの日韓決勝戦も涙涙でした。今でも思い出すとやや涙腺が緩みます。そういえば世界一直後に当時の前窪理事長にお電話したら、電話口で鼻ぐしゅぐしゅの涙声でした・・・。この方もわたくし以上に涙もろい方でございますのでね。

 外では男子の沽券にかかわりますので泣かぬよう努力しております。はい。

 

 今回金メダルは一人もおりませんでしたが、浅田選手、真央ちゃんのあの悔し涙はわたしももらい泣きしてしまいました。本当に悔しかったんだと思います。

 ずっとずっと朝から晩まで練習に練習を重ね、ひた向きに努力をし、スランプの時も顔で笑って周りを明るくし、でも心の中で泣いていたのだと、わたしの勝手なイメージかもしれませんが、それでもあの悔し涙は素人のわたしにも強烈に響きました。ホンマに悔しかったんやなあ、と。銀でもよかったやんとはとても言えません。

 真央ちゃん金メダル取るまでこの紀州の日の丸おいやん(まだおにいさん)はずっと応援するからね!! 

 日本選手団の皆さん本当にお疲れ様でした。皆さんは我々の誇りであります。

 

 

 追伸 國母選手さん、あなたはこれからも『バンクーバー冬季五輪での日本代表』という肩書が付き、また次の大会でも代表になるチャンスが巡ってくると思います。でもその前に最低限服装のTPOは守りましょうや。あなたは誰でも着れるブレザーを着ていたわけではない。そのブレザーを着たかった者のためにも、これからビシッと決めるときはビシッと決めて下さい。古来着物の乱れは武士の恥と申します。

 抹香くさい事を申し上げました。同じ青年ですが、あなたよりは多く人生の門松をくぐった者の説教であります。ご無礼を。

 

 

 

 

 

 

 さて今日は南方旅行ご報告の続きも。【チェンマイ編 後半】です。

 

 

カテゴリ:

桃李不言下自成蹊

いつも心に太陽を!

  皆さんこんばんは。理事長の前田です。梅の花に続き、桃の花も咲きだしました。

 海南市の北部の高津地区は桃の産地でありまして綺麗な花が心を和ませます。

 お隣の紀の川市桃山町はこの時期、町が桃色の霞の如く美しい光景で、まさに桃源郷であります。

 和歌山県に生まれて良かったことの一つは美味しい果物に恵まれていることでしょう。

 さて桃といえば思い出す言葉はタイトルの漢文です。これは司馬 遷の史記から引用しました。『桃やスモモの木は何かを語るわけではないが、その清楚な花や瑞々しい果実が人の心を引き寄せ、自然と小道が出来上がる。人も同じで、徳のある者は黙っていても慕われ、周りに人が集まってくる。』という意味です。東京の吉祥寺にある成蹊大学の名前もここから由来していると聞きました。読み方は(桃李ものいはざれども、下おのづから蹊を成す)

 わたくしも三月だからもうすぐ菱餅が食べられるなあ、ひなあられも美味しいなーなんて、太平楽をならべている場合ではありませんね。TVタックルの三宅先生から「あーたねっ!!」とお叱りを受けそうです。精進ですね。

 精進といえば、おとついの金曜日御坊青年会議所さんの公開例会にお邪魔してまいりました。

カテゴリ:

いつも心に太陽を!

 皆さんこんばんは。理事長の前田です。 春を想わせる陽気な一日でした。これからひと雨ごとに暖かくなってゆきますが、我々関西人は奈良の東大寺二月堂のお水とりがすまないと春が来たって感じがしませんね。(えっ若年寄りのわたしだけ?)

 さて先だって行ってまいりましたタイ王国への旅行です。まずは最初に訪れたチェンマイから。

 関西国際空港から飛行機で概ね6時間、タイ バンコクのスアンナプーム国際空港に降り立ち、そのまま国内線でチェンマイへ向けてまた1時間飛行機に乗りました。

カテゴリ:

JCPと幸せの写真

いつも心に太陽を!

 

 皆さんこんばんは。理事長の前田です。

   昨日はJCP(ジェイシーパトロール)の日でありました。このJCパトロールはJR海南駅周辺を海南警察署の地域課のお巡りさんといっしょに巡回しております。いつもパトロールと印字され反射板付きのベストとフラッシュライトをお借りし、安全を確保して活動しています。

JCP.JPG

カテゴリ:

毅然とあれ!

    いつも心に太陽を!

 

 皆さんこんばんは。理事長の前田です。今日は昼間はあたたた、失礼、暖かかったのですが、陽が落ちるとやっぱり寒いです。タイが懐かしいです。バンコクでは日中は36℃でした。

 

 

 さて真面目なお話を。本日2月22日は「竹島の日」であります。

 先だっての北方領土問題同様、この竹島(韓国では独島 ドクトと呼ばれている)は歴史的にも国際法に照らし合わせても我国の固有の領土です。先日韓国の学生がソウルの日本大使館前で竹島表記の書籍を破り捨てるパフォーマンスを行なっておりました。たしか2年前はデモ隊が日本の国鳥である雉(きじ)をハンマーで叩き殺して気勢をあげておりました。動物虐待ショー以外のなにものでもありません。動物を愛する者として断じて許せません!

 我々は、これらを反面教師とし、毅然とした態度で、言葉で、竹島の即時解放を要求してゆきましょう。竹島問題、詳しくはどうか島根県庁のHPをご覧ください。日本青年会議所も領土領海問題として採り上げております。

 島根県民の皆さん、島根県・鳥取県の漁業関係者の皆さん、島根ブロック協議会の皆さん、島根県下各地青年会議所の皆さん頑張ってゆきましょう!、わたくしも非力ながら国民の一人として頑張ります!

 

 わたしは実は今年中に一度対馬を訪れようと思っています。

 この国境の島が今、大いに揺れております。気がつけば日本ではなくなってしまう事態にもなりかねません。わたしも当初半信半疑でしたが、JCの仲間たちに聞けば、楽観できる状態ではないようです。だから一度この目で今何がおきているのか確かめたいと思います。前にも申し上げましたが、領土領海は単なる国の広さ自慢ではありません。国益(国民の利益)そのものです。

 未来のために守ってゆきたい。

 

カテゴリ:

    いつも心に太陽を!

 

 皆さんこんばんは。理事長の前田です。御無沙汰いたしております。各方面の方々から「前田はまだタイを彷徨っているのか?」という情報を頂きました。スミマセン。とうの昔に帰国しております。おかげ様で無事に南方より帰還いたしました。時の過ぎゆくままにこの身をまかせ、パソコンを忘れたまま出張し更新できず、またデジカメのコードを現在全力で捜索中でありまして最近の写真も添付できず、失態続きの理事長でございます。

 南方旅行ご報告は改めて訪れた【チェンマイ編】【バンコク編】と分けてお送りいたします。

 さて、先日土曜日は我が海南青年会議所(海南JC)の2月例会でありました。和歌山市にありますラウンドワン和歌山店でボウリングを行いました。この例会は現在仮入会員の皆さんにJCメンバーと親交を深めて頂こうと企画いたしました。担当委員会であります上芝委員長をはじめ会員開発委員会さん本当にお疲れ様でした!

カテゴリ:

南方へ行ってきます

    いつも心に太陽を!

 

 こんばんは。理事長の前田です。本日の晩、事務局にて三役会議がありました。もうすぐ2月理事会です。6月例会が今回初協議です。理事会進行暦ではすでに初夏です。

 そして楽しみな2月例会。プロボウラーさんの技が目の前で見られるのです。最高です。

 わたしは三段跳びや幅跳びもそうでしたが、歩幅が途中で分からなくなり、字余りならぬ「歩幅余り」でレーン内へ突っ込んでゆきます。一度などはボールといっしょに滑ってゆきました。恥ずかしいですよ。大注目です。ガターも多いです(ガーターって言ってましたけど正しくはガター GUTTERだそうです。知らへんかった。)だからスコアを見たらGだらけで即席ジャイアンツ党です。

 皆さん2月20日はラウンドワンで頑張りましょう!それからこの日は仮入会員さんも来られます。またJCの楽しい雰囲気を感じてと、メンバーの知り合い、友人の方々もお越しになります。我々正会員は理事長も含めてホスト側の人間です。来られた人に満足してもらえるよう、思いやりをお願いします。そしてまた後日改めて真剣に議論をしているところや奉仕活動などをしているところも見ていただき、楽しむ時は楽しむ、ビシッと決める時は決めるカッコイイJCマンを披露しようではありませんか。 

 

 ところで理事長は11日より16日まで業界の方々と旅行に行ってまいります。タイ王国です。

 タイは昨年8月にGTSで訪れて以来です。また食の修練が・・・・。今回はチェンマイまで足を伸ばします。うちのばあ様はタイへ行くといったら「ああ南方方面にゆくんかえ。マラリアに気をつけてな。乾パンはカバンに入れたか?」と会話が昭和に逆行してゆきます。違和感なく聞いてるわたしもどうかなと思いますが。

 

DSC01702.JPG

                  【某所隠れ家にて バンコク市内図を見る】

 

 

 

DSC01708.JPG         【本日、地球を征服す。  メッセージクリップ バンコクはいずこ】

 

     ※皆さん2月11日は祝日《建国記念日》です。

  祝日ではご家庭で国旗の掲揚をお願いします。我が前田家も特大日章旗を軒先に掲げております。(風の強い日は旗がうなり、飛んでゆきそうな勢いです)

     それでは失礼します。また寒気がやってきます。お体にお気をつけて下さい!

     

カテゴリ:

     いつも心に太陽を!

 

 こんばんは。理事長の前田です。いつもご挨拶がこんばんはで始まってしまいます。さすがに昼間職務中にブログはできませんので、どうしても夜のご挨拶になってしまいます。

 夜のご挨拶。なんだか≪夜のお菓子≫うなぎパイ的な響きが致します。そういえば以前JCの全国大会で浜松市を訪れましたが、毎日大好きなうな重で幸せでした。浜松JCさんその節はお世話になりました。うな松君はお元気ですか?(大会キャラクター)

 さて2月7日和歌山ブロック協議会主催の事業説明会及び意見交換会が田辺市ガーデンホテル ハナヨにて行われました。

DSC01664.JPG

         【会場に持参した海南JCの資料 最前列にて肝っ玉のすわった専務と着座す】

 

 

 

カテゴリ:

                           いつも心に太陽を!

 

  こんばんは。理事長の前田です。寒い日が続きます。冬晴れの空にちぎれ雲と工場の煙が流れてゆくのを眺めながら、今日は野外にてハムカツパンとコーヒー牛乳で昼食を摂っておりました。私の昼の定番メニューです。甘辛いカツソースとほろ苦いコーヒー味が合わさって美味しです。高校時代、購買部でもよく買って食べましたね。2時間目が始まってからこっそり教室から脱出しましてね。 ・・・・スミマセンまた話が脱線しました。

 さて2月6日ですが有田川町きびドームにて、第29回北方領土返還要求和歌山県民大会に参加してまいりました。

 DSC01652.JPG

              【会場内の様子 遠く根室市から石垣 雅敏副市長もお越しになりました】

  

 

カテゴリ:

 

             いつも心に太陽を!

 

 こんばんは。前田です。2月に入りました。この月は別名梅見月(うめみづき)と呼ばれるように梅の花がそろそろ咲き始めます。紀州の南には有名な南部(みなべ)梅林、田辺梅林が有り、最盛期には山一面が白く咲き乱れ、梅の香が遠くまで漂います。和歌山県は日本一の梅の産地であり、私はここの南高梅(なんこううめ)があれば今でもご飯2杯はぺロリです。 わが前田家家訓「健康は食事の際に梅二つ」。

 

 さて最近ニュース番組をほとんど観なくなりました。理由は一つ。ニュースキャスターさんなどのコメントが余計なんですな。  

 だから新聞を読んで拙いながらも自分で考え、判断しています。それも複数読むよう心掛けてます。家で読んで「ん?何ナリか?」〈キテレツか〉と思ったら図書館で別の新聞読んでます。

 そんな中ふと目に落ちた記事が30日の新聞で、鳩山総理が参院本会議で述べた内容にインドの建国の父、マハトマ・ガンジーの言葉を盛り込んでいたこと。これは昨年末に総理がインドを訪問した際、ニューデリーのガンジー廟に彫られていた『七つの社会的大罪』に感銘を受け、自身の政治理念と非常に重なるとのことで引用されたそうです。

 その中にある「労働なき富」は総理ご自身母上から毎月1500万円の資金提供を受けていた問題を想起させた。総理!総理!総~理~! 以前こう叫んでいた議員がおられたが、わたしも思わず叫んでしまった。図書館のなかで。寅さんなら「おいちゃん、それを言っちゃーオシメイよ」だろう。 

 昨年だったか海南駅前で選挙応援中の鳩山氏にばったりお会いしました。いちおう「こんにちは。」と礼をすると「はいはいこんにちはー。よろしくねー。」とにこやかに去ってゆかれた。たぶん性格は良い方なのだろう。やさしい人なのだろう。しかしKYなところも持ち合わせていらっしゃるのだろう。そうでした総理もJCの先輩でございましたね。(室蘭JC)

  先輩、失礼しました総理大臣閣下日本国の舵取りを本当に本当にお願い致しまする。

皆さんご参考までにガンジーの『七つの社会的大罪』ですが

*「理念なき政治

*「労働なき富

*「良心なき快楽

*「人格なき教育

*「道徳なき商業

*「人間性なき科学

*「犠牲なき宗教

 の以上です。今の日本にも改めねばならないことが多いように感じます。

 しかしどこの国でも偉人と呼ばれる人はすごいなあ。

 

 

カテゴリ:

     いつも心に太陽を!

 

皆さんこんばんは。前田です。

先だって29日に私ども(社)海南青年会議所【海南JC】 1月定時総会がありました。

総会は我々海南JCの針路を決める大事な集まりです。そしてこの1月定時総会は、このたび40歳でJCを卒業される方々の最後の舞台であります。

 

 

カテゴリ:

京の都へ集結 !!!

                 いつも心に太陽を!

 皆さんこんばんは! 理事長の前田です。

 先だっての週末、恒例の京都会議に行ってまいりました。全国のJCが集結です。

 冬の京都はいつ訪れても趣があって良いです。洛北の北山あたりの山々が冠雪し、空気もピンと張りつめている感じがします。

DSC01644.JPG

    23日(土)夕方京都国際会議場にて集合写真。LOMナイトには大江君も参加

    翌日には日置君も駆けつけてくれました(米穀部会へも出席)

  2010年日本JCが掲げる『陽はまた昇る 地域を照らす光明たれ!』は私たちの日本の現状を打破するにふさわしいスローガンだと思います。

 

 

カテゴリ:

1月16日。和歌山ブロック協議会 会員会議所会議が和歌山市で行われ、我が同志 野田 頼もしいリーダー育成委員会 委員長と懇親会で和歌山城をバックに撮りました。

 

DSC01623.JPG

上記のお店はダイワロイネット3Fにありますが、なかなか料理も美味しく、雰囲気もロケーションも良かったですな。わたしも今度は家内を連れてゆきます。

カテゴリ:

 

いつも心に太陽を!

 

~笑顔の法則

 

ごあいさつ

 

皆さんはじめまして。

 

わたくし (社)海南青年会議所【海南JC】2010年度理事長

をおおせつかりました前田 崇之です。

 

 

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

私たちJCは全国各地でふるさとの未来の為に、

 

またふるさとの集合体である日本の未来の為に頑張ろうという20歳から40歳までの若者の集まりです。

 

海南JCは1969年から活動を始めております。

 

私たちJCは『明るい豊かな社会』の実現ということを掲げています。

わたしはこれをどんな時でも互いに笑顔を大事にしてゆく環境づくりだと考えます。

 

笑顔

 

人が生きてゆく中で一番多くありたいと願います。

 

でも悲しい時やつらい時こそ笑顔のありがたみが分かるんですよね。

 

 

 

 

いつだったか昔「笑顔の法則」っていうテレビドラマがありました。

 

 

主演が竹内 結子さんで、わたくし大ファンで当時欠かさず観てました。

(この女優さんの良さについてはまた改めて)

 

ドラマは彼女が演じるOL倉沢祐美は突然のリストラに呆然とするも神様がくれたチャンスと前向きに仕事を探してゆきます。

 

そしてひょんなことから人気漫画家(阿部寛)の助手として奮闘してゆき、成長してゆく様子を描いています。

 

舞台が伊豆長岡の老舗旅館という変わった設定でしたが、

 

ここの頑固女将扮する野際陽子さんが

(わたしの学生時代は冬彦さんのお母さんで一世風靡しましたな)

 

またハマリ役で、ストーリーも面白く風景や脇役とのやりとりなど、観ていてホッとするようなドラマでした。

 

 

主人公の祐美は自分が笑顔であれば相手も笑顔になりその人がまた誰かを笑顔にし、それが連鎖してゆく。

だから私は笑顔でがんばってゆきたいと。

 

笑顔の法則ですね。

 

 

 

老若男女を問わず笑顔がいい人はそれだけで周りの雰囲気が明るくなります。

 

 

「いつもこころに太陽を」わたしの好きなフレーズです。

 

 

皆さんいつも心に太陽を持って、笑顔で頑張ってゆきましょう!

 

 

これから始まります理事長ブログどうぞ宜しくお願いします。

 

カテゴリ:

このページのトップへ