6月24日(日)、第43回和歌山ブロック会員大会が海南市民交流センター及び海南市拝待体育館に於いて、記念事業「住民参加型」の吉本新喜劇と和歌山の名産物を集めた「たから市」を開催いたしました。準備していました入場券もほぼ完売状況となり約600名の参加者に来て頂き、会場は大賑わいとなりました。吉本新喜劇には、JC関係者として海南市長神出政巳先輩、和歌山ブロック協議会角濱会長、我がLOMからは成川理事長が出演され、息の合ったコントで会場を笑いの渦にしていました。たから市では、各LOM自慢の食材が出展され、参加されたお客様の胃袋を鷲掴みにしていました。当LOMからは、和歌山が誇る、いや日本が誇る黒沢牧場の「くろさわ牧場のアイスクリーム」と「料亭 美登利」さん(千賀先輩)の協力を得て、海南こだわりブランド認定品の「アナゴ佃煮 紀美野山椒と湯浅醤油風味」が出展されました。どちらも好評で、あっという間の完売となりました。たから市終了後、多くの来賓の方がご出席して頂くなかで、記念式典が行なわれました。今回の会員大会は非常に難しい運営となりましたが、割石委員長を中心に会員メンバーが一致団結し、互いに協力し、会員大会を成功させるんだとの熱い思いが今回のこの素晴らしい成功をもたらしたのではないでしょうか。今後行なわれる例会や事業においても、今回経験したことを活かし、海南青年会議所らしい活動を行っていきましょう。 

 

 

 

 

 

 

 

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/740

カテゴリ:

このページのトップへ