2012年10月のアーカイブ

平成24年10月26日(金)、(社)有田青年会議所、(社)御坊青年会議所との3LOM合同例会が開催されました。今回の開催場所は御坊JC管内の大成中学校体育館で行なわれました。LOM間の交流、親睦を深めることを目的に、「新スポーツテスト」を実施しました。明るい豊かな街づくり築き上げるには、我々会員の健康な体があってこそ。体力測定では同年代の平均値を大幅に上回るメンバーや目を覆いたくなるような数値をたたき出すメンバーなど己の身体の状況を把握するとともに、健康管理について考える機会となり、非常に有意義な例会でした。例会後には、懇親会が開かれ、他LOMのメンバーの皆さんと親睦を深めるとともに情報の交換を行なうなど、今後のJC活動に繋がる貴重時間となりました。また、新役員の紹介では、次年度理事長予定者小浦高義君が、次年度に向けた力強い挨拶を行いました。参加した私たちも小浦理事長予定者を支え、頑張っていくことを再度確認しました。健康な体があってこそ地域に貢献することが出来ます。健康管理に充分配慮し青年会議所活動に取り組んでいきましょう。

  

【ガソリンスタンドで鍛え抜かれた握力】

【Mr.ベテラン 東海君】

【LOM対抗リレーメンバー】

【各LOMのMVPの3名です。輝いています】

【小浦次年度の挨拶です。来年も頑張るぞ】

  

カテゴリ:

  平成241013日(土)、第61回 全国会員大会北九州大会に卒業される木地直前理事長、内海副委員長、東海副委員長、森下委員の4名を含む総勢12名のメンバーが参加しました。卒業式が行なわれる北九州市のメディアドームには、全国から多数の同志が集結し会場周辺は異様なまでの盛り上げを見せていました。そのような中、私たちも他LOMに負けじと初の試みでもある、卒業生を対象に作成した「のぼり旗」を掲げ、卒業生の在籍中の功績をたたえるとともに、全国のJCメンバーに対して海南青年会議所の存在を思う存分にPRしてきました。

   卒業式典の終了後、場所を北九州市から福岡市へと移しLOMナイトを行ないました。博多名物「もつ鍋」を食しながら、卒業される4名のメンバーの思い出話や今後の青年会議所活動についての話題で盛り上がり、あっという間にLOMナイト終了。その後は、まだまだ熱い思いが醒めないメンバーは、各々博多の街へと消えていきました。

   卒業される4名の皆さん本当に、海南・紀美野地域のために頑張って頂きありがとうございました。

   卒業される4名の皆さんからの申し送り事項、「現役のメンバーの皆さんにはぜひ卒業式の会場に来て、雰囲気を味わって下さい。全国のメンバーと会うことで何か刺激を受け、今後のJC活動に役立つことが出来るはずです。」

このページのトップへ