組織

理事長
日置 公万
副理事長
山東 洋介
副理事長
吉田 享平
副理事長
寺下 裕崇
監事
上芝 卓司
監事
加藤 和也
直前理事長
小椋 孝也
専務理事
西山 優
総務広報系/CD・事業系委員会
委員会名:地域力向上委員会
担当副理事長:山東 洋介
委員長
角田 周士郎
副委員長
吉野 祥司
副委員長
岩橋 順子
委員
楠岡 桂一
委員
山本 恭右
委員
保田 敏行
方針
当委員会は総会の円滑な運営に努めるとともに、日々変化してく現在社会の中で、普段当たり前に見て触れて感じていることのプロセスに重点を置いて、目的達成の過程で経験する気持ちや感情をより深く学んでもらえるような運動を行い、地域団体の先駆者であるという自覚をもって青年会議所活動に取り組んでいく所存です。
まず、創立50周年という節目を迎えるにあたり、過去の活動や理念、志について深く学び、私たちの役割を自覚しJAYCEEの資質を向上させ、行政をはじめとする関係諸団体と協力し、地域力向上へとつなげていきます。そして、海南市・紀美野町に住む次世代を担う青少年たちに、物事を他人に発信する立場に立ってもらい、その過程で感じる人と人とが支えあう温もりや、イメージや気持ちを形に表現するための行動を起こすことで、将来への自信と勇気を培っていけるよう、青年会議所だからこそできる場を提供します。さらに、それらの活躍を多方面に発信するために、従来のJCプレスやSNSは勿論のこと動画配信サイトなど活用し、文書では伝わらないリアルな情報を発信していきます。また、それらを周知徹底する事で、本年度の最重要課題でもある会員拡大の強化にもつなげていきます。
海南青年会議所に関わる全ての人々から受け継いだ50年間のバトンに、私たちの熱い想いを乗せて、魅力あふれる海南市・紀美野町へと伝承していきます。
事業計画
  • 青少年育成事業
  • 地域開発事業
  • 定時総会(1月)
  • 臨時総会(8月)
  • 担当例会(6月・11月)
  • LOM内褒賞の実施
  • 基本資料の作成
LD系委員会
委員会名:フレンドシップ委員会
担当副理事長:吉田 享平
委員長
森脇 啓太
副委員長
中谷 敦憲
副委員長
割石 一郎
委員
重松 寿典
方針
海南・紀美野地域は人口の減少や若者の地元離れなどの様々な要因があり、海南青年会議所は20名以下となりました。全国的に会員数が減少している中、この海南・紀美野地域においても、会員拡大が容易ではない事はメンバー全員が感じていると思います。先輩方が築いてこられた歴史を伝承してくためにも、本年度は20名の会員増を目指すとともに、創立50周年を盛大に盛り上げるゴルフコンペ及び記念式典祝賀会を開催いたします。
まずは、メンバー全員が現状を把握し拡大に取り組まなければならないという自覚を持って行動するために、入会対象者リストの作成や更新を迅速に行い、コミュニケーションツールを有効に活用することで、全員で情報を共有します。そして、入会対象者リストを充実させスムーズに入会へと導くために、全メンバーを少人数の班に分け、入会対象者の発掘と声掛けを行うことで、メンバー一丸となって会員拡大に取り組みます。さらに、入会対象者が気兼ねなく入会できるようにするために、対象者が参加しやすい、交流を目的とした例会を行い、メンバーとの親睦を深めます。また、周年記念式典、事業へと繋げるために、趣向を凝らしたゴルフコンペで参加者の方々を迎え、創立50周年の第一歩を成功させます。そして、50周年という大きな節目を迎えるにあたり、礎を築いてこられた先輩、支援して頂いた関係諸団体や各地青年会議所の方々に感謝の意を表するために、盛大な周年記念式典祝賀会を開催し、来ていただいた方々に満足してもらえるような時間を作ります。
1969年の創立より受け継がれてきた「明るい豊かな社会の実現」を目標に多くの志を同じうする者が集まれるよう全力で邁進します。
事業計画
  • 会員拡大の強化
  • 会員研修
  • 会員交流
  • 担当例会(3月・4月・9月・12月)
  • 周年式典祝賀会
  • 新入会員セミナー
  • ふるさと海南祭りへの協力
  • 各種事業・団体への参加協力
50周年実行委員会
委員会名:50周年実行委員会
担当副理事長:寺下 裕崇
委員長
山東 洋介
副委員長
吉田 享平
方針
我々の住まうこの海南・紀美野地域は、四季を通し温暖な気候に恵まれていることから、みかんなどの栽培が盛んです。また、紀伊水道を臨む沿岸部では、多様な海の幸にも恵まれています。産業においては、古くより紀州漆器や棕櫚製品などが栄え、近年は家庭日用品の全国一の産地となっています。そのような地域に、1969年11月3日、日本で426番目の青年会議所として海南青年会議所は誕生しました。創立当初から現在に至るまで目まぐるしく変化する社会情勢の中、英知と勇気と情熱をもって地域発展に取り組まれた先輩諸氏の功績に万謝の念と敬意を表するとともに、創立50周年という大きな節目のスタートラインに立った我々は、心をひとつに「明るい豊かな社会の実現」に歩みを進めなければなりません。
まず、創立より歴史を築いてこられた先輩諸氏に謝意を表するとともに、平素より我々の活動に深い理解のもとご助力いただいている行政、各種団体や、青年会議所関係各位に報いるために、厳粛且つ盛大な創立50周年記念式典並びに祝賀会を開催し、メンバーが一丸となり感恩報謝の念を伝えます。そして、海南青年会議所50年の歴史を回顧し伝承していくために、創立50周年に相応しい威風堂々たる記念誌を発行することで、先輩諸氏の功績を称えるとともに、これからの海南青年会議所の指針としていきたいと考えます。さらに、周年記念行事を円滑に執り行うために、各委員会と連携し監修することで、海南青年会議所創立50周年を一致団結して迎えるための一助となります。また、海南青年会議所の最重要課題である会員拡大を実現するために、LD系委員会のみならず全メンバーとともに協力していくことで、目標人数20名の達成に向けて邁進してまいります。
変わらない使命のために変わり続ける我々の挑戦が、半世紀にわたり灯され続けてきたまちづくりのための人づくりの灯火をさらに大きなものとし、市民一人ひとりが夢と明るい展望を描ける地域の創造へとつなげるとともに、連綿と受け継がれる歴史の中で先輩諸氏が築き上げた志高き灯火を大きな炎に変え、今後迎えるであろう55周年、60周年へと想いを伝承していきます。
事業計画
  • 記念誌の作成
  • 会員拡大
  • 各種事業・団体への参加協力
組織図・出向者リスト
組織図・出向者リスト
PDFファイル

このページのトップへ