2016年度理事長 加藤和也

カテゴリ

カレンダー

2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 先月の26日、海南JC8月臨時総会が開催されました。私が昨年理事長予定者として挨拶をさせていただいてから早いもので1年が経ちました。

 やはり8月臨時総会は次年度の理事の発表があるので、少し次年度の雰囲気も出てくるのですが、まだまだ本年度も残っているので最後まで全力疾走でお願いしますと挨拶させていただきました。

 この8月臨時総会も総務広報委員会さんに委任状100%回収をしていただき本当に感謝しております。総会という海南青年会議所で最も重要な決議の場において、委任状100%は非常に大切だと感じています。

 実はこの100%の委任状回収は、私が総務広報委員会の委員長を務めさせていただいた際、今までと違うことをやってやろうと考え、当時の1月総会の際に当時のメンバー全員から委任状回収を達成しました。(過去に既に達成された先輩がいらっしゃいましたらすみません!)

 ある程度までは回収できるのですが、やはり問題は出席率の低いメンバーの方からの回収です。当時を振り返ると、未回収のメンバーにしつこいくらい何度も電話をさせていただいたと思います。100%回収まであと1枚となっても、私は満足しませんでした。「さすがに100%回収は無理か。ここまで頑張ったからええやんか」と妥協することもできました。でもここまで来たら何が何でも回収したいという思いが強くなり、最後は自ら委任状を取りに行きました。そこまでするかという方もいらっしゃるかもしれませんが、今思えば総務広報委員会の私なりの全力疾走だったと思います。私が言いたいのは、委任状を送ってもらえなければ取りに行けということでなく、無理と決めつけず行動することが大事だということです。

 私の後任の歴代の総務広報委員長の方には、私が100%回収を達成してしまったばっかりに大変なプレッシャーを与えてしまい申し訳なかったですが、今や総会の委任状回収100%は当たり前のものとなりました。メンバーにも委任状は必ず返信するという意識も浸透しましたし、本当に当時達成してよかったなと感じます。

 理事長所信にも書かせていただきましたが、1人の意識が変わると、それによって委員会を変え、理事会を変え、そして海南JC全体を変えるのです。そして海南JCの活動が少しでも他の方の意識を変えることができれば本当に素晴らしいことだと思います。

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/958

カテゴリ: