2012年4月のアーカイブ

3月例会
 3月23日(金)、海南商工会議所4階 大ホールで三役会による例会が開催されました。ここ数年の会員拡大の成果により全会員の3割以上が入会して5年以内のメンバー構成となった当LOM。入会歴の浅いメンバーの青年会議所活動に対する意識の底上げを目的とし、JC活動の基本理念ともいうべきJCIクリードやJC宣言などをしっかり暗記し、それ自体の意味を考える研修を行ないました。
 三役会のメンバーが講師役となり、時には厳しく時には優しくご指導していただきました。その甲斐あって、例会が終わるころには参加された方の多くが基本資料を見ることなくJCIクリード等をすらすらと言えるようになっていました。
 会歴の浅いメンバーには、JC活動の理念を十分理解でき、ベテランメンバーにとってはJC活動に対する熱い情熱を再度燃やし、今後控えているさまざまな例会・事業に率先して参加し青年会議所活動のお手本となるよう決意をした事でしょう。

301.jpg
【小浦先生の合図の下みんなで声を出して暗記中】

302.jpg
【上芝先生・加藤先生による猛烈指導】


会員会議所会議オブザーバー出席
 3月25日(日)海南市交流センターにおいて、会員会議所会議がおこなわれました。我が海南JCからオブザーバーとして阪口専務理事、小浦副理事長、野田副理事長、加藤副理事長、割石委員長、橋爪委員長、東海副委員長、内海副委員長、山本副委員長、森脇委員、森委員、山本(周)委員の総勢12名のメンバーを送り込みました。というのも、今回の会員会議所会議で当LOMが主管である「第43回和歌山ブロック会員大会」の審議を頂ける予定となっていたからです。我々は「誇りある和歌山」創造委員会の杉本委員長が議案を上程するのを、固唾を呑んで見守りました。各LOMの理事長を前に厳しい質問に臆することなく堂々と対応し、記念事業・たから市・式典と審議案件の承認を頂きました。三木副会長、杉本委員長をはじめとする「誇りある和歌山」創造委員会の皆様そして、当LOMの会員大会実行委員会の皆様、無事審議が承認されて本当にお疲れ様でした。が、しかしこれからが本番です。これからが海南青年会議所のメンバーの皆さんと一緒に会員大会成功に向かって頑張る番です。ようやくスタートラインにたてました。今まで以上に皆さんの協力が必要となってきます。よろしくお願いします。


カテゴリ:

このページのトップへ