2021年度 理事長所信

基本方針

1.力強い運動の根幹となる組織づくり

1.想いの和を広げる会員拡大

1.まちとともに成長できる事業

1.県内LOMと地域をつなぐブロック大会の主管

 

 

はじめに

昨年、新型コロナウイルスの世界的大流行にさらされた私たちは、これまでにない新しい働き方、暮らし方、考え方を受け入れることを余儀なくされました。病床に伏せられた方々や、経済活動の低迷により生活に困窮された方々は数多く、一日も早く状況が好転することを願ってやみません。それとともに、地域の先駆者となるべく成長し続ける私たちは、これをただ苦難として終わらせるだけではいけません。考え方の多様化や個人の尊重の重要性が唱えられはじめた近年において、「斯くあるべし」という固定観念にとらわれない自由な発想をもって、新しい行動と考え方を認め受け入れる契機とし、未来へとつなげていくべきではないでしょうか。密を避ける生活様式は、顔合わせの会議や懇親の機会を重要視する私たち青年会議所のスタイルにも大きな影響をもたらし、一堂に会する機会を避け、ビデオ会議システムやVoIPサービスを利用した、これまでは考えられなかった新しい形式を取り入れる機会となりました。このような新しい手法が是か非か議論するテーブルにつくことで多様な考え方が示され、互いの主張を認めあうことにより新たな発想が生まれます。私たち海南青年会議所は、慣例を破ることを恐れず、これから求められる多様な考え方を認め、より良い手法を模索し、それぞれが孤立することのない力強いつながりを創出していかなくてはなりません。

 

力強い運動の根幹となる組織づくり

会員数が少なくなった今、私たちの運動が確かな歩みを進めていくためには、会員一人ひとりが力を発揮できる組織であることが必要不可欠です。定款に基づいた確実な総会の運営に努めるとともに、各地のLOMや先輩諸氏と想いを共有し、つながりを強固なものにすることで、より力強い運動を進める組織として確立されます。

海南青年会議所の組織としての運動はこれまでも十分に発信・共有されてきました。しかしながら、卒業して久しい方々と私たち現役会員との交流の機会は限られており、私たち一人ひとりとの接点は少なく感じられます。所属する会員一人ひとりのことをより深く知って頂くことで、会員・シニアクラブとのさらに力強いつながりを構築することができます。また、他LOMにおいても出向や会員大会、合同例会などの機会はありますが、お互いを知らない会員も多くいます。私たち一人ひとりのことを知っていただくことで、まだ出会えていない仲間とのつながりが生まれるひとつの契機となります。

私たちの活動を確かなものとして続けていくために、力強いつながりをもって確立した連携体制を構築することで、私たち一人ひとりが輝き、海南青年会議所が、ひいては海南・紀美野地域が輝ける場を創造していきます。

 

想いの和を広げる会員拡大

地域のために活動できる団体は青年会議所だけではありません。自分の糧となる経験ができる団体は青年会議所だけではありません。この海南・紀美野地域において、今や青年会議所は、地域で活動する団体として、数ある選択肢の一つです。

私たちは、自らの成長の場として、地域に貢献する場として、多くの友を得られる場として青年会議所を選択しました。その結果、単年度制により数多くの役職に就くことで得られる多くの学びの機会、幾度となく議論を重ね構築されるまちづくりのための事業、691あるLOM・126ある国と地域との交友といった、青年会議所でしか得られない様々な経験を得ることができています。これらの青年会議所で活動することの魅力を多くの人に伝え、共感を得て、同じ志を持つ多くの青年を増やしていきます。

また、青年会議所の活動に参加することは、決して楽なことではなく、気軽に入会できるものではないかもしれません。青年会議所の理念に共感しながらも、入会することが叶わないひともいます。私生活と青年会議所活動を両立しながら私たちとともに活動するために、そういったひとの声に耳を傾け、それぞれのライフスタイルに対応した柔軟な参加方法を模索していきます。

多くの先輩諸氏がつないできた青年の学びの場をこれから先の未来へとつなぎ、より大きな価値を地域に還元していくために、多くの青年が同じ目標を掲げ切磋琢磨し、ともに成長し続ける仲間が集える組織となるよう、私たちの想いを地域と共有していきます。

 

まちとともに成長できる事業

本年度で3回目を迎える継続事業「えきまえイルミネーション」は、これまで地域の子どもたちや企業、商店街など多くの方々の協力を得て開催してきました。地域の人々の想いをつなげ、イルミネーションとともに地域の未来を輝かせようとする本事業は、落ち込んだ経済と閉塞感の漂う現状を打破する希望のシンボルのひとつになり得ます。本年度は、これまでよりさらに大きなつながりを創造し、多くの人々の希望をまちに灯し、未来を照らす大きな光となるように取り組んでいきます。

また、青少年育成においては、ICTの急速な発展によるコミュニケーション方法の変化とともに、多様化と個人化が進みつつある社会のなかで、ひととひと、或いはひととまちとのつながりを認識し、大切にするこころを失わないように育んでいかなくてはなりません。教育にICTが取り入れられつつある現代社会で、子どもたちはひとやまちとのつながりの重要性を正しく理解することで、目まぐるしく進歩する技術に振り回されることなく、自ら多くの学びの機会を得て、やがて未来を担う人材へと成長できます。私たちは、地域の将来を担う子どもたちが、雑多な情報に溺れることなく健全に成長していくために必要な、ひとやまちとのつながりを学ぶことができる機会を作ります。

この先必ず訪れる、更なる人口減少・少子高齢化、超情報化社会といった新しい時代に対応するために、まちづくりを通じて海南青年会議所の精神を多くの人々と共有し、より大きな運動へと発展させることで、海南・紀美野地域を持続可能なものとしていきます。

 

県内LOMと地域をつなぐブロック大会の主管

本年度、和歌山ブロック協議会ブロック大会が海南の地で開催されます。主管LOMとして本大会に関わることは貴重なことであり、海南・紀美野地域の魅力を発信できる大きな機会でもあります。まずは、主催である和歌山ブロック協議会と地域の人々との橋渡し役となり、青年会議所と地域が相互に連携し、一体となって開催できるよう取り組んでいきましょう。そして、連綿と歴史をつないでこられた記念式典並びに記念事業を成功へと導く一助となり、この地に訪れる和歌山県下7LOMを歓迎するとともに、これまでのつながりを再確認し、より大きなつながりを創出していきます。

 

新しい未来へとつなげるために

1969年の設立以来、残すべき伝統は残しつつ、時代の移り変わりに対応しながら、海南青年会議所は今日まで続いてきました。先輩諸氏がつないでこられたこの歴史を、私たちはこれから先の未来へとつないでいく責任があります。社会が大きく変わろうとしている今、何を残し、何を変えるべきかをよく考え、変革していかなくてはなりません。ひととまちの想いをつなぎ生まれる新しい選択肢を模索し続け、変わることのない私たちの理念を輝かしい未来へとつながるように歩み続けます。

会員紹介

寺下 裕崇

理事長

吉田 享平

直前理事長

小椋 孝也

監事

西山 優

監事

岩橋 順子

副理事長

山東 洋介

副理事長

森脇 啓太

専務理事

内芝 祐貴

委員長

保田 敏行

委員長

中谷 敦憲

委員長

島田 成生

副委員長

角田 周士郎

副委員長

日置 公万

副委員長

片山 喬之

委員

重松 寿典

委員

割石 一郎

委員

上村 一正

セクレタリー

田渕 大祐

セクレタリー

中谷 祐磨

セクレタリー

2021年度 組織図

委員会事業計画

総務・ブロック大会実行委員会

担当理事        森脇 啓太

委員長       内芝 祐貴

副委員長        日置 公万

委員             田渕 大祐 割石 一郎


方 針

海南青年会議所はこれまで、明るい豊かな社会を実現するために様々な事業を通して運動・活動を展開してきました。しかし、新型コロナウイルスが猛威を振るい世界的に自粛ムードが漂う中、我々においても活動の縮小を余儀なくされています。今後も活動し続ける組織であるために、我々は現状の環境に適応して新しい手法を用いて活動していかなければなりません。

まずは、運営の根幹となる総会を定款に基づいて確実に運営するとともに全員出席は勿論のこと、2021年度は新型コロナウイルスの感染拡大にも配慮した運営を行います。そして、LOM内褒賞を実施し会員のモチベーションの向上に努めます。また、経験の浅い会員が増えている中、会員とシニアクラブとの交流する場が少なく会員一人ひとりを深く知って頂く機会が少ないと考えます。県内各LOMや先輩方とのつながりをより強固なものにするために、従来のJCプレスの情報発信の中に会員一人ひとりの紹介を加えることで、先輩方に会員一人ひとりをより深く知って貰う機会を提供します。そして、8年に一度のブロック大会が海南・紀美野地域で開催され、県内各地から多くの同じ志を持つ仲間が集まります。主管LOMとしてブロック大会を通じて貴重な経験を得るとともに、他LOMとの交流は親睦を深める良い機会となります。さらに、海南青年会議所の会員が一丸となり、和歌山ブロック協議会、地域の人々と相互に連携することで、この地を訪れる県内各LOMに海南・紀美野地域の魅力を発信する一助となります。また、有田青年会議所、御坊青年会議所との合同例会では、LOMの垣根を越え交流や親睦を深め、お互いの青年会議所活動の活性化をはかります。そして、世の中がフィジカルディスタンスの確保、新しい生活様式を模索する中、他LOMとの新たな交流方法に取り組む必要があり、伊都青年会議所、那賀青年会議所との合同例会では、ICT機器、インターネットを使用し、フィジカルディスタンスを確保しつつ親睦を深める取り組みを行います。

我々の委員会は、先輩方、県内各LOMとのつながりを今まで以上に築いていくことは勿論のこと、新たな発想を持ちより力強い活動を継続することで、地域の先駆者として社会の変化に柔軟に対応できる海南青年会議所となることを目指します。

広報会員拡大委員会

担当副理事長        岩橋 順子

委員長                保田 敏行

副委員長             角田 周士郎

委員                  上村 一正 重松 寿典

 

方 針

海南青年会議所は、先輩方が築き上げてこられた熱い想いを受け継ぎ今日に至りました。しかし、若手経営者不足や入会対象者の情報収集不足により、会員減少問題を打開できない現状が続き運動が縮小傾向にあります。我々は、明るい豊かな社会の実現に向け、活動・運動を止めることなく、その想いを次の世代に伝えていかなければなりません。そのためにも当委員会が先頭に立ち、会員全員で拡大に取り組み、新たな対象者を発掘しアプローチしていくことが必要です。

まずは、より多くの対象者の発掘のために、経営者やこれから事業を始めたいと考えている方々といった自己向上意欲の高い対象者が興味をもって参加したいと思わせるセミナーを行うことで、新たな対象者との出会いの機会をつくります。また、対象者が入会したいと思っていただけるよう、対象者の方と連絡を絶やすことなく例会や各種事業へとお誘いし、海南青年会議所活動を深く知っていただけるよう働きかけます。そして、入会意欲をより高めていただくために、JCの組織体の説明・近年開催された事業の解説等を行う例会を開催し、JCに対する理解と見識を深めていただく機会をつくります。さらに、海南青年会議所のPRをするため、多くの方々が参加できる例会を行うことで、海南青年会議所運動のさらなる周知が期待できます。広報では認知度向上のため、掲示板による活動報告や告知、SNS、ホームページといった広報ツールを活用し発信することで、組織体をよく理解して頂けるよう働きかけます。

先輩方の想いを受け継ぎ、活動・運動を絶やすことなく発信し続けることで、我々の活動への理解が広がり、共に切磋琢磨し成長したいと思えるまだ見ぬ仲間との出会いが会員数の増加につながり、ひいては海南・紀美野地域の発展につながることと確信し、活動に邁進して参ります。

 

笑顔溢れるまちづくり委員会

担当副理事長  山東 洋介 

委員長          中谷 敦憲

副委員長       島田 成生

委員            片山 喬之 中谷 祐磨

 

方 針

我々、海南青年会議所は、常に海南・紀美野地域の魅力を伝えるべく幾つもの事業に取り組み成果を上げ、地域に希望の光を灯してきました。しかし、少子高齢化や若者の地元離れによる生産年齢人口の減少に歯止めの目途が立っていないだけでなく、後継者不足や老後資金の2000万円問題、新型コロナウィルス感染症の拡大と社会問題を次々と抱え、将来の不安が増しています。特に新型コロナウィルス感染症の拡大に関しては、社会に大きな影響を与え、働き方・暮らし方・考え方が大きく変化しました。このような時代の変化の中、当委員会に求められるもの、それは「和衷協同」だと考えます。

まずは、海南・紀美野地域の魅力を地域市民に伝えるために、行政機関・他団体と協力をして地域活性に取り組みます。海南・紀美野地域には魅力ある食材が多く生産されていますが、地域の人々の認知度は高くありません。認知度の向上を図るとともに、地域にその魅力を伝播するためにも、生産者と地域住民のマッチングの場を提供していきます。そして、教育の現場にも目を向けていきたいと考えます。日々目まぐるしく変化する現代社会を生き抜くためには、プログラミング的思考に基づく論理的思考力・問題解決能力・創造力が必要不可欠であると考えます。これからを担う若者たちのために、それらを学び習得することのできる場を提供することで、ニューノーマルが溢れ変革する時代を生きていく力を養っていただきます。さらに、3回目を迎える継続事業「えきまえイルミネーション」では、受け継がれた光のバトンを次代へつなげるとともに、今後もこの活動が継続し続けるためにも地域の人々や行政機関・他団体との協力・意見交換を行い、まちには明るい光、ひとには溢れる笑顔、心温まる場を提供することで、地域の人々が待ち望んでいる明るい未来へつなげることができると考えます。

我々委員会メンバー一丸となり最大限の力を発揮し、さらに海南青年会議所メンバー全員の力を一つにして取り組むことが成功へのカギとなることから、目的意識の共有・個々のつながりが大切です。メンバーの心が一つとなり、明るい未来を築くために新しいことに挑戦し続け、地域の活性化へとつなげ、海南・紀美野地域の成長、そして笑顔溢れるまちづくりへと貢献していきます。

ボタン

お問い合わせ

海南青年会議所についてのお問い合わせ、ご連絡は下記メールフォームより送信してください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

プライバシーポリシー

一般社団法人海南青年会議所は事業活動の使命と責任を十分に自覚するとともに、個人情報の重要性を認識し、個人情報を適切に保護し管理するため、下記のプライバシーポリシー(個人情報の取り扱いについて)の基本方針を策定いたしました。
この基本方針をすべての会員ならびに関係する従業者が理解するとともに、個人情報の保護に関する法令その他の規範を遵守し、個人情報保護の徹底に努めます。


1.個人情報は、公正な事業活動に必要な範囲に限定して、適正に取得し利用いたします。 また、皆様から個人情報を取得させていただく場合は、利用目的を特定するとともに、当該個人情報の利用目的を予め明示いたします。

2.皆様から取得いたしました個人情報は、各種申込手続き及び、お問い合わせに対する回答、説明会の案内等に関する情報のお知らせなどを行うために必要な範囲内で利用させていただくことがあります。 また、会員におかれましては、委員会の案内・議事録の送付およびホームページや印刷物への掲載等に利用させていただくことがあります。

3.皆様から取得いたしました個人情報は、同意を得た場合、法律上提供しなければならない場合を除き、目的の範囲を超えて利用したり、第三者に開示・提供することはいたしません。

4.個人情報の正確性及び安全性を確保するとともに、不正アクセス、紛失、破壊、改ざん及び漏洩等を防止するため、情報セキュリティ対策をはじめとする安全管理対策を講じて適切な管理に努めます。一般社団法人海南青年会議所 では、利用目的の遂行のために、個人情報の取り扱いを外部に委託する場合があります。その場合も、委託先と個人情報保護の覚書等の締結をするとともに個人情報の取り扱いを管理・監督いたします。

5.一般社団法人海南青年会議所 は、個人情報の取り扱いに関する法令その他規範を遵守するとともに、本プライバシーポリシーの内容を継続的に見直し、改善に努めます。

〒642-0002
海南市日方1294-18 海南商工会議所3F
TEL:073-482-6644
FAX:073-482-9836