2020年度 理事長所信

基本方針

1.情熱、覚悟、行動力のある会員拡大

1.熱い想いあふれる広報活動

1.魅力に自信を持てる青少年育成と街づくり

1.ブロック大会の主管

 

はじめに

1949年に「明るい豊かな社会の実現」に思いを向け、新たな日本の再建をめざし青年会議所運動が始まりました。その20年後の1969年には、我々海南青年会議所が全国で426番目の青年会議所として設立され、昨年には50周年という大きな節目の時を迎えることができました。これもひとえに、先輩方が築き上げられてこられた歴史や伝統といった功績によるものだと心底感じております。本年度は、1964年以来56年ぶりに東京オリンピック開催されます。この東京オリンピックでは、さまざまな種目で多くの選手の皆様が活躍され、輝かしい功績を残すとともに、多数のメダルを得ることが期待できるでしょう。

このようなオリンピック選手でも、得意、不得意があります。例えば短距離が得意な選手がいれば長距離が得意な選手もいます。どのような形であれ、すべての人には必ず、他人には無いが自分にはある何かがあります。その何かを輝かせられるかは、自分次第です。私は、この青年会議所に入会して11年目になります。海南・紀美野地域においても多くの団体がありますが、自分自身が成長できる団体は、この青年会議所しかないと考えます。入会以来さまざまな役職に就かせていただきましたが、経験をすればするほど「成長したな」、「変わったな」と声をかけていただくことが多くなりました。だからこそ私は会員全員に言いたいと思います。己を成長させ、己を輝かせるために、与えられた役職から逃げず、成長するためのチャンスだと思い全力でやり切りきろう。

 

情熱、覚悟、行動力のある会員拡大 

 私たちが住む海南・紀美野地域だけでなく各地域においても問題とされている人口減少が大きく影響し、我々海南青年会議所の会員数は20名を下回り、本年度は14名という和歌山県内で最少LOMとしてのスタートとなりました。しかし、先輩方が築いてこられた歴史や伝統、活動の功績を今後、55周年、60周年へと伝承していくためにも途切れさせるわけにはいきません。この歴史や伝統、功績を次世代へと伝承していくためにも、会員数を確実に増やさなくてはなりません。しかし、一言で会員を増やすといっても、簡単な事ではありません。会員全員が青年会議所の理念や活動を理解し、会員を増やすぞという熱い情熱と覚悟を持てるかが、拡大を成功させるキーポイントだと私は考えます。昨年に作成した対象者リストを活用し、各LOMと連携をとり情報を共有しあい、会員各々が「何としてでも、どうにかしてでも、確実に増やさないとこの先が無い」と言う危機感を持って各々が会員一人を入れるぞという思いで行動すれば拡大は成功につながると考えます。

 近年、重要課題とされている会員拡大の目標を14名とし、会員全員で拡大に取り組み、同じ志しを持った青年が集まることにより更なる青年会議所活動の発展につなげていきます。

 

熱い想いあふれる広報活動

 我々、青年会議所は「明るい豊かな社会の実現」を目標とし、日々活動しています。その活動を青年会議所内だけでなく、海南・紀美野地域の住民の方にも伝え協力していただく為にも、まずは認知していただかなければなりません。近年では、ホームページやSNS、メディアなどといったツールを活用することにより、徐々に住民の方々に認知していただけているとはいえ、まだ我々の活動を知らない方はたくさんいます。日頃の活動を知っていただけている特別会員の先輩方からも、最近どんな事業や例会をしているのかと問われることがあります。青年会議所内外に限らず、我々の活動を今以上に発信し知っていただくことが必要です。しかし、例年通りの事をやっても認知度の向上には限りがあります。本年度は、例年行っている広報活動の視野をさらに広げ外部へ配信するなど認知度の向上に努めてまいります。

 

魅力に自信を持てる青少年の育成と街づくり

 これからの海南・紀美野の地域を背負っていくのは紛れもなく若者たちです。しかし、この海南・紀美野地域にはたくさんの魅力があるにもかかわらず、地元に魅力を感じることができず、他府県へ出ていく人が後を絶ちません。海南・紀美野地域には山や川、海そして漆器や家庭用品雑貨、農作物、海産物、お菓子の街と、様々な分野において、他府県に負けないくらい素晴らしいものがあり、このような特産物や地元の魅力を知らない若者たちがいる中で、海南・紀美野地域の魅力となる特産物の歴史や文化を伝え、学ぶ場を提供するのが我々青年会議所の役目ではないでしょうか。青年会議所として役目を果たすためにもこれからの世代を背負っていく若者たちに特産物の魅力を伝え、誇りを持てるような事業を考え、会員全員が一つになりこれからの明るい豊かな海南・紀美野地域を目指します。

 

ブロック大会の主管

 和歌山県内には8つの会員会議所があり、同じ志をもった仲間が8つの会員会議所から輩出され、和歌山ブロック協議会という組織が構築・運営されています。毎年、海南青年会議所からも自己成長の場として会員が出向し、学びを得ています。海南・紀美野地域をより輝く未来へと導くためにも、最も身近でスケールメリットを感じられるこの組織をより活かし続けることが必要です。本年度は、和歌山ブロック大会の主管を海南青年会議所が務めさせていただきます。8年に一度のこの機会を活かし、まずは会員全員が本大会を主管する青年会議所であるという喜びと誇りを感じて臨むことが重要となります。本大会の主管を通じて和歌山ブロック協議会への関わりを深め、会員一人ひとりが成長することで、海南・紀美野地域がより輝く未来へとつながることに違いありません。

 

おわりに

 皆さんは青年会議所活動に限らず、仕事や家庭、プライベート、さまざまな場面で自分自身が輝いているといえるところはありますか。私自身、そう思えるところはありません。今まで人前で挨拶をするなど、人前に出ることが無かったからです。皆さんはすぐに、誰かがやってくれるだろうと手を抜くことを考えていませんか。やってくれるだろうと思っていれば、やってくれるでしょう。しかし、やってくれるのを待っているだけでは自分の為になるでしょうか。どのような場においても、失敗を恐れず率先して行動することで、自分自身の成長に繋がります。そして、成長をすればするほど自分が輝ける場はより広がると私は信じています。明るい豊かな社会の実現をめざし、己、自ら輝き、そして海南青年会議所を輝かせ、海南・紀美野地域を輝かすことで輝-ひかり-を浴びせよう。

会員紹介

吉田 享平

理事長

日置 公万

直前理事長

成川 桂介

監事

馬田 行雄

監事

角田 周士郎

副理事長

森脇 啓太

副理事長

山東 洋介

副理事長

寺下 裕崇

専務理事

岩橋 順子

委員長

保田 敏行

委員長

内芝 祐貴

委員長

割石 一郎

副委員長

中谷 敦憲

副委員長

片山 喬之

セクレタリー

島田 成生

セクレタリー

重松 寿典

ボタン

2020年度 組織図

委員会事業計画

総務広報委員会

担当副理事長 角田 周士郎

委員長 岩橋 順子

副委員長 割石 一郎

方 針

当委員会は総会の円滑な運営に努め、活動を幅広い年代層に発信していくことでシェアを増やし、会員拡大に繋がるよう広報の強化をします。

これまで様々なツールを使い海南青年会議所の活動を発信してきましたが、未だに我々の活動の認知度は低いものと考えています。先輩方が築き上げてきてこられた海南青年会議所を、一人でも多くの方に周知し、認識を深めるとともに近年重要課題でもある会員拡大に繋がるよう広報の強化をしなければなりません。

先輩方を始め多方面の方々に我々の活動を発信していく中で、従来のJCプレスやSNSの活用は勿論のこと、変わりゆく現代社会において時代に即した広報ツールを模索し、新たなSNSや動画配信サイトを積極的に活用します。また、海南・紀美野地域の方々と身近に接する機会を作ることにより、我々の想い、魅せたい姿を直に目にしていただくことで、多くの方々に認識を深め、明るい豊かな社会の実現に向け、一人ひとりが自ら輝ける青年会議所活動に邁進していきます。

情熱拡大委員会

担当副理事長 森脇 啓太

委員長 保田 敏行

委員 片山 喬之  重松 寿典

方 針

今年、海南青年会議所の会員数は14名となりました。これまで受け継いできた海南青年会議所活動における熱い想いをこの先55周年、60周年と引き継いでいくためにも会員拡大が最重要課題だと考えます。本年度は14名以上の入会を目指します。この目標を達成するためには会員拡大委員会や特定の会員だけが会員拡大に励むのではなく、会員全員の拡大活動への意識を向上させ、会員一人一人の情熱を燃やし続ける事が重要と考えます。

まず会員拡大への熱い情熱を持てるような会員研修を行います。より多くの入会対象者に対してアプローチをかけられるよう、入会対象者に対して担当者を割り振ります。海南青年会議所全体で会員拡大に取り組むことができるよう、各担当者や入会対象者と密に連絡を取り合い入会対象者リストの更新発展させることが当委員会の責務であります。より多くの対象者に熱い想いを持って頂き入会へと導けるよう対象者と会員との交流や海南青年会議所をより深く知っていただけるような例会や、入会していただいた会員に向けて青年会議所の理念や活動を理解できるような新入会員セミナーを行い、海南青年会議所活動の熱い想いを伝えて参ります。

情熱拡大委員会が中心となり海南青年会議所全体で会員拡大を推し進め、より多くの熱い想いをもった青年の数を増やしていく事によって、海南青年会議所活動のさらなる発展となる事を願い一年間情熱を燃やし続けます。

輝く未来創造委員会

担当副理事長 山東 洋介

委員長 内芝 祐貴

副委員長 中谷 敦憲

委員 島田 成生

方 針

私たちが住む海南・紀美野地域は、若者たちが地元に魅力を感じることができず、都会へ出て行く人が後を絶ちません。それは、数多くの特産物、歴史や観光名所が存在するにも関わらず、その魅力を十分に発信する機会が無く、その魅力を十分認識されていないことが原因の一つと考えます。

まずは、海南青年会議所が海南・紀美野地域の魅力を再認識することが大切であると考え、その魅力ある資源を最大限に活かし、地域の人々、行政機関、他団体と協力して、地域の魅力を発信する場を提供します。そして、若者たちが地域の魅力を感じ、我々と協力し合い共に魅力を発信することで地域の輪が広がり、より多くの人々に地域の魅力を知る機会を提供します。さらに、本年度は8年に一度のブロック大会が当地域で開催され、県内各地から多くの同じ志を持つ仲間が集まります。会員一人ひとりが学びの場と捉え、互いの地域の特性や、活動などの情報交換を積極的に行うことにより、地域の魅力の再発見に繋がると考えます。また、昨年に引き続き海南駅前イルミネーションをより地域活性化に繋げるよう、今年度は、周辺店舗にも協力頂き、多くの人々に足を運んで頂く場を提供したいと考えております。

 これから地域の未来を背負っていく我々、海南青年会議所が先頭に立ち地域の魅力や情報を広く発信し続けることが重要だと考えます。そして、若者たちが我々の活動を知り、力を合わせてその魅力を発信し、さらなる相乗効果を生むことで地域がより活性化し、誰もが輝ける魅力ある地域になることを目指します。

ボタン

お問い合わせ

海南青年会議所についてのお問い合わせ、ご連絡は下記メールフォームより送信してください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

プライバシーポリシー

一般社団法人海南青年会議所は事業活動の使命と責任を十分に自覚するとともに、個人情報の重要性を認識し、個人情報を適切に保護し管理するため、下記のプライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)の基本方針を策定いたしました。
この基本方針をすべての会員ならびに関係する従業者が理解するとともに、個人情報の保護に関する法令その他の規範を遵守し、個人情報保護の徹底に努めます。


1.個人情報は、公正な事業活動に必要な範囲に限定して、適正に取得し利用いたします。 また、皆様から個人情報を取得させていただく場合は、利用目的を特定するとともに、当該個人情報の利用目的を予め明示いたします。

2.皆様から取得いたしました個人情報は、各種申込手続き及び、お問い合わせに対する回答、説明会の案内等に関する情報のお知らせなどを行うために必要な範囲内で利用させていただくことがあります。 また、会員におかれましては、委員会の案内・議事録の送付およびホームページや印刷物への掲載等に利用させていただくことがあります。

3.皆様から取得いたしました個人情報は、同意を得た場合、法律上提供しなければならない場合を除き、目的の範囲を超えて利用したり、第三者に開示・提供することはいたしません。

4.個人情報の正確性及び安全性を確保するとともに、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を防止するため、情報セキュリティ対策をはじめとする安全管理対策を講じて適切な管理に努めます。一般社団法人海南青年会議所 では、利用目的の遂行のために、個人情報の取り扱いを外部に委託する場合があります。その場合も、委託先と個人情報保護の覚書等の締結をするとともに個人情報の取り扱いを管理・監督いたします。

5.一般社団法人海南青年会議所 は、個人情報の取り扱いに関する法令その他規範を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を継続的に見直し、改善に努めます。

〒642-0002
海南市日方1294-18 海南商工会議所3F
TEL:073-482-6644
FAX:073-482-9836