12月1日(土)、12月恒例の『忘年例会』が、海南市の「たなか屋」さんにおいて、メンバー多数で開催されました。1年間のメンバーの皆さんの労をねぎらうまた、卒業される4名の皆さんに思い出に残る例会をと会員拡大推進委員会さんに企画していただきました。まず始めに、成川理事長が一年間の総括として1月の定時総会から11月例会までをダイジェスト版で紹介されました。特に当LOM主管であった和歌山ブロック協議会会員大会や本年度のメインとなる11月例会の成功など、メンバーの絆を感じることが出来た一年であるとの挨拶を頂きました。その後、12月例会に入り、毎年恒例となりつつある、卒業生による3分間スピーチが行なわれました。青年会議所活動16年のベテランであります東海君からは家族の支えやメンバーの支えがあって続けることができたことなど3分間を上回る貴重なお話を頂きました。内海君からは、海南青年会議所に入会して新たな発見をしたこと、森下君からは理事会に出席することで、物事を決めていく過程を見ることができ非常に勉強になったことなどについて話して頂きました。皆さんからのスピーチは私たち現役メンバーの心に響きました。ありがとうございました。その後は、お忙しい中何とか駆けつけて下さった木地君も加わり、お酒を飲み、ゲームをして一年の労をねぎらいました。メンバーの皆さん1年間ご苦労様でした。次年度は小浦理事長予定者の『初志貫徹』のスローガンの下、一致団結して頑張りましょう。

| コメント(0) | トラックバック(0)

コメント(0)

コメントする

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kainan-jc1969.net/kainanjcmt/mt-tb.cgi/760

カテゴリ:

このページのトップへ