海南青年会議所とは

青年会議所概要
1949年、明るい豊かな社会の実現を理想とし、責任感と情熱をもった青年有志による東京青年商工会議所(商工会議所法制定にともない青年会議所と改名)設立から、日本の青年会議所(JC)運動は始まりました。
共に向上し合い、社会に貢献しようという理念のもとに各地に次々と青年会議所が誕生。1951年には全国的運営の総合調整機関として日本青年会議所(日本JC)が設けられました。
現在、全国に青年会議所があり、三つの信条のもと、よりよい社会づくりをめざし、ボランティアや行政改革等の社会的課題に積極的に取り組んでいます。さらには、国際青年会議所(JCI)のメンバーとして各国の青年会議所と連携し、世界を舞台として、さまざまな活動を展開しています。
青年会議所の特徴
青年会議所には、品格ある青年であれば、個人の意志によって入会できますが、20歳から40歳までという年齢制限を設けています。これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を結集し社会貢献することを目的に組織された青年のための団体だからです。会員は40歳を超えると現役を退かなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所最大の特性であり、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。
各青年会議所の理事長をはじめ、すべての任期は1年に限られます。会員は1年ごとにさまざまな役職を経験することで、豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。
青年会議所におけるさまざまな実践トレーニングを経験した活動分野は幅広く、OBも含め各界で社会に貢献しています。たとえば国会議員をはじめ、知事、市長、地方議員などの人材を輩出、日本のリーダーとして活躍中です。
国際青年会議所(JCI)について
自由な社会と経済発展を実現し、新しい社会をリードするにふさわしい人材育成を目的として、1915年にアメリカ・ミズーリ州セントルイスに生まれた小さな青年活動グループから始まったJC運動は、その活動が認められ,アメリカの社会的活動を担う主要な青年団体へと発展していきました。 1944年には「積極的な変革を創り出すのに必要な指導者としての力量、社会的責任、友情を培う機会を若い人々に提供することにより、地球社会の進歩発展に資すること」を使命に、アメリカ、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマの8カ国によって国際青年会議所(JCI)が発足。その後、年々加盟国は増え、日本も1951年に加盟、JCIの一員として新たな活動の一歩を踏み出しました。
会員数26万人以上の世界で最も大きな青年団体です。現役メンバーに加え約250万人以上ものOBがいます。毎年11月には世界会議が開催され、世界中のメンバーが一堂に会する重要な国際交流の場となっています。
The Creed of Junior Chamber International
We believe :
That faith in God gives meaning and purpose to human life;
That the brotherhood of man transcends the sovereignty of nations;
That economic justice can best be won by free men through free enterprise;
That government should be of laws rather than of men ;
That earth's great treasure lies in human personality;
And that service to humanity is the best work of life.
JC三信条
社会への奉仕(Service)
指導者訓練を基調とした修練(Training)
世界との友情(Friendship)
網 領
われわれJAYCEEは社会的・国家的・国際的な責任を自覚し志を同じうする者、相集い、力を合わせ青年としての英知と勇気と情熱をもって明るい豊かな社会を築き上げよう。
JC宣言
日本の青年会議所は混沌という未知の可能性を切り拓き、個人の自立性と社会の公共性が生き生きと協和する確かな時代を築くために率先して行動することを宣言する。
五つの問いかけ
1.自らを鍛えているか
1.ルールを守っているか
1.真実をつらぬく勇気があるか
1.友情を大切にしているか
1.人のために尽くしているか

このページのトップへ

海南青年会議所の変遷
2017(平成29年) 2016(平成28年) 2015(平成27年) 2014(平成26年)
2013(平成25年) 2012(平成24年) 2011(平成23年) 2010(平成22年) 2009(平成21年)
2008(平成20年) 2007(平成19年) 2006(平成18年) 2005(平成17年) 2004(平成16年)
2003(平成15年) 2002(平成14年) 2001(平成13年) 2000(平成12年) 1999(平成11年)
1998(平成10年) 1997(平成9年) 1996(平成8年) 1995(平成7年) 1994(平成6年)
1993(平成5年) 1992(平成4年) 1991(平成3年) 1990(平成2年) 1989(昭和64年)
1988(昭和63年) 1987(昭和62年) 1986(昭和61年) 1985(昭和60年) 1984(昭和59年)
1983(昭和58年) 1982(昭和57年) 1981(昭和56年) 1980(昭和55年) 1979(昭和54年)
1978(昭和53年) 1977(昭和52年) 1976(昭和51年) 1975(昭和50年) 1974(昭和49年)
1973(昭和48年) 1972(昭和47年) 1971(昭和46年) 1970(昭和45年) 1969(昭和44年)
2017(平成29年)第48代理事長 馬田行雄
スローガン 「誇り」~原点を見つめなおし、次代に繋げるために~
基本方針
1. 全員で取り組む会員拡大
1. 会員の資質向上と誇りある組織づくり
1. 魅せる広報活動と発信力の強化
1. 心豊かに育む青少年の育成
2016(平成28年)第47代理事長 加藤和也
スローガン 「全力疾走」~Limits exist only in the mind~
基本方針
1. メンバーの意識及び資質の向上と伝承
1. イメージの払拭からなる会員拡大強化
1. 情報発信が生み出す認知度の向上
1. 自ら考え行動できる青少年の育成
1. 魅力の再確認とそれを生かした地域づくり
2015(平成27年)第46代理事長 野田智也
スローガン 「46年目の"青春"」~熱き思いを胸に~
基本方針
1. 発信力及び会員拡大の強化
1. 頼もしいリーダーの育成
1. 人間味あふれる青少年の育成
1. 強みを生かした新たな地域(まち)づくり
2014(平成26年)第45代理事長 上芝卓司
スローガン 「温故創新」~命短し恋せよJC~
基本方針
1. 創立45周年記念事業並びにシニアクラブとの交流
1. 会員拡大の強化並びに会員研修
1. 次世代を担う青少年の育成
1. 次世代の新しい地域づくり
2013(平成25年)第44代理事長 小浦高義
スローガン 「初志貫徹」~千万人といえども吾往かん~ 基本方針
1. 全員で取り組む会員拡大
1. 地域の明日を担うリーダーの育成
1. 強い精神力を備えた青少年の育成
1. 創立45周年に向けた準備
2012(平成24年)第43代理事長 成川桂介
スローガン 「絆」~心と心の繋がり~
基本方針
1. 絆で繋がる地域(まち)づくり
1. 会員拡大と会員の資質向上と交流
1. 一般社団法人としての第一歩
1. 和歌山ブロック会員大会の主管
2011(平成23年)第42代理事長 木地俊博
スローガン 「心意気」~挑戦し続ける気概~
基本方針
1. 活力のある地域づくり
1. メンバー全員で取り組む会員拡大と指導力開発の推進
1. 青少年育成事業
1. 和歌山ブロック会員大会に向けての準備
1. 一般社団法人格取得に向けての準備
2010(平成22年)第41代理事長 前田崇之
会員数 40名
スローガン 「覚悟」~俺たちがやらねば誰がやる!~
基本方針
1. 次世代を担う健全な青少年の育成
1. ふるさとの可能性を引き出すまちづくり
1. JCの発信力を活かし全員一丸となって取り組む会員拡大
1. ひとりひとりがリーダーとしての危機管理を備える人材育成
1. ブロック事業への参加と協力
1. 公益社団法人並びに一般社団法人選択のための各検証と決断
2009(平成21年)第40代理事長 前窪勝之
会員数 40名
スローガン「フルスイング」~大好きな地域(まち)への恩返し~
主な事業
  • 創立40周年記念事業
2008(平成20年)第39代理事長 脇坂宏一
会員数 40名
スローガン「一致団結」~地域のため、人のため、そして自身のため~
主な事業
  • 「指定管理者制度とビジネスチャンス」
    理事 前田眞志氏  副所長 山本明氏
  • 「2009年 裁判員制度 あなたも裁判員? もし選ばれたら!」
    講師 成川洋司氏(和歌山地方裁判所・刑事部総括裁判官)
  • 「上手な事業継承~同族経営の強みと弱み」講師 荒和雄氏(経済評論家)
  • 事業「親子自然塾 自然といっしょに汗をかこう」
2007年(平成19年)第38代理事長 前田克仁
会員数 39名
スローガン「起こそう movement!」~このまちに、そして自分自身に~
主な事業
  • 「子どもの心がみえていますか・・・」
    講師 Kids First カウンセリング 中本久美氏
  • 「四国アイランドリーグの挑戦」~地域活性化の起爆剤へ~
    講師 石毛宏典氏
  • 「棕櫚(しゅろ)を知り、タワシをつくろう!!」
    講師 井澤武二氏(タワシ製造販売 職人)
    今出基詞氏(紀美野町商工会)
  • 事業「チャレンジ2007 (タワシ)づくりにチャレンジしょう!!」
2006年(平成18年)第37代理事長 酒本佳斉
会員数 43名
スローガン「Keep On Growin' Up!」~変化しょう、成長しょう、さらに一歩踏み出そう~
主な事業
  • 「わが街海南市・海草郡の防災対策の近況」
    講師 海南市消防本部警防課 司令補 佐本良之氏
  • 「支援活動の最前線にて」講師 陸上自衛隊西部方面隊 幕僚副長
    第一次イラク復興支援軍長 番匠幸一郎氏
  • だいすきふるさと!2006」
  • 「海南JC寄席 笑いまひょ」講師 落語家 桂枝曾丸氏
2005年(平成17年)第36代理事長 中村俊之
会員数 44名
スローガン「Don't Stop Believin'」~可能性を信じて~
主な事業
  • 「出張!県政おはなし講座」高齢者施策と介護保険の現状について
    講師 和歌山県長寿社会推進課課長補佐 中嶋克幸氏
  • 「介護実技体験」介護の実際
    講師 介護福祉士 介護支援専門員 榊原友美氏
  • 「夢づくり Salon」講師 衆議院議員 野田聖子氏
  • 事業「海南JC音楽フェスティバル2005」~垣根の上を吹く風~
2004年(平成16年)第35代理事長 原宏一
会員数 48名
スローガン「ALIVE~ぼくたちは地域(ここ)にいる」
主な事業
  • 「親の思い 子の思い」講師 村田淳積氏
  • 「インターネットビジネスの現状」講師 宮武和広氏
  • 事業「やるぞ、未来のまちづくり」
  • 「地域の防犯対策」第1部 講演・第2部 護身術講習会(海南警察署)
2003年(平成15年)第34代理事長 黒原章至
会員数 46名
スローガン「COME UP SMILING」-既成の打破―
主な事業
  • 「成果が人を育てる」講師 関西共研プランニング代表 村田伸一氏
  • 「海南市の今、未来」講師 神出政巳氏
  • 「チャレンジキャンプ自然村2003」
    子育てあそびサポート「ぱお」岩橋由梨氏・土井美和氏(教育家)
2002年(平成14年)第33代理事長 稲井宣浩
会員数 48名
スローガン「走れ Jaycee 機会を逃すな!」
主な事業
  • 「集団を動かすリーダーシップ~目標達成の為に~」
    講師 蔦谷重直氏(社)乙訓青年会議所OB
  • 「人間と自然との共生」講師 前川慎吾氏
  • 「手段としての広報~その実践と効果~」講師 志賀ちとせ
  • 「わんぱくキッズなんでもトライ塾2002」
    青少年育成事業「エコプロジェクト・バンブーカーニバル」の準備
2001年(平成13年)第32代理事長 角田卓司
会員数 46名
スローガン「Power of Jaycee for 2001」 我らが地域のナビゲーター
主な事業
  • 「21世紀のインターネットビジネスについて」講師 中村京福氏
  • 「ベンチャービジネスその成功と失敗」講師 板倉雄一郎氏
  • 「パートナーシップによるまちづくり」
    パネリスト 渡辺豊博氏 神出政巳氏 森川乃梨子氏
  • 「それいけ!ふるさと体験隊」「めざせ!小学校クイズ王」
2000年(平成12年)第31代理事長 田中通
会員数 53名
スローガン「One Love One heart」愛することから始めよう!
主な事業
  • 「21世紀をどう生き抜くか」講師 高幣武嗣氏
  • 「デジタル放送の最新動向」
    講師 NHK和歌山放送局営業部 受信技術副部長 辻井芳夫氏
  • 「状況対応型のリーダーシップとコミュニケーション」
    講師 喜田寛氏
  • 「わんぱくカーニバル」
1999(平成11年)第30代理事長 川口浩希
会員数 57名
スローガン「新たなるJCへステップアップ」~今こそ行動しよう~
主な事業
  • 「動かせ海南 進めよ 地域主権」講師 鶴保庸介君
  • 30周年記念ゴルフコンペ(有田東急ゴルフクラブ)
    「ボランティアとは」講師 和歌山ボランティア連絡協議会会長 北出賀江子氏
  • 地域主権型社会の実現に向けて「市町村合併って必要なの?」
  • 30周年記念事業「ぼくたちのキャンバス」日方小学校グランド
  • 30周年記念式典
1998(平成10年)第29代理事長 大谷重之
会員数 71名
スローガン「JCマンよ 大志を抱け!!」 やればできる
主な事業
  • 「アジアの人々の目を守るために」講師 飽浦淳介先生
  • 「成功の哲学―成功する物の見方 考え方」
    講師 比叡山延暦寺僧侶 藤井妙法師
  • 「さあ!皆で考えよう。ダイオキシン!」
    講師 海南市クリーンセンター美ノ谷所長・担当職員様
  • 「最近の相談からみえてくるこどもたち」
    講師 和歌山県こども・障害者相談センター こども相談課長 前田哲也氏
1997(平成9年)第28代理事長 吉田益巳
会員数 75名
スローガン「咲かそう!自分を!このマチを!」~ひたむきに、ひたむきに、そしてひたむきに~
主な事業
  • 「今なぜ地方分権なのか」講師 竹下譲先生・神出政巳先輩
  • 「海南市の街づくり」講師 海南市市長 石田真敏氏
  • 「どうなる地球 どうする人間」講師 桑原征平氏
  • 「宇宙飛行士養成学校」講師 美里天文台長 尾久士正己氏
1996(平成8年)第27代理事長 大東久和
会員数 76名
スローガン「元気宣言!!海南JC」
主な事業
  • あなたは「ふるさと」を自慢できますか?
    講師 高瀬芳彦氏(和歌山県出納長)石田真敏氏(海南市市長)
  • 「男が決断する時」講師 岩國哲人氏(前出雲市市長)
  • 「極限で私を支えたもの」講師 小野田寛郎氏(小野田自然塾理事長)
  • 「ふるさと和歌山再発見!海!森、心、技」
    講師 嶋館長(マリーナシティ和歌山館)
1995(平成7年)第26代理事長 岩井浩
会員数 78名
スローガン「Re―Take off!! The JC」
主な事業
  • 「阪神・淡路大震災」救援活動に参加
  • 「海南の歴史をたどる」講師 南方久晴氏(海南歴史民族資料館館長)
  • 「あなたもマルチメディアに強くなりませんか?」
    講師 田和佳晃氏 (有)アイ企画
  • 「ノックバットを置いて」講師 尾藤公氏(箕島高校野球部前監督)
1994(平成6年)第25代理事長 上野山桂司
会員数 87名
スローガン「Sail on the JC Century 21世紀に帆をあげて!」
主な事業
  • 「勝ち残る経営」講師 野口誠一氏
  • 「環境の危機とエネルギー・リサイクル技術」講師 鷲田豊明氏
  • JC杯争奪少年サッカー大会
  • 25周年記念式典
1993(平成5年)第24代理事長 清水雅史
会員数 82名
スローガン「楽・楽・JC」
主な事業
  • 「少年非行の動向について」
    和歌山家庭裁判所次席調査官 中村佳子女史 CD関係委員会
  • 「コミュニケーションの原点~ことば~」講師 小林睦郎氏
  • 「ウォーク・アンド・ディスカバー海南」海南の歴史について
1992(昭和4年)第23代理事長 吉田修三
会員数 80名
スローガン「このゆび とまれ!」
主な事業
  • 「エイズ」あなたはどれだけ知っていますか?
    講師 上田耕臣氏
  • 「対人関係における心理学講座」講師 竹田眞理子氏
  • 「健康と薬草・民間薬」講師 坂東源司氏
  • ゲートゴルフ大会・メイン事業「海草・海南横断ウルトラクイズ」
1991(平成3年)第22代理事長 橋爪正之
会員数 89名
スローガン「SMILE ON JC」
主な事業
  • 「経済人から見た和歌山経済」講師 前田光雄氏
  • 「水難救助法」講師 石倉良亮氏
  • 「摸索される世界新秩序の日本と和歌山」
  • 「救急処置法について」講師 上田耕臣氏
1990(平成2年)第21代理事長 柳本守造
会員数 94名
スローガン「すきです ふるさと わたしのまち 育ててみせます私の手で」
主な事業
  • 公式訪問例会「町の活性化を考える」
    講師 吉田皓氏(テレビ和歌山報道局次長)
  • 「海外事業あれこれ」講師 田辺善彦氏(弁護士)
  • 「こんな時どうするか知ってますか?」講師 上田耕臣氏(恵友病院)
  • 「教えるものと教えられるもの」
    講師 小島孝治氏(ユニチカバレーボールぶ総監督)
1989(昭和64年)第20代理事長 谷脇良樹
会員数 94名
スローガン「はたちの海南JC」 歩みと共に次なる世代に
主な事業
  • 「リゾート構想と和歌山今後の展望」講師 石田真敏氏(県議会議員)
  • 「スポーツよもやま話」講師 小上英分氏(読売新聞大阪本社運動部次長)
  • 開かれた警察官・JC共に語る会 PARTⅡ
    「話してみよう身近な悩み」海南警察署署員4名
1988(昭和63年)第19代理事長 高木敏次
会員数 99名
基本方針「メンバーの意識、JC運動変革の時期」
主な事業
  • 「テレビ裏話」講師 桑原征平氏(関西テレビアナウンサー)
  • 「海洋レンジャーを考える」
    講師 谷口正己氏(マリーナ事業研究会会員)
  • 「人生は戦いなり」勝負に生きる男たちの生きざま
    講師 植草貞夫氏(朝日放送スポーツ部部長プロディーサー)
  • 「アドベンチャー海南」よみがえれ 地場産業
1987(昭和62年)第18代理事長 石本善造
会員数 113名
基本方針「楽しいJC・地域の一員としてチャンスを生かして」
主な事業
  • 「これからの日本の空」地域航空システムと地域の活性化
    講師 梅沢重雄氏(日本航空学園副校長)
  • 「地域の指導者達」和歌山県をよくする県民会議づくりとその活動に携わって
    講師 井谷泰造氏・高木健二氏・西野秋司氏
  • 「企業生き残り戦略・戦術」講師 中井筋雄氏(大阪商業大学教授)
  • 「ふるさと活性化シンポジウムACT2」人・マリーナシティー
    講師 山田実氏(和歌山県審議官)
1986(昭和61年)第17代理事長 田村弘
会員数 116名
基本方針「地域社会からの出発・魅力あるJCに」
主な事業
  • 「北方領土問題の歴史と意義」講師 萩原宏平氏(NHK解説者)
  • 「世代の断絶と人間関係」講師 田川元康氏(和歌山大学教育学部教授)
  • 「なぜ、今アメリカではたばこを吸わないのがブームなのか」
    講師 鈴木明理氏(日本禁煙協会和歌山支部長・禁煙カウンセラー)
  • 「ふるさと活性化シンポジウム」関西新空港とわが町
    講師 市長・県議会議員・市議会議員・各種団体
1985(昭和60年)第16代理事長 米田淳三
会員数 115名
スローガン「さらに一歩を!」
主な事業
  • 「私学教育の特色と実績」講師 智弁学園和歌山中高等学校教頭 吉田則彦氏
  • 「すてきな出会い・みにくい結果!!」講師 海南保健所所長 小野次郎氏
  • 「小林一茶のやけくそ人生」講師 作詞家・作曲家 酒井登志生氏
  • 「ウォッチ ザ 行政」講師 サンケイ新聞社論説委員長 千田恒氏
1984(昭和59年)第15代理事長 早川満
会員数 117名
スローガン「心を一つに」
主な事業
  • 「現場から見た親と子」講師 東條清氏
  • 「我がロムの活性化」講師 ブロック役員
  • 「明日の教育とは」講師 大阪商業大学教授 村田薄積氏
  • 「国際結婚」講師 島昌弘・Paule夫妻
1983(昭和58年)第14代理事長 尾石浩伸
会員数 113名
基本方針「参画意識の向上を図り、会員相互の友情をより深める場にしよう」
主な事業
  • JCおもしろ ゼミナール・和歌山県下の地場産業の現況について
    講師 紀陽銀行調査部 安部哲也氏
  • 日本人と川柳「川柳におけるエロチィシズム」
    講師 川柳家 渕田寛一氏(本鳥松社長)
  • 「地場産業を語る」~創ろう 地場産業の時代~ 講師 角谷勝司氏
  • 「放送とニューメディアの地域性」
    講師 テレビ和歌山放送技術局長 山田武司氏
1982(昭和57年)第13代理事長 岡垣内博之
会員数 122名
基本方針「家庭、企業、社会に調和のとれたJC活動の推進」
主な事業
  • 「21世紀の地方経済のゆくえ」講師 社会経済研究所 池田和夫氏
  • 「行財政改革について」講師 大蔵省近畿財務局和歌山財務部部長 小林昇氏
  • 「健全育成への着眼点」講師 紀北青年の家所長 仲山堯晟氏
1981(昭和56年)第12代理事長 島本安弘
会員数 129名
基本方針「活力あるJC、事業と運営の面で効率化をはかろう」
主な事業
  • 「私の指導法」講師 箕島高校 尾藤公監督
  • 「81年度の経済情勢」講師 三和銀行経済相談所調査役 永井正一氏
  • 「人の動かし方」講師 和大教授 和歌山付属中学校校長 北川文男氏
  • 「原子力発電の必要性」講師 関西電力(株)和歌山支店長 大和敏弘氏
1980(昭和55年)第11代理事長 岡本徹郎
会員数 128名
基本方針「魅力あるJC、期待される人格形成に努力しよう」
主な事業
  • 「親と子の心を結ぶ親業」講師 親業講座 八尾芳樹氏
  • 「義理と人情のJC論」講師 林達夫氏
    LD道場の開催「犬鳴山における滝行と説法」
1979(昭和54年)第10代理事長 塩崎順弘
会員数 121名
基本方針「10周年記念事業を成功させよう」
主な事業
  • 「小野田元少尉帰還より5年今・・」合田周平氏(東京電気通信大学教授)
  • 「議員さんと明日の海南を語ろう」~CDアンケート結果による~
  • 「私が音楽から学んだこと」講師 三輪佳子先生(桂音楽研究所主事)
  • 10周年記念式典
1978(昭和53年)第9代理事長 広野旭
会員数 113名
基本方針「明るい豊かな社会」
主な事業
  • 「低成長下における地場産業のあり方」
    講師 紀陽銀行調査部長 池田和夫氏
  • 「親と子の対話」講師 青少年センター 南佳代子先生
  • 第4回市民サイクリング大会開催
1977(昭和52年)第8代理事長 中野幸生
会員数 118名
基本方針「社会に尽くす明日のJCを考えよう」
主な事業
  • 「日本は何処へゆく」講師 名草神社宮司 谷口数木氏
  • 公開講演例会
    「七転八起」(社)ダスキン副社長 駒井茂春氏
  • 「日本防衛について」講師 安部一等陸佐
1976(昭和51年)第7代理事長 林孝次郎
会員数 120名
基本方針「和歌山ブロック大会の主管JCで団結と活動が評価される事業に取り組む」
主な事業
  • 海南紀勢本線鉄道高架促進協議会結成大会
  • 海南ふるさとまつり開催・野上町「敬老の祭典」に協力
1975(昭和50年)第6代理事長 小嵐俊和
会員数 127名
基本方針「ふる里を愛する運動の展開」
主な事業
  • 母と子の交通安全教室開催
  • 第1回市民バイコロジー大会開催・市民総盆踊り大会開催
  • 「今後の経済見通し」講師 野村総合研究所主任 寺田輝男氏
  • ガールスカウト結成協力・羽曳野子供クラブと海南親子クラブとの交歓会開催
1974(昭和49年)第5代理事長 森本恭平
会員数 120名
基本方針「創立5周年にあたりJC活動の意欲を記念事業に展開」
主な事業
  • 「合理的ケチ精神」講師 吉本晴彦氏
  • 「資源問題と今後の企業経営」
    講師 野村総合研究所 取締役 松下寛氏
  • 「同和教育について」和歌山県学校教育課 主幹 小林信一氏
  • 創立5周記念式典
1973(昭和48年)第4代理事長 角谷勝司
会員数 113名
基本方針「青年会議所活動の発展」
主な事業
  • 「今度の経済はこう動く」
    講師 日本証券経済研究所長 熊取谷武氏 (市民150名聴講)
  • 公開市民大会「小野田元少佐は生きている」
    海南市小野田寛郎救出運動連絡協議会に協賛する
  • 統一デー事業「老人の日開催」
    第1回吹奏楽祭開催、第1回老人スポーツ大会協賛
1972(昭和47年)第3代理事長 田岡啓一
会員数 99名
基本方針「青年会議所運動の展開理念と会員資質の向上をはかる」
主な事業

  • 「明日の企業を語ろう」フリートーキング形式
  • 第1回統一デー事業開催(現ふるさとまつり)
  • 「市議会議員と語ろう」講師 海南市議会議員 15名
1971(昭和46年)第2代理事長 中尾公彦
会員数 98名
基本方針「会員意識の高揚」
主な事業
  • 経営者短期セミナー開催
  • 交通標語作品を決定し看板塔設置
  • 老人ホーム白寿荘へ慰問
1970(昭和45年)第1代理事長 冬野泰一
会員数 101名
基本方針「社会と人間の開発」
主な事業
  • 認承証伝達式(於・海南鋼管体育館)
  • 海南第二中学校吹奏楽部万博野外劇場出演の協賛
  • 町の美化運動として、海南駅・野鉄日方駅にゴミ入れ付き灰皿を寄付
1969(昭和44年)初代理事長 冬野泰一
主な事業
  • 創立総会(於・海南市立高校)
  • 日本JCへ正式加入 認承番号第426号

このページのトップへ