3月19日(土) 海南市立海南下津高校において、
料理研究家の垣淵浩子氏及びシニア野菜ソムリエの北裕子氏をお招きし、3月例会「腹から和歌山を元気にしよら!!」を開催しました。

下津町に住む小・中・高校生及びその保護者を中心に参加して頂き、地元の食材を使った家庭料理を作る食育例会でした。

当日は、9つの班に分かれ、「ポテトサラダ」「トマトスープ」「旬野菜の肉巻き」そして「みかんご飯(!)」を作りました。

食後はみんなで後片付けをし、上芝担当副理事長が謝辞を述べ無事終了となりました。
参加された皆さんもとても喜んでくださり、また講師先生もまた是非開催してほしいとの事でした。
食を通じてのコミュニケーション、食育プロジェクト「腹から和歌山を元気にしよら!!」は、無事に終了致しました。


【講師の先生 右:料理研究家 垣淵浩子氏 左:シニア野菜ソムリエの北裕子氏】

IMG_7575.JPG

【理事長挨拶】

rijicho.jpg

【黙々とゆで卵の殻を剥く前田直前】

tyokuzen.jpg

【一緒に調理する「だいちゃん」こと木地理事長】

rijicho2.jpg

【見よ!これが噂のみかんご飯だ!!】

mikan.jpg

【本日のお料理は、こちら!】

IMG_7805.JPG

【後片付けもみんなできっちり出来ました】

katazuke.jpg

【最後にみんなで集合写真、おなか一杯になったかな?】

zentai.jpg
| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/664

カテゴリ:

このページのトップへ