2013年度スローガン「初志貫徹~千万人といえども吾往かん~」2013年度理事長 小浦高義

カレンダー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

2013年12月のアーカイブ

温故創新

 

 

 

みなさん、こんにちは。

 

 

 今年も残すところあと2日となりました。一年間続けてきたブログもこれで最終となります。

 

 

 海南JCの活動を世間の皆様に知っていただくため、木地先輩の年間40回を目標に更新をしてまいりましたが、今回が41回目ということで目標達成することができました。

 

 

 

 

 来年は、上芝理事長の掲げる「温故創新」のスローガンの下、全員で明るい豊かな社会の実現に向けて頑張ってまいります。

一年間お付き合いいただきまして本当にありがとうございました。

 

 

 

 

DSC_0471.jpg

  いざ、参る!

 

 

 

 

 

カテゴリ:

最終公務

 

 

 12月21日(土)、からすま京都ホテルで開催された、近畿地区協議会第3回会員会議所会議に出席してまいりました。

 すべての事業、例会は終わっても12月末日まで理事長職は続いているということを忘れてはいけません。この日の地区協議会の最終行事にも多くのメンバーの皆さんが参加していました。

 

 

 それにしても、こんなに京都に足を運ぶことになるとは思っていませんでした。JCに入会していなければ来ることもなかったでしょう・・・。

第二京阪から阪神京都線を通るとあっという間に市内中心部!いつのまにかこんなにいい道ができていたとは。

 

 

会場のからすまホテルに到着。雨が降っていて寒いです。

 

 

 

P1050022.JPG

役員起立でお出迎え

 

 

 

 会議は滞りなく進み、後半では次年度の地区大会のPRが行われました。開催地は白浜・田辺の地です。

 

 

 

P1050028.JPG

原見理事長ご挨拶

 

 

 

P1050029.JPG

早稲田次年度理事長の挨拶

 

 

 

 次年度の地区大会は海南JCも副主管を担います。2日間にわたる地区大会をともに盛り上げていきましょう。

 

 

 

 

カテゴリ:

有終之美

 

 

 12月7日、かめやさんにて今年最後の例会を開催しました。この例会ではメンバーがお互いの労をねぎらうとともに、今年卒業するメンバーにとっては現役最後の例会となりました。

 

 

 

P1040973.JPG

 

 

 例会のはじめに、今年卒業する廣田君、橋爪君、高原君に後輩へのメッセージなどを語っていただきました。

 

 

 

P1040974.JPG

ひろぽんこと廣田君

 

 

 

 

P1040978.JPG

今年の和歌山ブロックMVP? 橋爪君

 

 

 

P1040980.JPG

高原君 もう少しJC生活を過ごして欲しかった・・

 

 

 

 その後、メンバーがお互いお酒を酌み交わし一年の労をねぎらい、卒業生に感謝の気持ちを伝えました。

 

 

 

 12月例会をもって、今年のすべての例会、事業を無事に終了することが出来ました。

一年間理事長を務めるにあたり、支えていただいたすべての皆さんに心から感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040984.JPG

 

 

 

 

   

ご卒業おめでとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

伝統継承

 

 

 12月1日、「わくわく体験!伝統文化~お正月編~」を開催しました。最近ではクリスマスやハロウィンに話題を奪われてしまっているお正月の魅力を子どもたちに伝えるため、昔ながらのお正月行事を体験していただきました。

 

 3つのグループに別れ、「餅つき」「かるた作り」「凧作り」に挑戦しました。

 

 

 

DVC00353.JPG

餅つき体験の様子

 

 

 

 最近では、ウイルス感染を気にして餅つき行事が減っているとか。さびしい世の中になりました。

かるた作りでは、海南・紀美野にちなんだ文章に合う絵を描いてもらいました。

 

 

 

 

 

DVC00356.JPG

かるた作りの様子

 

 

 

 その間も、餅つきブースではひたすら餅が出来上がります。腰の痛みに耐えながら、餅つきに次ぐ餅つき。合計一斗五升のもち米が餅に変身、餅つき班の皆さん本当にお疲れさまでした。

 

 

 

DVC00360.JPG

かなりの重労働!

 

 

 

 

 出来上がったかるたを使ってのかるた大会の後、最後は"鉄板"の餅投げで参加者が大盛り上がりとなり、事業は無事終了しました。

 

 

 

 

DVC00362.JPG

ジャンボかるたとり大会の様子

 

 

 

 

 

 やっぱり日本人はお正月ともちが大好きなんだと感じた一日でした。D.N.A委員会の皆さんお疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ: